Loading

PHOTO-BLOG

乾季ボリビア・ウユニ塩湖:塩の大平原の奥地の幻想的な風景

乾季ボリビアのウユニ塩湖へ

ウユニ塩湖といえば雨季が注目されてしまうが、乾季は欧米人に非常に人気のある季節です。

乾き切った塩の大平原が地平線まで続き、まるで同じ世界と思えないような青空の「青」と塩の「白」だけの世界を何時間も疾走する。
サングラスがなければ雪目になってしまうほどに、標高3800mの太陽の光は強烈に反射する。

数時間ほど何もない塩原を走ると、蜃気楼に浮かぶ幻の島もあったりするが、遠くに徐々に島が見えてくるでしょう。この島「インカワシ島」は古くから聖なる島として崇められていました。
島はびっしりとサボテンに覆われている。

インカワシ島に上陸して高台に登ると、果てしなく真っ白に広がるウユニ塩湖を望めるだろう。

雨季は冠水しているが、乾季はウユニ塩湖の奥深くまで入り込める。

乾季のウユニ塩湖ならではの魅力は、黄昏や黎明の時間帯の色彩変化にもある。陽が地平線に没した時間、あるいはいま陽が昇ろうとする前の時間は、世界は静寂に満ちて、光の色温度は魔術的に変化する。

濃紺・紫・橙色に、薄闇に浮かぶ塩原と空は微妙な色彩で変化していく。
少し目を離してしまうと見逃すような微細な魔術的な瞬間なのだ。

関連ぺージ

ウユニ塩湖:デラックスキャンパー

関連ページ

ウユニ塩湖を貸切る:キャンピングカー「エアストリーム」滞在... デラックス・キャンパーで貸切る“ウユニ塩湖” ウユニ塩湖でグランピングする。この途方も無い体験は、キャンピングカー「エアストリーム」を使用して実現できます。それはまるで「ウユニ塩湖を貸切る」贅沢です。 ボリビア・ウユニ塩湖は、年間を通して世界中からツーリストが訪れます。日本人は主に12月...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)... 岐阜県と同じ面積の世界一の塩湖:ウユニ ウユニ塩湖は岐阜県とほぼ同じ面積の広大な塩の大平原です。岐阜県に匹敵する面積で、世界で最も大きな塩湖でもあります。標高3700mの高原に広がるウユニ塩湖が、かつて海の底にあったことはにわかに想像しにくいことでしょう。 長い時間をかけて隆起しながら、...
ボリビア・ウユニ塩湖の聖なるサボテン島「インカワシ」の絶景... 乾季・ウユニ塩湖の魅力 乾季のウユニ塩湖は、塩の大平原がどこまでも続く。 欧米人には乾季のウユニ塩湖の方が人気があるのは、どこまでも車で疾走できるからだろう。 乾季らしい晴天の下、塩の平原は眩しいほどに輝いている。 2時間ほどかけて塩湖を横断すると、遠くに島影が見えてくる。 蜃...
アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
【ウユニ塩湖・グランピング】地平線へ自転車を漕ぐ... ウユニ塩湖でキャンピングカーに滞在していると、移動時間を全く必要としないのは、とても大きなメリットだ。 フィールドの中で一日過ごしているからだ。乾季ウユニ塩湖ならではの絶景のグランピング体験だ。 たとえば昼食の後に部屋で一休みをしてから、ドアを開ければ(当然のことなのだが)ウユニ塩湖が広...

オーロラのように幻想的なパタゴニアの雲:朝日・夕日

インカ文明の星座観:暗黒星雲の躍動的な生命描写とアンデス神話

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 塩のホテルに泊まる

    2012.04.22
  2. 「天空の鏡」雨季・ウユニ塩湖の魅力(ボリビア旅行)

    2018.05.26
  3. チチカカ湖「太陽の島」から望む、レアル山群の夕景

    2015.07.19
  4. ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”

    2016.02.02
  5. 数万匹のワニ:ボリビア・アマゾンのヤクマ自然保護区

    2014.10.23
  6. ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没

    2016.01.26
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP