Loading

イベント・旅行説明会スケジュール

「ペルー料理」お食事会

世界で注目されるペルー料理を食べませんか?近年発展を遂げた最新のペルー料理を継承するシェフとともに、ペルー料理の今をご案内します。南米について語り合い、ペルー産のピスコサワーを飲みましょう。食後は、代表・松井の南米での最新の風景写真を、スライドショーでお見せします。

日付:4月21日(日)13:00~15:00

●場所:ペルー料理&バルALDO(アルド)/住所:東京都港区北青山3-6-26 第5SIビル B1
●お食事代(1名様当り):3900円
●予約制:メールかお電話でお問い合わせください ※メール:info@andina-travel.com
●最少催行人数:4名(催行決定は1週間前です)

【ペルー出身オーナーシェフが作る本格的なペルー料理】
オーナーシェフのアルドは料理人暦20年、ペルー北部出身の日系3世です。母国の料理を気軽に楽しんでいただきたくこのお店をオープンしました。北青山の小さなレストランで皆様のお越しを心よりお待ちしております!

【アンディーナトラベル代表/松井章 写真事務所】
世界的に注目されるペルー料理は、フランス料理・インカ料理・中華料理・日本料理がミックスされたのが源流です。国策として教育されたペルー新時代のシェフの味をお楽しみください

現地の最新情報を美しい写真スライドショーとともご案内する旅行説明会のスケジュールです。旅創りの参考にしていただくために、トレッキング編、フォトツアー編、観光旅行編など目的別で、添乗員同行ツアー希望の方のために開催します。また、ご希望いただければ、いつでも個別の開催も可能です。土日・祝日も開催しますので、お気軽にお問い合わせください

ご参加希望の方は、下記宛てにご連絡ください。(入場無料・予約制)

パタゴニア・トレッキング

パタゴニアの名峰フィッツロイ、パイネ国立公園のパイネ山群を巡るトレッキング・ツアーを中心に、ペリトモレノ氷河や最南端ウスアイアなどをご案内します

10月13日(土)13:00~14:30

ペルー・ブランカ山群トレッキング(ワスカラン国立公園)

南米屈指の氷雪峰が集中するペルーブランカ山群を中心に、ワイワッシュ山群のトレッキングをご案内します

10月11日(木)13:00~14:30

ペルー・インカトレイル(マチュピチュ)

マチュピチュへ続く3泊4日のテント泊トレッキング、マチュピチュ遺跡の魅力をご案内します

10月13日(土)15:00~16:30

ベネズエラ・ギアナ高地トレッキング

ギアナ高地の名峰ロライマのテント泊トレッキング、世界最大落差の滝エンジェルフォール、そして秘峰アウヤンテプイをご案内します

10月11日(木)15:00~16:30

関連ページ

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)... レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。 真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。 なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。 小レンソイスは、その名の...
海外ハネムーン(新婚旅行)オーダーメイドのウェディング旅行... アンディーナトラベルの海外ハネムーン旅行 大切な人と行く初めての旅、ハネムーン。 一生に一度のご旅行だからこそ、世界各地の秘境と呼ばれる地域で、壮大な地球のリズムを感じてみるのはいかがでしょうか。 アンディーナトラベルは、そんなコンセプトでハ...
ペルーとイグアスの滝を結ぶ直行便:ラ・タム航空... ペルー&イグアスの滝を周遊するラタム航空の航空券 広大な南米大陸の周遊には、「ペルー」と「イグアスの滝」を周遊する、ラタム航空の航空券(日本発着)が非常にリーズナブルです。 ペルーの首都リマと、イグアスの滝(ブラジル側)に就航しているラタム航空の直行便で、リマ/イグアスを往復するのが条件...
レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)... レンソイス砂漠の畔に群生する「世界一巨大なマングローブの木」 ブラジルのレンソイス砂漠の畔、汽水域に生息するマングローブは、樹高が約30mに達する世界一背の高いマングローブです。汽水域とは、海水と淡水の混ざる水域のことを言います。 樹上から水面に向けて、多くの支柱根と呼ばれる根を下げて、...
アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台... カナイマから、船外機付きのボートに乗り換えて、エンジェルフォールへ向かいます。 カラオ川からチュルン川へ遡るにつれて、川幅は少しずつ狭くなります。 川の水は、タンニンで真っ赤に染まっています。 約4時間かけて、エンジェルフォールを擁するアウヤンテプイの懐に深く入り込んでいくと、...
会報誌「ポコ・ア・ポコ」第8号:7月12日発行... 会報誌「ポコ・ア・ポコ」第8号 南米最高峰アコンカグア南壁、標高差2500mの岸壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れ...
PAGE TOP