Loading

旅行TOP-国・エリア・テーマ一覧

アンディーナトラベルは、南米・パタゴニアをメインに手配する旅行会社です。秘境探訪、山岳トレッキング、山岳写真撮影など、マニアックな専門旅行は弊社にお任せください。

エリアで選ぶ

国で選ぶ

  1. 南米-South America-:アルゼンチン、チリ、ブラジル、ペルー、ボリビア、エクアドル、ベネズエラ
  2. ヨーロッパ-Europe-:スペイン
  3. 中米・カリブ-Central America & Caribe-:メキシコ、キューバ、コスタリカ、グアテマラ
  4. ヒマラヤ-Himalaya-:ネパール、ブータン、インド
  5. 南極-Antarctica-
  6. 北米-North America-:アラスカ、グランド・キャニオン

南米

ヨーロッパ

中米・カリブ

ヒマラヤ

南極

北米

テーマで選ぶ


友だち追加

関連ページ

パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために... 幻想的なフィッツロイ峰の朝日と夕日 パタゴニアの名峰フィッツロイは、その圧倒的な存在感に涙を流す人もいるほどで、それは神様に近いほどなのだ。チャルテン村に暮らす人々は、フィッツロイを毎日仰ぎ見て、飽きることなく見入ってしまう。そんな場所に自由に住めるアルゼンチンの人々が羨ましくてしょうがい。 ...
パタゴニア・アドベンチャー・クルーズ「アウストラリス号 5日間」... 5星の旅:アドベンチャー・クルーズと、ウシュアイア ビーグル水道を中心に、地の果てホーン岬までクルーズする「アウストラリス号」のシーズンも、早くも残りたった4ヶ月です。4月のシーズン・オフを前に、アウストラリス号とウシュアイア観光をセットにした特別企画を、「ウシュアイア発着」のパック料金でご案...
旅行伝記『パタゴニア (in patagonia) 』 パタゴニアの大きな自然と、そこの歴史、そこに生きる小さな人間達のおかしな話。なんとも大きくてレンズ雲のように捉えようのない、不思議なパタゴニアの魅力を感じるのにお勧めの本は、『パタゴニア』(ブルース・チャトウィン著)です。 旅をしながら読むのにも最適ですし、パタゴニアをイメージするにも最高の本です...
ペルー・ブランカ山群のワイラス回廊とアンデス山脈... (写真)ブランカ山群の南端部・カウジャラフ(主峰:5,686m)を、コノコーチャ峠から望む ペルー・アンデスの中で最も山岳展望の良い山群の一つは、ブランカ山群です。リマから北に400㎞にある、ワラス(標高3,090m)が基点の町となります。ワラスの東側には、ペルー最高峰であるワスカラン(6,7...
グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁... 朝一番の光が谷に射しこむと、サウスリムの岸壁がオレンジ色に輝く 昨夜の雨は、上のサウスリムでは雪だったようで、岸壁の上部に雪が張り付いてる。 陽光が谷の中に到達するのは、夜明けの2時間くらい後だろうか。かつて先住民が住んでいた小さなオアシスを後にして、一番上のサウスリムへ登る。何度もグラ...
《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け... パタゴニアで迎える朝日。 暴風が吹き荒れる薄明の時間、風に吹き飛ばされそうになりながら、崖の上の展望台に登った。空からは風の轟音が鳴り響いているが、天気は上々で雲間から星も見える。 朝日が昇ると、高積雲のレンズ雲が鮮やかに彩られた。世界が橙色に染まる一瞬は、いつも荘厳でどこか神秘的だ(チリ・...
PAGE TOP