Loading

チリ旅行TOP:パタゴニア、アタカマ高地、イースター島

アタカマ高地(サン・ペドロ)

サン・ペドロ・デ・アタカマ

チリ北部、カラマ空港から車で約40分にあるのが、チリ側のアタカマ高地の基点サンペドロ・デ・アタカマ(2430m)です。高所順応にも適した標高のサンペドロでは、付近にいくつもの観光ポイントがあります。 サンペドロを基点に連泊をして、各スポットを巡るのが効率的です。

アタカマ塩湖

ボリビアのウユニ塩湖に次ぐ世界第2の広さを誇る塩湖です。塩の大平原が続くウユニ塩湖とは異なり、茶褐色の塩の塊が降り積もったような塩湖です。観光地のチャクサ湖周辺にはフラミンゴのコロニーがあります。半日観光で立ち寄りが可能です。

月の谷

サンペドロから車で約30分ほどで着く「月の谷」は、その名の通り、月面世界のような風景が広がることから「月の谷」と呼ばれるようになりました。夕方は特に美しい時間であることから、多くのツアーが夕方発の約3時間ほどのツアーで日没を望むことになります。

星空観賞

サンペドロ近郊には、アルマ展望台があることで有名ですが、乾燥したアタカマ高地は星空観賞にも最適です。サンペドロから片道40分ほどで展望の丘に登り、星空を鑑賞します。

タティオ間欠泉

早朝出発で約8時間で、タティオ間欠泉を往復します

ボリビア・チリ国境越え

アタカマ高地縦断 (ウユニ~サン・ペドロ・デ・アタカマ)
ボリビア南部とチリ北部に広がるアタカマ高地には、いまだ観光客の訪れない荒野が広がります。神秘的な色に輝く湖や間欠泉が点在し、チリ側には世界第2の塩の湖・アタカマ塩湖もあります。乾季には、抜けるような青い空がどこまでも続き、夕焼けや星がとてもきれいに見えることでも有名な地域です。

関連ページ→ ボリビア旅行:ウユニ塩湖~アタカマ高地

アタカマ高地の人気スポットである、ラグーナ・コロラダやラグーナ・ベルデは、ボリビア側にあります。車両・ガイドもウユニをベースに手配されるので、旅の基点もウユニ塩湖として、アタカマを往復するのが最も効率的です。

チリ・ボリビア国境越え
または、チリのサンペドロ・デ・アタカマをベースに国境を越えて、ボリビア側のアタカマを巡り、ウユニへ縦断するのもお勧めです。
※車両・ガイドは国境を越えることができないために、ボリビア側の車両・ガイドはウユニから来あす。そのため縦断プランはコストが高くなることが多く、ウユニ発着でのアタカマ往復プラン(ボリビア内のみ)をお勧めしています。

モデルプラン

●チリ・ボリビア国境越え・アタカマ高地縦断(逆ルートも可能)
1日目:サンティアゴから、サンペドロ着。
2日目:サンペドロ滞在。「サンペドロ周辺観光(アタカマ塩湖や月の谷など)」
3日目:サンペドロ・デ・アタカマから、専用車でボリビア国境へ。国境にて、ボリビアのウユニから迎えに来ている専属ガイドと専用車に合流。ラグーナ・ベルデ、ラグーナ・コロラダを経て、ビジャマル村(4000m)へ。途中、4600m以上の峠を通過します。
4日目:丸1日かけて北上。ウユニ塩湖へ。塩のホテル泊。
5日目:「ウユニ塩湖観光」
6日目:専用車で空港へ。国内線で、ラパスへ。

●ボリビア・アタカマ高地周遊(国境を越えないことで、費用を押さえています)
1日目:国内線でラパスからウユニへ。塩のホテル泊
2日目:ウユニ塩湖観光。塩のホテル泊
3日目:専用車でアタカマ高地へ。ビジャマル泊
4日目:ラグーナ・コロラダやラグーナ・ベルデなどを経て、ビジャマルへ戻る。
5日目:丸1日かけて、ウユニ塩湖へ戻る
6日目:国内線で、ラパスへ。

関連ページ

セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤... パタゴニアで好天に恵まれる事は、なんという幸運な事か。 しかし、好天だけに恵まれてしまうと、本来の凶暴な自然を体験できずに終わってしまいます。 風の大地と呼ばれるパタゴニアでこその、這って歩くほどの暴風も体験したいものです。一日に四季があると言われるほどの、激しい天候の変化も。 これは好天...
星を見に行く <5月~10月の南米>... パタゴニアにて 中南米の旅で楽しみにしていることの一つは、「星を見る」ことです。 大きな空の下で信じられないほどの星が輝く夜空が広がっていたりします。 普段忙しく働いている時の日常生活とは別の、こんな「非日常」も一つの現実です。 旅先で見上げた星空は、きっといつまでも忘れないでしょう。 ふとした瞬...
フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①... ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。 チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。 もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。 チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在に...
紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング... パタゴニア・フィッツロイ山麓が紅葉に染まる秋 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にて、紅葉に紅く染まるブッシュは、ほとんど全てが南極ブナです。 地形に合わせて、高さ20mの森を形成したり、風の強い場所ではハイマツのように小さく育つこともできます。 氷河が溶けた水は鉱物を含み濁っているもの...
レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美... 最大2万個ともいわれる湖は、全て色が異なる。なんてワクワクすることでしょう。 ブラジルのレンソイス砂漠に、乾季の初めに現れる湖の数です。 光線の角度や水位だけではなく、発生する藻の量によっても、色が異なってきます。そんな意味では、たとえ同じ湖であっても毎年・毎月で色が異なり変化を続けていると...
「イグアスの滝」の歩き方/ブラジル側&アルゼンチン側... イグアスの滝:アルゼンチン・ブラジル 異なる展望の特徴 世界最大の「イグアスの滝」は、その幅は4kmに渡り、アルゼンチン側とブラジル側をどのように巡るかで、内容も大きく異なります。 アルゼンチン側は迫力ある間近からの展望が魅力で、ブラジル側は全体を俯瞰するような展望が魅力です 両国側の...
PAGE TOP