Loading

パタゴニア・パイネ国立公園トレッキング《チリ旅行》

パイネ国立公園(チリ)

チリ側のパタゴニアを代表するのが、パイネ国立公園です。基点となる町は、車で約2時間ほど南のプエルト・ナタレスです。巨大な山群は大阪府と同じくらいの面積に広がり、パタゴニア大陸南部氷床の南端に位置するグレイ氷河を始め、パイネの名峰が集まります。各名峰を望むロッジやホテルの設備は充実していて、ショート・ハイキングから小屋泊の縦走トレッキングまで、様々なコースがあります。
※縦走トレッキングは、基本的には、グループ向けです。2名様の手配では、ロッジ(又はエコ・キャンプ)を基点とした日帰りハイキングか、終日で巡る観光が一般的です。

チリ最南端の町プンタアレナス、ペンギン・コロニー

チリ最南端の町プンタ・アレーナスは、マゼラン海峡に面する小さな町です。周辺には広大な草原が広がり、世界的に有名な羊毛の産地です。市内のサレジオ博物館の収蔵品は、パタゴニアで一番規模の大きな博物館」です。中心部のアルマス広場には、マゼラン像があります。マゼランの足もとに座るオーナ族の足を触ると幸福になると、言われています。
付近には、ペンギンのコロニーがいくつかあり、パイネ山群に向かう途中でペンギンのコロニーに立ち寄ることも可能です。

野生動物:ラクダ科グアナコ、ダーウィンレアなど

専用車を利用することで、野生動物の撮影や観察ができます。パイネ国立公園では、グアナコの群れを専属ガイドが探します。

◎動画:パイネ国立公園 小屋泊縦走トレッキング

山岳写真(専用車利用・軽ハイキング)

パイネ国立公園で山岳写真の撮影に集中したい場合には、トレッキングよりも、専用車を利用して巡る方が、効率よく、良いアングルで撮影することができます。特に、ペオエ湖周辺を始め、南麓・東麓など、弊社が手配するフォト・ガイドは、一般観光客の来ない撮影ポイントにもご案内します。

モデルプラン

  1. 山小屋泊・縦走トレッキング 3~4日間 《Wトレック》
  2.     

  3. 《プンタアレナス発着》エコキャンプ滞在・Wトレッキング9日間(混載ベース)
  4.     

  5. 《プンタアレナス発着》Wトレッキング7日間(混載ベース:月曜日・金曜日発)
  6. 《プンタアレナス発着》パイネ国立公園デイ・ハイキング 6日間(混載ベース)
  7.     

  8. 《プンタアレナス発着》パイネ国立公園エコキャンプ滞在 デイ・ハイキング 7日間(混載ベース)

山小屋泊・縦走トレッキング 3~4日間 《Wトレック》

パイネ山群の南麓を小屋泊で歩く縦走トレッキングです。グランデ小屋、クエルノ小屋、チレーノ小屋、ラストーレス小屋に宿泊します。
このコースでは、グランデ峰、クエルノ峰、トーレス・デル・パイネ峰の全てを間近で望むことができます。
※一日当り歩行時間は約5~7時間です。
※最小催行人数:2名様以上。

《プンタアレナス発着》エコキャンプ滞在・Wトレッキング9日間(混載ベース)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でホテルへ
プンタアレナス泊

2日目:
混載車両で、パイネ国立公園のラストーレス山麓エコキャンプへ。
エコキャンプ泊

3日目:
《Wトレッキング 1日目》
ラストーレス山麓から、クエルノ小屋へ(徒歩約6時間)
クエルノ小屋泊

4日目:
《Wトレッキング 2日目》
グランデ峰の直下グランデ小屋へ(徒歩約7時間)
グランデ小屋泊

5日目:
《Wトレッキング 3日目》
グレイ氷河の展望台へ(徒歩約5時間)。グレイ氷河キャンプ場から、氷河クルーズ船に乗船。
グレイ氷河クルーズを楽しみ、グレイ湖南岸へ。
混載車両でラストーレス山麓のエコキャンプへ。
エコキャンプ泊

6日目:
《Wトレッキング 4日目》
トーレスデルパイネの岩塔を望む展望台を往復します(徒歩約8時間)
エコキャンプ泊

7日目:
エコキャンプ周辺をハイキングします。サルミエント湖畔、アマルガ湖畔など・
エコキャンプ泊

8日目:
混載車両でプンタアレナスへ(所要約6時間)。
プンタアレナス泊

9日目:
専用車で空港へ。

《プンタアレナス発着》Wトレッキング7日間(混載ベース:月曜日・金曜日発)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でプエルト・ナタレスへ(所要約4時間)。
プエルト・ナタレス泊

2日目:
専用車で、パイネ国立公園のラストーレス小屋へ。
ラストーレス小屋泊

3日目:
トーレスデル・パイネ峰の展望台を往復します(徒歩約8時間)
ラストーレス小屋泊

4日目:
クエルノ峰の直下・フラセス小屋へ(徒歩約6時間)
フラセス小屋泊

5日目:
フランス谷の展望台を経由して、グランデ小屋へ(徒歩約6時間)
グランデ小屋泊

6日目:
グレイ氷河展望台を往復(徒歩約7時間)
午後、ボートでプデト港へ。
その後、専用車でプエルト・ナタレスへ
プエルトナタレス泊

7日目:
専用車でプンタアレナスへ(所要約4時間)。

《プンタアレナス発着》パイネ国立公園デイ・ハイキング 6日間(混載ベース)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でホテルへ。
プンタアレナス泊

2日目:
混載車両で、パイネ国立公園のラストーレス山麓へ(所要約6時間)。
ラストーレス泊

3日目:
トーレスデル・パイネ峰の展望台を往復します(徒歩約8時間)
ラストーレス泊

4日目:
クエルノ峰とグランデ峰を展望するフラセス谷へ(徒歩約6時間)
ラストーレス泊

5日目:
混載車両でプンタアレナスへ(所要約6時間)
プンタアレナス泊

6日目:
専用車で空港へ。

《プンタアレナス発着》パイネ国立公園エコキャンプ滞在 デイ・ハイキング 7日間(混載ベース)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でホテルへ。
プンタアレナス泊

2日目:
混載車両で、パイネ国立公園のラストーレス山麓へ(所要約6時間)。
ラストーレス泊

3日目:
トーレスデル・パイネ峰の展望台を往復します(徒歩約8時間)
ラストーレス泊

4日目:
車両と船を乗り継ぎ、グランデ小屋へ。クエルノ峰とグランデ峰を展望するフラセス谷を往復します(徒歩約6時間)
ラストーレス泊

5日目:
グレイ氷河展望する氷河クルーズ。
ラストーレス泊

6日目:
混載車両でプンタアレナスへ(所要約6時間)
プンタアレナス泊

7日目:
専用車で空港へ。

関連ページ

フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
パタゴニア旅行:フィッツロイ&パイネ国立公園トレッキング... 風の大地・パタゴニア パタゴニアとは、南米大陸の南端部、アルゼンチンとチリの両国にまたがる広大な地域の総称です。 南米大陸の南端部に位置するパタゴニアは、アルゼンチンとチリにまたがる日本の約3倍の広さを持つ土地です。1520...
パタゴニア・マルガリータの花畑:パイネ国立公園のワイルドフラワー... キク科のマルガリータは、春に花畑を形成するほどに群落で花咲く。 12月が見頃の季節だ。 パイネ国立公園のラストーレス山麓を歩いている時に、草原にマルガリータが咲き乱れていた。 1月末に、チリからアルゼンチンへ国境越えをした時には、草原が一面マルガリータに覆われていた。既に花が散り始めていた...
牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて... 嵐が訪れると、フィッツロイの天候はそう簡単には変わらない。 フィッツロイもセロトーレも厚い雲に覆われて、姿を現す気配は全くないのだ。 山麓は強風で歩けないほどになり、這う這うの体でチャルテンに撤退することもある。 チャルテン近くの森に入ると、風は、“突然”、というように止む。 強風が吹き...
探検家?アゴスティーニ神父 モノクロ写真に写るその男は、いつも少し伏し目がちで、恥ずかしそうに視線を少しカメラからずらしている。おかしなことに、氷河の上でも大草原の中でも、彼は神父の服装をしているのだ。写真はほとんど屋外。それも氷河を登攀していたり、大草原で先住民と握手していたりする。 彼は本当に神父なのか、ニセ坊主か?そもそ...
秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹... 南極ブナの森を歩く。 秋、風の強いある日。 誰もいない森の中を歩いていると、森の上に吹く風と葉擦れの音だけが聞こえます。 耳をすますと、ギシギシと木の擦れる音が聞こえてきます。南極ブナは、強風による倒木か山火事か、どちらかで最期を迎えることになります。風に倒された木は、他の木に寄りかかり、...
PAGE TOP