Loading

パタゴニア・パイネ国立公園トレッキング《チリ旅行》

パイネ国立公園(チリ)

チリ側のパタゴニアを代表するのが、パイネ国立公園です。基点となる町は、車で約2時間ほど南のプエルト・ナタレスです。巨大な山群は大阪府と同じくらいの面積に広がり、パタゴニア大陸南部氷床の南端に位置するグレイ氷河を始め、パイネの名峰が集まります。各名峰を望むロッジやホテルの設備は充実していて、ショート・ハイキングから小屋泊の縦走トレッキングまで、様々なコースがあります。
※縦走トレッキングは、基本的には、グループ向けです。2名様の手配では、ロッジ(又はエコ・キャンプ)を基点とした日帰りハイキングか、終日で巡る観光が一般的です。

チリ最南端の町プンタアレナス、ペンギン・コロニー

チリ最南端の町プンタ・アレーナスは、マゼラン海峡に面する小さな町です。周辺には広大な草原が広がり、世界的に有名な羊毛の産地です。市内のサレジオ博物館の収蔵品は、パタゴニアで一番規模の大きな博物館」です。中心部のアルマス広場には、マゼラン像があります。マゼランの足もとに座るオーナ族の足を触ると幸福になると、言われています。
付近には、ペンギンのコロニーがいくつかあり、パイネ山群に向かう途中でペンギンのコロニーに立ち寄ることも可能です。

野生動物:ラクダ科グアナコ、ダーウィンレアなど

専用車を利用することで、野生動物の撮影や観察ができます。パイネ国立公園では、グアナコの群れを専属ガイドが探します。

◎動画:パイネ国立公園 小屋泊縦走トレッキング

山岳写真(専用車利用・軽ハイキング)

パイネ国立公園で山岳写真の撮影に集中したい場合には、トレッキングよりも、専用車を利用して巡る方が、効率よく、良いアングルで撮影することができます。特に、ペオエ湖周辺を始め、南麓・東麓など、弊社が手配するフォト・ガイドは、一般観光客の来ない撮影ポイントにもご案内します。

モデルプラン

  1. 山小屋泊・縦走トレッキング 3~4日間 《Wトレック》
  2.     

  3. 《プンタアレナス発着》エコキャンプ滞在・Wトレッキング9日間(混載ベース)
  4.     

  5. 《プンタアレナス発着》Wトレッキング7日間(混載ベース:月曜日・金曜日発)
  6. 《プンタアレナス発着》パイネ国立公園デイ・ハイキング 6日間(混載ベース)
  7.     

  8. 《プンタアレナス発着》パイネ国立公園エコキャンプ滞在 デイ・ハイキング 7日間(混載ベース)

山小屋泊・縦走トレッキング 3~4日間 《Wトレック》

パイネ山群の南麓を小屋泊で歩く縦走トレッキングです。グランデ小屋、クエルノ小屋、チレーノ小屋、ラストーレス小屋に宿泊します。
このコースでは、グランデ峰、クエルノ峰、トーレス・デル・パイネ峰の全てを間近で望むことができます。
※一日当り歩行時間は約5~7時間です。
※最小催行人数:2名様以上。

《プンタアレナス発着》エコキャンプ滞在・Wトレッキング9日間(混載ベース)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でホテルへ
プンタアレナス泊

2日目:
混載車両で、パイネ国立公園のラストーレス山麓エコキャンプへ。
エコキャンプ泊

3日目:
《Wトレッキング 1日目》
ラストーレス山麓から、クエルノ小屋へ(徒歩約6時間)
クエルノ小屋泊

4日目:
《Wトレッキング 2日目》
グランデ峰の直下グランデ小屋へ(徒歩約7時間)
グランデ小屋泊

5日目:
《Wトレッキング 3日目》
グレイ氷河の展望台へ(徒歩約5時間)。グレイ氷河キャンプ場から、氷河クルーズ船に乗船。
グレイ氷河クルーズを楽しみ、グレイ湖南岸へ。
混載車両でラストーレス山麓のエコキャンプへ。
エコキャンプ泊

6日目:
《Wトレッキング 4日目》
トーレスデルパイネの岩塔を望む展望台を往復します(徒歩約8時間)
エコキャンプ泊

7日目:
エコキャンプ周辺をハイキングします。サルミエント湖畔、アマルガ湖畔など・
エコキャンプ泊

8日目:
混載車両でプンタアレナスへ(所要約6時間)。
プンタアレナス泊

9日目:
専用車で空港へ。

《プンタアレナス発着》Wトレッキング7日間(混載ベース:月曜日・金曜日発)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でプエルト・ナタレスへ(所要約4時間)。
プエルト・ナタレス泊

2日目:
専用車で、パイネ国立公園のラストーレス小屋へ。
ラストーレス小屋泊

3日目:
トーレスデル・パイネ峰の展望台を往復します(徒歩約8時間)
ラストーレス小屋泊

4日目:
クエルノ峰の直下・フラセス小屋へ(徒歩約6時間)
フラセス小屋泊

5日目:
フランス谷の展望台を経由して、グランデ小屋へ(徒歩約6時間)
グランデ小屋泊

6日目:
グレイ氷河展望台を往復(徒歩約7時間)
午後、ボートでプデト港へ。
その後、専用車でプエルト・ナタレスへ
プエルトナタレス泊

7日目:
専用車でプンタアレナスへ(所要約4時間)。

《プンタアレナス発着》パイネ国立公園デイ・ハイキング 6日間(混載ベース)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でホテルへ。
プンタアレナス泊

2日目:
混載車両で、パイネ国立公園のラストーレス山麓へ(所要約6時間)。
ラストーレス泊

3日目:
トーレスデル・パイネ峰の展望台を往復します(徒歩約8時間)
ラストーレス泊

4日目:
クエルノ峰とグランデ峰を展望するフラセス谷へ(徒歩約6時間)
ラストーレス泊

5日目:
混載車両でプンタアレナスへ(所要約6時間)
プンタアレナス泊

6日目:
専用車で空港へ。

《プンタアレナス発着》パイネ国立公園エコキャンプ滞在 デイ・ハイキング 7日間(混載ベース)

※詳細は毎年変更しますので、お問い合わせください
1日目:
プンタアレナス空港にて、専用車と合流。
専用車でホテルへ。
プンタアレナス泊

2日目:
混載車両で、パイネ国立公園のラストーレス山麓へ(所要約6時間)。
ラストーレス泊

3日目:
トーレスデル・パイネ峰の展望台を往復します(徒歩約8時間)
ラストーレス泊

4日目:
車両と船を乗り継ぎ、グランデ小屋へ。クエルノ峰とグランデ峰を展望するフラセス谷を往復します(徒歩約6時間)
ラストーレス泊

5日目:
グレイ氷河展望する氷河クルーズ。
ラストーレス泊

6日目:
混載車両でプンタアレナスへ(所要約6時間)
プンタアレナス泊

7日目:
専用車で空港へ。

関連ページ

心が温まるグアテマラ滞在 心の温度が、程よく温かい グアテマラには、そんな印象を抱いています 旅行するだけではなく、ちょっと滞在してみたいな、と思える国です。 古都アンティグアは、グアテマラ各地域への基点ともなる町です。 この町で、ホテル滞在も良いのですが、ホームステイもお勧めです。 スペイン語の語学留学も良いですし、なん...
パンゲア大陸に遡るパタゴニアの樹木「南極ブナ」の歴史... パタゴニアと亜南極の樹木:南極ブナ 南部パタゴニアでは、森といえば南極ブナだ。 氷河から吹き降ろす冷たい風に耐えて、環境に合わせて姿を変える柔軟性を持っている。 南極ブナは、その名の通り、かつて南極に生えていた。 それを証明するように、南極ブナの化石が南極半島で見つかっている。 起源は...
パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景... ナンキョクブナの紅葉:パタゴニアの秋 パタゴニアの秋は、南極ブナが紅葉して紅く彩られます。 森のほとんどの木は南極ブナで成り立ちますので、フィッツロイ周辺は見事に紅く染まるのです。 パタゴニアの森の大半を構成する「南極ブナ」は、3種類に分かれます。 秋に落葉する2種の南極ブナ、レンガ...
パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル... “ウエムル”は、パタゴニアの地元民でもなかなか出会うことのできない貴重な鹿です。 それは“森の幽霊”と呼ばれるほどで、地元民でも目を輝かせて喜びます。 村でウエムルを見たことを言えば、写真を見せるまではなかなか信じてくれないでしょう。 かつて羊が持ち込まれる前のパタゴニアにはたくさん生息し...
乾季ウユニ塩湖の南十字星と天の川:デラックス・キャンパー④... ウユニ塩湖で望む星空は格別だ 360度の周囲に凹凸さえもない、本当に何もない場所で、満天の星を独り占めできるとしたら、 それはなんという贅沢な経験だろうか。 月出の時間は深夜なので、夕食後に早速、星空撮影を開始する。 降るような星、とはまさにこのことだろう。 防寒具を着込み、時々キ...
ブータン-国交30周年記念「ブータン・日本 親善オファー」... 2016年は、日本とブータンの外交関係樹立の30周年 30年の親密な関係を記念して、「ブータン・日本親善オファー」がブータン政府により実施されます。 2016年の6月・7月・8月のブータンを旅行する日本人には、最低公定料金の適用除外など、特別な割引があります。 先月には、日本を訪問して...
PAGE TOP