Loading

風景写真家・松井章のブログ

《山岳写真》パタゴニア・パイネ国立公園の朝焼け


パタゴニアで迎える朝日。
暴風が吹き荒れる薄明の時間、風に吹き飛ばされそうになりながら、崖の上の展望台に登った。空からは風の轟音が鳴り響いているが、天気は上々で雲間から星も見える。
朝日が昇ると、高積雲のレンズ雲が鮮やかに彩られた。世界が橙色に染まる一瞬は、いつも荘厳でどこか神秘的だ(チリ・パイネ国立公園)

関連ページ

パタゴニア専用ページ:フィッツロイ&パイネ国立公園トレッキング
山岳写真撮影ツアー:専用ページ

「南米最高峰アコンカグア」登山ツアーの手配

中世スペインとアラビア文明の衝突:ピレネー山脈トレッキングの魅力

関連記事

  1. ブランカ山群の山岳展望:ペルー・アンデス山脈の大地創生の成り立ち

    2017.12.08
  2. パタゴニア:パイネ国立公園の展望の宿で山岳写真撮影

    2016.04.20
  3. パタゴニア・ペリトモレノ氷河:壮大な地球のリズムと“ムーラン”

    2020.03.20
  4. 2011パタゴニア旅行 ⑧フィッツロイ(その二!)

    2012.02.26
  5. イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

    2018.02.19
  6. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
パタゴニア
2022年1月
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP