Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの巡り方【一案】:フィッツロイ&ペリト・モレノ氷河、そしてパイネ国立公園

0patagonia_185.JPG
パイネ国立公園
パタゴニアのメインとなる「ペリト・モレノ氷河」と「フィッツロイ山群」はアルゼンチン側にあり、基点は『カラファテ』です。もう一つのパタゴニアの顔である「パイネ山群」はチリ側にあり、基点は『プエルト・ナタレス』です。
2つの国を巡るには時間がかかるので、アルゼンチンをメインにめぐりながら、チリ側のパイネに行くのも一案です。
カラファテ発着の「パイネ国立公園・日帰りツアー」というものもありますが、カラファテから国境を越えて片道4時間近くの行程を考えると、パイネにいる時間はごくわずかです。バスでの往復移動が大半となるので、チリ側に宿泊できない場合には、アルゼンチン側に時間を割くのも良いと思います。
もし時間がある場合には、パイネで終日たっぷりと時間を過ごすために、プエルト・ナタレスに2泊することをお勧めします。
行程は下記のようになります。
【カラファテ発着・パイネ国立公園観光 3日間】
1日目:ツーリスト・バスで、カラファテ発。国境を越えて、プエルト・ナタレスへ。プエルト・ナタレス泊。
2日目:プエルト・ナタレス発着「終日パイネ国立公園観光」
3日目:ツーリスト・バスで、カラファテへ戻る。
上記のよう行程で行くのが効率的です。
これ以上にもルートはいくつも考えられますが、限られた時間と予算で巡る個人旅行としての一案です。
カラファテに戻ってから、翌日に南米最南端の町「ウシュアイア」に移動することも考えられます。あるいは、アルゼンチンの首都のブエノスアイレスに戻り、「イグアスの滝」へ行くことも可能です。
どちらもアルゼンチンにあります。
旅のプランはいくつも考えられますが、「ペリト・モレノ氷河」「フィッツロイ」のアルゼンチン側に集中するだけでも、十分にパタゴニアを満喫することができます。
pata (25).JPG
フィッツロイ
<注意事項>
カラファテ発着・日帰りトーレス・デル・パイネ国立公園観光」のバスツアーに参加の際には、今シーズンから「海外旅行保険」の加入が義務付けられることになりました。
「海外旅行保険」に加入していない場合には、日帰りバスツアーに参加出来ないなくなりますので、ご注意ください。また既に申込み済みの場合にも、ツアー代金の返金はされませんので注意が必要です。
カラファテから「パイネ国立公園」への日帰りバスツアーに参加する場合には、アルゼンチン/チリの国境を越えるので、 1. パスポート、 2. 海外旅行保険証
の2つを必ず持参の上ご参加する必要があります。

関連ページ

海外旅行をさらに楽しくする体験:トレッキング... 海外トレッキングで、山や砂漠や草原を歩く。 それは経験豊かな人だけができる特別なこと、そのような敷居の高いイメージが、海外トレッキングにはあるでしょう。 実際にそうなのだろうか。 トレッキングと一言でいっても、山歩きのコース・レベルは千差万別です。 ペルー・インカトレイルだけを見てみても...
会報誌「ポコアポコ 第3号」:目次 (10/21発行)... 季刊で発行している「アンディーナトラベル・クラブ」の会報誌『ポコ・ア・ポコ 第3号』(10月20日発行)の目次は、こちらとなります。 【目次】 ①会員特典:2017カレンダー『南米の一望千頃(いちぼう せんけい)』 ②「レンソイス縦断トレッキング」ツアーレポート ③2017年6月2...
12/10開催「“南米アンデスの山旅”スライドショー」... 厳選ネイチャーフォト・スライドショー 南米大陸を縦断する長大なアンデス山脈に広がる多彩な景観の一部を、弊社代表・松井が撮影した写真をとともに、大画面でご案内します。 次の旅先に、南米アンデス山域を検討するきっかけになればと思います。 「厳選ネイチャーフォトのスライドショー 南米アンデス...
先住民の伝承による、山や土地の名前... パイネ山群 世界の山や土地には、先住民が付けた名前があります。それらの名前は何百年も伝承された名前です。 産業革命以降に、時代は大きく変わり、先住民は駆逐され、山や土地の名前が変えられました。 私は、すでに旧世界の言葉と化したそれぞれの単語に、深い愛情を感じます。国の関係はなく、それぞれに私の心の...
会報誌「ポコ・ア・ポコ 増刊号」目次 -11/26発行... 季刊で発行している「アンディーナトラベル・クラブ」の会報誌『ポコ・ア・ポコ 』の「増刊号(第4号)」(11月26日発行予定)の目次は、こちらとなります。 「増刊号:第4号」では、コラムを中心にしています。 【目次】 ① 12/10開催「ネイチャーフォト・スライドショー ?南米アンデスの...
トラベルクラブ特典2017カレンダー「南米の一望千頃」... 「アンディーナトラベル・クラブ」の会員特典の卓上カレンダーを作成中です。 テーマを『南米の一望千頃(いちぼう – せんけい)』として、月ごとの写真をセレクトしています。 “一望千頃”とは、“広々としていて遠くまで見渡せる美しい景色”を意味します。 南米のいたる所にある「...

【日本の神事】相馬・野馬追い祭と復興

【グアテマラ】「青い空の会」展示会にて

パタゴニア

関連記事

  1. 11/19(木)~30(月) 写真展「パタゴニア&ギアナ高地」②

    2015.11.18
  2. 「パタゴニア・フィッツロイ峰の夕景」国際写真コンテスト入賞

    2017.10.30
  3. フジモリ元大統領

    2013.09.24
  4. 12/10開催「“南米アンデスの山旅”スライドショー」

    2016.11.19
  5. 会報誌「ポコ・ア・ポコ 増刊号」目次 -11/26発行

    2016.11.24
  6. パタゴニア開拓に貢献したエスタンシア-牧場

    2014.03.06
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP