Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの巡り方【一案】:フィッツロイ&ペリト・モレノ氷河、そしてパイネ国立公園

0patagonia_185.JPG
パイネ国立公園
パタゴニアのメインとなる「ペリト・モレノ氷河」と「フィッツロイ山群」はアルゼンチン側にあり、基点は『カラファテ』です。もう一つのパタゴニアの顔である「パイネ山群」はチリ側にあり、基点は『プエルト・ナタレス』です。
2つの国を巡るには時間がかかるので、アルゼンチンをメインにめぐりながら、チリ側のパイネに行くのも一案です。
カラファテ発着の「パイネ国立公園・日帰りツアー」というものもありますが、カラファテから国境を越えて片道4時間近くの行程を考えると、パイネにいる時間はごくわずかです。バスでの往復移動が大半となるので、チリ側に宿泊できない場合には、アルゼンチン側に時間を割くのも良いと思います。
もし時間がある場合には、パイネで終日たっぷりと時間を過ごすために、プエルト・ナタレスに2泊することをお勧めします。
行程は下記のようになります。
【カラファテ発着・パイネ国立公園観光 3日間】
1日目:ツーリスト・バスで、カラファテ発。国境を越えて、プエルト・ナタレスへ。プエルト・ナタレス泊。
2日目:プエルト・ナタレス発着「終日パイネ国立公園観光」
3日目:ツーリスト・バスで、カラファテへ戻る。
上記のよう行程で行くのが効率的です。
これ以上にもルートはいくつも考えられますが、限られた時間と予算で巡る個人旅行としての一案です。
カラファテに戻ってから、翌日に南米最南端の町「ウシュアイア」に移動することも考えられます。あるいは、アルゼンチンの首都のブエノスアイレスに戻り、「イグアスの滝」へ行くことも可能です。
どちらもアルゼンチンにあります。
旅のプランはいくつも考えられますが、「ペリト・モレノ氷河」「フィッツロイ」のアルゼンチン側に集中するだけでも、十分にパタゴニアを満喫することができます。
pata (25).JPG
フィッツロイ
<注意事項>
カラファテ発着・日帰りトーレス・デル・パイネ国立公園観光」のバスツアーに参加の際には、今シーズンから「海外旅行保険」の加入が義務付けられることになりました。
「海外旅行保険」に加入していない場合には、日帰りバスツアーに参加出来ないなくなりますので、ご注意ください。また既に申込み済みの場合にも、ツアー代金の返金はされませんので注意が必要です。
カラファテから「パイネ国立公園」への日帰りバスツアーに参加する場合には、アルゼンチン/チリの国境を越えるので、 1. パスポート、 2. 海外旅行保険証
の2つを必ず持参の上ご参加する必要があります。

関連ページ

海外旅行をさらに楽しくする体験:トレッキング... 海外トレッキングで、山や砂漠や草原を歩く。 それは経験豊かな人だけができる特別なこと、そのような敷居の高いイメージが、海外トレッキングにはあるでしょう。 実際にそうなのだろうか。 トレッキングと一言でいっても、山歩きのコース・レベルは千差万別です。 ペルー・インカトレイルだけを見てみても...
自分だけの聖地を作る 屋久島・宮之浦岳 「ぼくたちが毎日を生きている同じ瞬間、もうひとつの時間が、確実に、ゆったりと流れている。日々の暮らしの中で、心の片隅にそのことを意識できるかどうか、それは天と地の差ほど大きい。」(星野道夫) 星野道夫さんの言葉は、私にとっては聖書のようなものです。 私の「もうひとつの時間」が流れ...
マイノリティの世界観を感じる「神話」... 「神話」に興味を持っている。 世界各地には多くの神話が残っているが、それらの「神話」の背後にある世界観が好きなのだ。アニミズムによる自然観と言い換えることもできるだろう。 「神話」を読む時に、真正面から読み物として取り組むと、私は「神話」を掴むことができない。挫折してしまう。日本で言えば、ヤマタノ...
11/19(木)~30(月) 写真展「パタゴニア&ギアナ高地」②... 本日は、写真展の会場“Cafe Stay Happy”さんに写真を設置していただきました。 こうして大きく写真をプリントしてみると、撮影した時の臨場感が湧き返り感慨深いものがあります。 フィッツロイ山麓の誰もいない場所で、じっくりと過ごす時間が最も好きなんだなぁと改めて思いました。そんな時に...
SNSでの情報発信:各アカウントの紹介... アンディーナトラベルでは、ツイッター、フェイスブックなどのSNSでの発信とともに、トラベル・クラブ会員向けに「会報誌」の発送で情報発信を行っています。 弊社で発信している媒体を下記にまとめましたので、ぜひご覧ください。 ツイッター 南米でのの様々な旅行情報やトレッキングに関する情報、ブログ...
お助け食材 ジャガイモ ジャガイモの原産地はペルーのアンデス山地です。ペルー国内だけでも3000種類以上あると言われています。市場などで実際に売られているのはそのうちの10−15種類ほどで、調理法やメニューに合ったものを選びます。 ところで実際のところどのくらいの量が消費されているのでしょうか? 世界の一人当たりの平均年...

【日本の神事】相馬・野馬追い祭と復興

【グアテマラ】「青い空の会」展示会にて

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 2015年“後半”の旅先に

    2014.12.31
  2. 水辺にて

    2013.10.29
  3. ブログを引越しいたします【新:andina-travel.com/blog 】

    2015.12.05
  4. 11/19(木)~30(月) 写真展「パタゴニア&ギアナ高地」②

    2015.11.18
  5. クスコの年越しイベント

    2013.09.29
  6. 星を見に行く <5月~10月の南米>

    2013.02.11
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP