Loading

PHOTO-BLOG

アンデスの食べ物① 食も楽しむ

DSCN0774.JPG
インカ時代に発明された農産物は、今では世界に普及しています。ジャガイモやトウモロコシ、最近ではキヌアなど。食の文化も、日本とは異なるアンデスの食文化を体験することも、旅の重要な要素です。
チチカカ湖を望みながら、昔ながらの素朴な食事を食べてみたり、ウユニ塩湖で特別においしいリャマの肉を食べてみたり、そんなこだわりも旅に組み込むことができます。
おまかせのパッケージ・ツアーでももちろん出るかもしれませんが、そんなこだわりを能動的な旅の小さな目的としてみると、旅の楽しみは深くなるばかりです。
DSCN0776.JPG
太陽の島にて

関連ページ

マチュピチュ遺跡:google ストリートビューで公開... マチュピチュ遺跡が、Googleのストリートビューで見れるようになりました。 かなり細かく遺跡内部を公開しているので、ちょっとした疑似体験をできるようになっています。 個人的に好きな場所は、“石切り場”周辺です。 割と人が少ない場所なので、ここでのんびりと遺跡を見ていることができま...
インカトレイル・トレッキング②:ペルー・アンデスの古代遺跡を歩く... トレッキング2日目:一番の難所・ワルミワニュスカ峠へ インカトレイル2日目は、ワルミワニュスカ峠(4200m)を越えるインカトレイル一番の難所です。 2日目をうまく乗り切れば、3日目以降は割と簡単に歩けるので、インカトレイルで最も気を付けて乗り越えるべき日となります。 難所とはいえ、危...
アンデスに生息する4種類のラクダ リャマ アンデス山脈には、リャマ、アルパカ、ビクーニャ、グアナコの4種類のラクダが生息しています。 それぞれ生息域が違うことで棲み分けをしていますので、アンデスに行けば簡単に見れるのもいれば、なかなか見れない貴重なラクダもいます。 【リャマ】 もっとも見やすいのがリャマです。人に懐くことから放牧...
マチュピチュを歩いて感じる旅① 「山を歩く」という能動的な運動は、地球を直に「体感」できる、素晴らしいスポーツだと思います。 観光地の主要スポットを行列になって巡るだけではなく、その土地の全てを感じるために、歩く。 マチュピチュ遺跡では、歩くことをお勧めしています。 歩かないともったいない!と思うからです。 特にマチュピチュでは、...
ペルー・ブランカ山群の名峰:ワンドイをヤンガヌコ峠から望む... ペルー・ブランカ山群の名峰・ワンドイ ブランカ山群の大きな魅力は、車で大展望のポイントへアクセスできることだ。 早朝3時頃に出発して、ヤンガヌコ峠の4500m付近の展望台を目指す。 この展望台から、ペルー最高峰ワスカランを始め、ワンドイ、チョピカルキなどの名峰を望めるからだ。 高...
インカ族の芸術品:織物と染料の文化... ペルーやボリビア、エクアドルを歩くと、カラフルな民族衣装が目を引く。露店に並べられた織物やそれを使った小物は、お土産に最適である。 機械と合成染料を使っている安価なものもあるが、高価なものは今でも手織りで天然染料を使い手間暇かけて作っている。インカの文明圏の国々では、「織物」を旅の一つの目的とできる...

マチュピチュを歩いて感じる旅①

“お茶の水カヌー”レポート

パタゴニア

関連記事

  1. 南米3大祭り:インカの祝祭・太陽の祭り(インティライミ)

    2019.03.03
  2. ペルー・マチュピチュ遺跡のモデルプラン:8~10日間

    2015.11.28
  3. 山岳写真・撮影旅行8~10日間: モデル①ペルー・ブランカ山群

    2015.12.04
  4. インカトレイルの魅力① スタート地点~ワルミワニュスカ峠

    2013.04.18
  5. 世界的な美食「ペルー料理」のスター:ガストン・アクリオの偉業

    2017.08.19
  6. 巨石の要塞:クスコ展望の丘のサクサイワマン遺跡

    2015.07.24
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP