Loading

《会員制》アンディーナトラベル・クラブ

★添乗員同行ツアー計画 2019★
・2月5日発「パタゴニア山岳写真撮影 パイネ国立公園とフィッツロイ山群 14日間」
・4月1日発「紅葉のパタゴニアと伝統料理アサードの旅 フィッツロイ&セロトーレ展望 カグリエロ氷河&トゥンバド山ハイキング 10日間」
・7月11日発「ピレネー山脈 2大山群展望トレッキングと、バスク地方“サンティアゴ巡礼路”ハイキング 11日間」
・7月27日(土)~8月4日(日)「ブラジル・レンソイス縦断トレッキング 9日間(東京・大阪発着)」
・8月10日(土)~8月18日 (日)「ブラジル・レンソイス縦断トレッキング 9日間(東京・大阪発着)」
・7月上旬~8月下旬発「エクアドル・アンデス コトパクシ&チンボラソ山岳展望 12日間」
・9月上旬発「チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園 10日間」
・9月下旬発「ペルー・インカトレイル&チリ・イースター島 13日間」
・10月中旬発「中部ブータン周遊 2つのお祭り探訪と、秘境ブムタン 10日間」

★ペルー料理お食事会★
ペルー料理お食事会を開催します。世界で注目されるペルー料理を食べながら、ペルーや南米の魅力をお伝えします。
●催行日:※次回の開催は5月~11月で予定しております。

会員特典(入会・年会費:無料)

①年4回の会報誌「ポコ・ア・ポコ」(4月・7月・10月・1月)
クラブの情報発信は、年に4回発信する会報誌とメルマガがメインです。メールにて会報誌をお送りします。郵送希望の方には、実費(年400円)だけをご協力いただきます。

②《会員限定》国内・海外:トレッキング・撮影・秘境ツアーの開催
会員限定で催行する添乗員同行ツアーをご案内します。弊社のツアー企画は、トレッキング、撮影ツアー、秘境ネイチャーツアーなどです。※添乗員無し・現地ガイド同行のツアー企画もあります。

③会員専用ページ
会員の皆様にはパスワードを発行いたします。会員様だけが閲覧可能なWEBサイトにて、会報誌のバックナンバーなどをカラー写真付きの記事でご覧いただけます。また、会員限定ツアーや説明会の情報なども随時アップします。

⑤食事会・スライドショーなどイベント開催、旅行相談など
ペルー料理やブラジル料理など、南米アンデスにまつわる地域の料理を食べる食事会などイベントを開催します。交流を通してお仲間や情報交換の場が増える良い機会にもなります。
<食事会> ペルー料理・ブラジル料理・アルゼンチン料理の食事会など
<出張説明会>団体登録のお客様には、出張説明会の設定も可能です。

入会のご案内

●年会費:無料
 ※団体会員:3名様以上のグループには、1名様分の年会費でグループ登録します。会報誌はグループ代表者の方に発送します

●入会希望の方は、下記の「問い合わせフォーム」か、メールにてお問い合わせください。
 メールアドレス:info(a)andina-travel.com ※(a)を@に換えてご送信ください。

●「アンディーナ・トラベル・クラブ」事務局: アンディーナトラベル株式会社

アンディーナ・トラベル・クラブについて

南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界“地の果て”が、地球の大部分を占めている。

今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。

その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。

そんな“地の果て”の魅力を伝えることが、アンディーナ・トラベル・クラブの目的です。

お申し込みフォーム

ご加入をご希望の方は、下記のフォームからお申し込みください。

お申し込みフォームに入力いただきました個人情報は下記の目的以外には使用しません。
・イベントなどのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品・サービスの関連情報をご案内すること

お申し込みフォームが作動しない場合には、お手数ですが下記までお問い合わせお願いします。
電話:03-5305-3788
メール:info@andina-travel.com

当クラブを何で知りましたか? (必須)
ホームページメールマガジン弊社スタッフからの紹介知人からの紹介ネット検索ツイッター、またはフェイスブックガイドブック「地球の歩き方」その他

アンディーナトラベル・クラブ:松井章 (アンディーナトラベル代表)

南米アンデスの山岳エリアを中心に世界の山々を歩く機会に恵まれて約20年ほどが経ちます。渡航回数を重ねるほどに、歩きたいエリアも増える一方です。
広大な南米でも、特にお勧めするのは、パタゴニア、ペルー、ボリビア、ギアナ高地、レンソイスです。日帰りハイキングからテント泊縦走、南米アンデスの撮影ツアーなど、参加者の趣向・経験・体力に合わせて企画します。
日本・海外を問わず お仲間作りや情報交換の場にもなればと思っています。

【略歴】
・神奈川大学外国語学部スペイン語学科卒業
・大手旅行会社勤務(予約・販売)
・山岳旅行社勤務(企画・営業・手配・添乗)
Akira Matsui Photography 松井章 写真事務所
インスタグラム -Akira Matsui photography-

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   

関連ページ

海外トレッキングの道具:車輪付ダッフルバッグ... アウトドア体験を目的に旅行をすると、どうしても荷物が多くなることがあります。また、現地への交通手段も、空路であればセスナ機~中型機まで様々、バスや船、時にはロバやヤクが運搬することもあります。寒冷地への旅行であれば、装備も増えるでしょう。そのような状況に対応できる手段としては、スーツケースよりも...
写真集「パタゴニア-暴風と氷河が織り成す奇跡の絶景」6月下旬販売... 写真集「パタゴニア」:6月下旬の販売開始 長年に渡りパタゴニアに通い撮影した写真を一冊の小さな本にまとめました。フィッツロイ山群やパイネ国立公園を始め、ペリトモレノ氷河、大草原の牧童ガウチョ、パタゴニア南部氷原など、まだあまり知られていないパタゴニアの表情もたくさん掲載しています。 自主...
古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...
パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色... 台風のような嵐の翌日、雨雲は飛び去り、パタゴニア南部氷原(大陸氷床)では珍しい“晴天”が訪れた 風の音が消え去り、聞こえる音は雪を踏みしめる足音だけの静寂で、耳鳴りが気になるほどだった。 東西は屏風のように屹立するアンデス山脈に挟まれて、氷原は南北に果てしなく続く 「直観とは魂でものを見る...
マチュピチュ遺跡の展望ポイント:石切り場... 「失われた都市」マチュピチュ遺跡 「空中都市」とも呼ばれるマチュピチュ遺跡は、アンデス高原とアマゾンの中間に位置する。標高2400mの尾根に建設された遺跡は、山麓からは全く見えず、欧米の探検隊の侵入を阻んでいた。その隠された都市もかつては山麓から標高差約400mに渡り、高さ3mの段々畑が延々と...
アンデスの聖なる料理「パチャマンカ」の作り方②... 土の中でじっくりと火を通すこと、30分。 「パチャマンカ」は、まさに大地を窯とした、ダッチオーブンならぬ“アースオーブン”です。 いよいよ、土を掘り返します。 何層にも積み重ねた大地の窯を掘り返すのは、汗だくで行う重労働です。 表面の土を掘り返してから、まず最初に出てくるのは...
PAGE TOP