Loading

《会員制》アンディーナトラベル・クラブ

★添乗員同行ツアー計画 2019★
・2月5日発「パタゴニア山岳写真撮影 パイネ国立公園とフィッツロイ山群 14日間」
・4月1日発「紅葉のパタゴニアと伝統料理アサードの旅 フィッツロイ&セロトーレ展望 カグリエロ氷河&トゥンバド山ハイキング 10日間」
・7月11日発「ピレネー山脈 2大山群展望トレッキングと、バスク地方“サンティアゴ巡礼路”ハイキング 11日間」
・7月27日(土)~8月4日(日)「ブラジル・レンソイス縦断トレッキング 9日間(東京・大阪発着)」
・8月10日(土)~8月18日 (日)「ブラジル・レンソイス縦断トレッキング 9日間(東京・大阪発着)」
・7月上旬~8月下旬発「エクアドル・アンデス コトパクシ&チンボラソ山岳展望 12日間」
・9月上旬発「チリ・アタカマ砂漠の奇跡の花園 10日間」
・9月下旬発「ペルー・インカトレイル&チリ・イースター島 13日間」
・10月中旬発「中部ブータン周遊 2つのお祭り探訪と、秘境ブムタン 10日間」

★ペルー料理お食事会★
ペルー料理お食事会を開催します。世界で注目されるペルー料理を食べながら、ペルーや南米の魅力をお伝えします。
●催行日:※次回の開催は5月~11月で予定しております。

会員特典(入会・年会費:無料)

①年4回の会報誌「ポコ・ア・ポコ」(4月・7月・10月・1月)
クラブの情報発信は、年に4回発信する会報誌とメルマガがメインです。メールにて会報誌をお送りします。郵送希望の方には、実費(年400円)だけをご協力いただきます。

②《会員限定》国内・海外:トレッキング・撮影・秘境ツアーの開催
会員限定で催行する添乗員同行ツアーをご案内します。弊社のツアー企画は、トレッキング、撮影ツアー、秘境ネイチャーツアーなどです。※添乗員無し・現地ガイド同行のツアー企画もあります。

③会員専用ページ
会員の皆様にはパスワードを発行いたします。会員様だけが閲覧可能なWEBサイトにて、会報誌のバックナンバーなどをカラー写真付きの記事でご覧いただけます。また、会員限定ツアーや説明会の情報なども随時アップします。

⑤食事会・スライドショーなどイベント開催、旅行相談など
ペルー料理やブラジル料理など、南米アンデスにまつわる地域の料理を食べる食事会などイベントを開催します。交流を通してお仲間や情報交換の場が増える良い機会にもなります。
<食事会> ペルー料理・ブラジル料理・アルゼンチン料理の食事会など
<出張説明会>団体登録のお客様には、出張説明会の設定も可能です。

入会のご案内

●年会費:無料
 ※団体会員:3名様以上のグループには、1名様分の年会費でグループ登録します。会報誌はグループ代表者の方に発送します

●入会希望の方は、下記の「問い合わせフォーム」か、メールにてお問い合わせください。
 メールアドレス:info(a)andina-travel.com ※(a)を@に換えてご送信ください。

●「アンディーナ・トラベル・クラブ」事務局: アンディーナトラベル株式会社

アンディーナ・トラベル・クラブについて

南米のいたる所、そして地球のいたる所に、この茫漠ともいえる“何もない世界”が広がっています。むしろ、その茫漠とした何もない世界“地の果て”が、地球の大部分を占めている。

今わたしたちがいる世界とは全く異なる、そんなもう一つの世界に身を置いてみる。

その地球を感じてる時間は、きっと生命観に関わる重要なことなんだろうと思っています。パタゴニア、レンソイス、ウユニ塩湖など、南米各地の“地の果て”は、この“何もない世界”をじっくり体感する場所です。

そんな“地の果て”の魅力を伝えることが、アンディーナ・トラベル・クラブの目的です。

お申し込みフォーム

ご加入をご希望の方は、下記のフォームからお申し込みください。

お申し込みフォームに入力いただきました個人情報は下記の目的以外には使用しません。
・イベントなどのお申し込みに対して受付のご連絡を差し上げること
・該当する製品・サービスの関連情報をご案内すること

お申し込みフォームが作動しない場合には、お手数ですが下記までお問い合わせお願いします。
電話:03-5305-3788
メール:info@andina-travel.com

当クラブを何で知りましたか? (必須)
ホームページメールマガジン弊社スタッフからの紹介知人からの紹介ネット検索ツイッター、またはフェイスブックガイドブック「地球の歩き方」その他

アンディーナトラベル・クラブ:松井章 (アンディーナトラベル代表)

南米アンデスの山岳エリアを中心に世界の山々を歩く機会に恵まれて約20年ほどが経ちます。渡航回数を重ねるほどに、歩きたいエリアも増える一方です。
広大な南米でも、特にお勧めするのは、パタゴニア、ペルー、ボリビア、ギアナ高地、レンソイスです。日帰りハイキングからテント泊縦走、南米アンデスの撮影ツアーなど、参加者の趣向・経験・体力に合わせて企画します。
日本・海外を問わず お仲間作りや情報交換の場にもなればと思っています。

【略歴】
・神奈川大学外国語学部スペイン語学科卒業
・大手旅行会社勤務(予約・販売)
・山岳旅行社勤務(企画・営業・手配・添乗)
Akira Matsui Photography 松井章 写真事務所
インスタグラム -Akira Matsui photography-

既存ユーザのログイン

CAPTCHA


   

関連ページ

探検家?アゴスティーニ神父 モノクロ写真に写るその男は、いつも少し伏し目がちで、恥ずかしそうに視線を少しカメラからずらしている。おかしなことに、氷河の上でも大草原の中でも、彼は神父の服装をしているのだ。写真はほとんど屋外。それも氷河を登攀していたり、大草原で先住民と握手していたりする。 彼は本当に神父なのか、ニセ坊主か?そもそ...
レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ... ブラジル北東岸のレンソイス周辺は、インディオのあまり居住しない土地として、長く無人でした。その無人の土地に人が入り込み始めたのは、16世紀以後のポルトガルによる植民地化の頃からです。サトウキビのプランテーション開発のために、多くの黒人がアフリカ西岸から奴隷として連れてこられた時期が、レンソイス周...
《モノクローム写真》アンデス先住民・ケチュア族の暮らし:ブランカ山群... モノクローム写真で見る、ケチュア族の暮らし アンデス山脈で氷雪峰が集中するブランカ山群は、その豊富な水源から大地の豊穣さを保証された土地です。先住民ケチュア族は古来からこの地の豊穣を見抜き、多くの人々が山麓に集中して暮らしてきました。 畑を耕せば、古代の遺物が掘り起こされてきて、無造作に路肩...
【コスタリカ】屋久島のような緑の国... サンホセの空港に降り立ち、飛行機から出た時に感じる空気の濃さ。 環境保護を優先し、自然保護区が多いコスタリカでは、国全体に森の空気を感じます。 それは空気の濃さとしか言いようのない、独特なコスタリカの印象です。 全体的に「屋久島」に雰囲気が似ている国だと、私は思っています。 中米の中でコスタリカに...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...
パタゴニアの大草原に宿泊:エスタンシア(牧場ホテル)とは... パタゴニアの大草原の牧場ホテル「エスタンシア」 パタゴニアの大草原で過ごすために、大牧場「エスタンシア」の宿泊をお勧めしています。 エスタンシアは、アルゼンチンの草原・パンパの牧場です。 かつてパタゴニアで繁栄した羊毛産業が衰退するなかで、ツーリストを受け入れる観光牧場が増えてきて...
PAGE TOP