Loading

新規会員登録ページ


新規ユーザー登録
*必須項目

関連ページ

乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ... 5月~11月、乾季を迎えるウユニ塩湖では、景色が一変します。 雨季の“天空の鏡”から、“真っ白な大平原”に変化します。 ここは同じ地球なのかと思えるほど、大地の「白」と空の「青」のみ。 この単純な世界を、4駆で疾走します。 目指すは、「サボテンの島(インカワシ)」。 そして、乾...
インカトレイル・トレッキング③:ペルー・アンデス山脈と古代遺跡の絶景を歩く... トレッキング4日目:壮大な遺跡群を歩く トレッキング最終日は、夜明けに前に起きて、朝日を待ちたいところです。 稜線のキャンプは、インカトレイルで最も展望の良い立地だからです。 ビルカバンバ山群の最高峰サルカンタイ峰(6264m)とウマンタイ峰(5459m)が朝日に照り輝く瞬間は、プユパ...
中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ... 「手の洞窟」から望むセロ・カスティージョには、先住民の視点を仮想する物語性があった。 セロは「峰」、カスティージョは「城」を意味するスペイン語だ。 中部パタゴニアも、アンデス山脈を境に太平洋側は降水量が多いので、セロ・カスティージョのすぐ南には、パタゴニア北部氷床が形成された。 フィッ...
アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)... 暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。 特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。 雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。 ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。 ...
【アルゼンチン・パタゴニア】クリスティーナ牧場で、急速に後退するウプサラ氷河を望む... クリスティーナ牧場から望む、ウプサラ氷河 この氷河は、大変な速度で後退していることから、温暖化の象徴として、映画「不都合な真実」で取り上げられました。対岸のように見えるのは、氷河の中の島です。この島の向こうに数キロにわたり、さらに氷河末端が続きます。このような島を、“ヌナタク”と呼びます。 後退の...
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP