Loading

PHOTO-BLOG

アルゼンチン文化の象徴:マテ茶の正しい飲み方

老若男女すべての国民に愛される飲み物「マテ茶」

アルゼンチンの公園や広場に、あるいは空港やドライブインにいると、人々は肩に四角い革製のバッグを下げているのが目に付くでしょう。これは一目でその人をアルゼンチン人と識別できる重要な文化財「マテ茶セット」です。
マテ茶はアルゼンチン人にとって日常生活に欠かせない物で、職場でも友人との集まりでも必ず誰かが用意しています。

マテ茶の起源

マテ茶はアルゼンチン北部で先住民グアラニー族の文化とスペイン文化が融合して生まれた文化です。もともとはグアラニー族が、古来からマテ茶の葉を何百年もの間、主にシャーマンによる儀式での飲み物として使用してきました。マテ茶の成分には喉の渇きを癒し、食欲を抑制して目を覚ます天然カフェインが含まれているからです。
スペイン人による植民時代を経て、マテ茶はアルゼンチンの家庭に徐々に浸透して行ったのです。

マテ茶セットの中身

革製のバッグ「マテ茶セット」には、お湯を入れる魔法瓶、茶葉を入れる瓢箪(ひょうたん)のコップ、マテ茶、鉄製のストロー(ボンビージャ)、お菓子が入っています。
ドライブインなどに行くと、魔法瓶を小脇に抱えた人が、お湯を入れるためにポットの前に並ぶのを見ることでしょう。茶葉を入れるコップは、伝統的には瓢箪(ひょうたん)を好んで使います。談笑しながら回し飲むするためにテーブルに置けないように、丸い瓢箪を使うようになりました。アルゼンチン人にとって欠かせない飲み物なので、たとえテント泊登山であっても、マテ茶を持って生きます。このときの器はキャンプ用のゴム製のコップを使っています。
鉄製のストロー(ボンビージャ)は先端が膨らみ、茶葉を漉し取るための無数の小穴が空いています。熱湯でボンビージャが熱くなり、一気に多くは飲めないようになっています。
お菓子は、日本でいう3時のおやつで「メリエンダ」と呼ばれます。

マテ茶の飲み方

マテ茶の伝統的な飲み方は、まず瓢箪のコップの7~8割くらいまで茶葉をどさっと入れます。そしてストロー(ボンビージャ)を深く差し込みます。それから、熱湯を注ぎ入れます。一度お湯を入れたら、このストローは絶対に動かしてはいけません。これは伝統ですので、動かしてしまうと周囲の人は半ば絶叫しながら静止してきます。ボンビーリャの位置を動かすことで、茶漉し部分が目詰まりしたり、味の濃さが変化したりするので、ボンビーリャを動かしてはならないわけです。
このとき、人によっては砂糖を少し入れたり、オレンジの皮を入れたりします。

回し飲み「ロンダ」のコミュニケーション文化

マテ茶は一人でも飲みますが、通常は2人以上で飲みます。このとき必ず誰かホスト役が決まります。茶葉を入れて、回し飲みする時にホストが中心となります。
会話をしながら、自分のペースで飲みます。飲み過ぎないように、鉄製のストローは熱々なので、すするように少しずつ飲むことになるでしょう。飲み終えたら、ホストに返します。このとき「ありがとう」と言ってしまうと「もう結構です」となってしまうので、まだ飲みたい時には「美味しいね(Muy Bueno)」などと言いながら渡しましょう。
そうするとホストは頷きながら、お湯を注いで次の人に延々と回します。
この回し飲みのことを「ロンダ」と呼びます。

アルゼンチンではいたるところで、このロンダを見ることになります。円滑にコミュニケーションするうえで欠かすことのできない文化が、マテ茶のロンダなのです。

そして、自分がロンダに加えてもらえたならば、アミーゴ(友)として認めてもらえたと解釈して良いでしょう。

マテ茶は親密な間柄が前提となるので、異邦人がマテ茶を飲む機会はなかなかありませんが、もし地元の人に誘われたなら、喜んで参加しましょう。
少し苦みのある味は緑茶に似ているので、日本人の好む味がマテ茶です。

関連ページ:アルゼンチン

関連ページ

アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード... アサードの味付けは、岩塩とレモンを振りかけるシンプルな味付けが基本だ。 “チミチューリ”と呼ばれる各家庭により異なるタレに浸して食べるのも美味しい。塩・オリーブオイル・酢をメインに香辛料を加えた、アルゼンチン発祥のソースだ。 ガウチョの伝統料理はシンプルなものだが、パタゴニアの大草原で焼かれ...
アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」... アルゼンチン名物アサードとは アルゼンチンの焼肉料理である「アサード」。アルゼンチン人の肉への情熱は熱く、特に牛肉と羊肉の焼肉は驚くほど美味しい。 日本の焼肉とは根本的に違い、粗塩だけで豪快だが、とても繊細な味付けで、アルゼンチンのアサードはまさしく絶品だ。 「アサード」は、社交の場と...
パタゴニアの羊の丸焼き:カラファテのアサード... アルゼンチンの食の名物と言えば、パリーシャ(アサード)です。 大牧場のガウチョ(牧童)の文化の名残であるアルゼンチンの心とも言える焼肉料理です。味付けも粗塩がメインのシンプルな味付けで、じっくりと数時間かけて丹念に焼きます。 パタゴニアでは、何と言っても「子羊(コルデーロ)」を食べるべき...
草原を駆ける牧童・ガウチョの精神 アルゼンチン文化の根底にあるのは、大草原の牧童・ガウチョの精神だ。 馬術に長けるだけではなく、精神性も尊敬されることで、日本でいえば武士のように誇り高い存在なのだ。 かつてアルゼンチンの開拓史で活躍したガウチョは、言葉にもなっている。 「彼はガウチョだ」という時には、そこには賞賛や尊敬の念...
パタゴニア名物:アルゼンチン伝統料理「ギソ」... フィッツロイ山麓のチャルテン村のいる時に、必ず食べに行くのが、アルゼンチン家庭料理の「ギソ」だ。 アルゼンチン風のシチューと考えて良いだろう。 チャルテン村のは、僕の行きつけのレストランで食べるのは、「子羊のシチュー」と決まっている。。 前菜には、レンズマメのサラダが出る。これだけ...
パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード... パタゴニアの大草原パンパ パタゴニアの大草原の面積は日本の約2倍という、とてつもなく広い草原です。 この広大な草原の象徴的な存在が「羊」です。 百数十年前までは、羊はパタゴニアに存在しませんでしたが、その後の牧羊産業の急発展を経て、今では約1000万頭もの羊が放牧されています。 ...

トレッキング前の7つの高所順応プラン:ペルー・ブランカ山群

ペルー料理お食事会:新世代のシェフの絶品料理

パタゴニア

関連記事

  1. アルゼンチンで最も愛される女性「エビータ」

    2019.04.13
  2. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  3. アルゼンチンの国民的な音楽:タンゴの世界

    2019.04.12
  4. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
  5. パタゴニアの象徴:羊とガウチョと伝統料理アサード

    2018.08.31
  6. 南米最高峰アコンカグアへ②:ベースキャンプ -コンフルエンシア

    2018.03.03
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP