Loading

アルゼンチン旅行:ブエノスアイレス観光、パタゴニア・トレッキング

“南米のパリ”ブエノスアイレス

アルゼンチンの首都・ブエノスイアレスは、ヨーロッパ調の町並から、“南米のパリ”と呼ばれます。ラプラタ川沿いに位置する、この首都の人口は、約540万人です。人口の1割以上が、ブエノスアイレスに集中しています。アルゼンチンの人口の9割以上をヨーロッパ系移民が占めることからも、南米の中でも特殊な民族形成をしています。
かつての栄華の雰囲気を残す町並を楽しみながら、夜は哀愁の漂うタンゴ・ショーを見学するのは、いかがでしょうか。

大草原パンパに生まれた、エビータの町

ブエノスアイレスの起源は16世紀で、大草原パンパにスペインが建設しました。ペルーやボリビアのアンデス諸国と大きく異なる点は、この大草原にはあまり先住民がいなかったことです。スペイン統治時代から独立を経て、イタリアを始めヨーロッパから多くの移民が来たことで、ブエノスアイレスは白人の町として、「南米のパリ」と言われるほどにヨーロッパの影響を受けて発展しました。

ブエノスアイレスを囲む肥沃な草原地帯は牛の放牧に最適なことから、世界でも最も大きな畜産国として発展します。杉並区ほどの面積を持つような大牧場(エスタンシア)で牧童ガウチョが闊歩する姿はアルゼンチンのシンボル的な景色です。アルゼンチン独立の際には、ガウチョは大きな貢献をしたことから、アルゼンチンにとって牧童ガウチョは国シンボル的な存在でもあります。豪快にして繊細な焼肉アサードはガウチョの文化から生まれました

第二次世界大戦の間は、欧米への食料・資源の輸出で大きく栄えたアルゼンチンは、その後ペロン大統領による独裁政治、そしてエビータの登場とともに徐々に現在のブエノスアイレスへと繋がります。
ブエノスアイレスに住む人々は、自分たちのことを愛称として「ポルテーニョ」と呼ばれます。

●サン・ニコラス地区
フロリダ通りを始め、7月9日通りのオベリスコ、世界3大劇場の一つコロン劇場、そしてレストランやバーが集まるコリエンテス通りなど、ブエノスアイレスの中心です。
●ボカ地区(カミニート)
ヨーロッパの移民が押し寄せた時代には、全ての船がここに停泊し栄えました。労働者や船乗りに溢れた時代に、この場所で場末から生まれたのがタンゴです。
●大統領府(カサ・ロサーダ)
19世紀後半に建設され、代々ピンク色に塗られていることから、“ピンクの家”カサ・ロサーダと呼ばれます。エビータが演説したことで有名なバルコニーもあります。
●レコレータ地区
最高級の住宅地区として、中心部から車で10分ほどの距離。センスのいいレストランが閑静な通り並び、近くにはエビータの眠るレコレータ墓地もあります。
●プエルト・マデーロ地区
新しい港の一部、レンガ造りの倉庫街をを再開発した地区です。一流レストランやカフェテリアなどの店舗が連なる新市街です。中心部から徒歩10分ほどです。
●フロリダ通り
サンマルティン通りと5月通りの間の約1km続く、アルゼンチン一番の繁華街です。通りには、レストランやバーを始め、ショッピングモールや書店などがひしめきます。

タンゴ・ディナー・ショー

「タンゴ・ディナー・ショー」は、20:30~23:30の約3時間ほど続きます。最初は夕食を食べて、デザートが終わった頃に、タンゴ・ショーが始まるので、時間はけっこう長く、ホテルに戻るのは夜遅くなります。
市内観光のボカ地区やフロリダ通りで観光客向けのタンゴを目にすることもありますが、「タンゴ・ディナー・ショー」のタンゴは一流のダンサーと演奏によるものですので、必見とも言えるオプショナルです。

アルゼンチン伝統料理:アサード

弊社お勧めのレストランにて、アルゼンチン伝統料理アサード(パリーシャ)にご案内することもできます。スタンダード・クラス、あるいはブエノスアイレス一番の名店などにお連れします。

“南極クルーズの基点”ウシュアイア

南米大陸の最南端の町ウシュアイアは、南極クルーズの基点として、11月~3月までの春~夏のシーズンはとても賑やかです。「世界の最果て」として北米アラスカから続くパンアメリカン・ハイウェイの終点の看板を見たり、あるいは小さな鉄道に乗る観光、そしてビーグル水道で野生動物ペンギンやオタリアを観察するツアーがあります。

バルデス半島

北部パタゴニアのバルデス半島は、周囲には果てしない草原が広がる荒野にあります。大西洋に突き出たこの半島は、海洋生物の大繁殖地として有名です。ペンギン、ゾウアザラシ、オタリア、クジラなど、多くの野生動物の越冬地として重要なことから、世界自然遺産にも登録されています。

基点となるのは、プエルト・マドリン、またはトレレウです。奈良県と同じくらいの面積のバルデス半島は、1日ほどの観光で全て巡るのが主流です。カレタ・バルデス、デルガーダ岬、ピラミデ岬などで海洋生物を観察しながら散策します。草原を駆けるダチョウ(ダーウィンレア)も見れるでしょう。
ピラミデ岬(プンタ・ピラミデ)では、遊覧ボート観光もあり、6~12月はクジラ、3~4月はシャチのシーズンです

バリローチェ

「南米のスイス」と言われるバリローチェは、標高770mのナウエル・ウアピ湖の湖畔に位置する山岳リゾートです。カテドラル山やトロナドール山を始め、美しい山並みと無数の湖が広がることから、湖水地方として有名です。19世紀にスイス人が多く移住したことから、スイス風の町並みが広がり、冬はスキー場として世界中からツーリストが集まります。夏のシーズンは、トレッキングや湖水地方巡りで賑わいます。

バリローチェ発着の日帰りツアー

・ビクトリア島クルーズ、ロス・カンタロスの滝クルーズ:バリローチェからクルーズ船でビクトリア島を往復、島では緑深いアラジャネスの森を軽ハイキングします。また、樹齢1500年と言われる深い森を歩くカンタロスの滝ハイキングもお勧めです
・トロナドール山展望ハイキング専属ガイド同行で、トロナドール山やカテドラル山を終日ハイキングで歩きます

チリ国境越え:湖水巡りクルーズ

バリローチェとチリ・プエルトモンを結ぶ湖水地方をクルーズ船で巡り、アンデス山脈を専用バスで越える国境越えツアーです。終日のツアーで、プエルトモン→バリローチェ、またはバリローチェ→プエルトモンへと移動を兼ねるツアーです。

冬季:スキー旅行

バリローチェを基点にスキー旅行の手配をします。スキー場の山麓のホテルやバリローチェを基点に、日本とは真逆の6~9月にスキーしましょう。バリローチェは南米随一のスキーリゾートです。

パーツ手配:ホテル+送迎

送迎車両(専用車 or 混載)、ホテル、英語ガイド・ツアー
アルゼンチンでは、送迎車両(専用車 or 混載)、ホテル、英語ガイド・ツアーなど、それぞれのパーツ手配も承ります。
※下記の地域では、各パーツ部分だけの手配を組み合わせことが可能です。(要・基本的な英会話レベル)
【手配地域】
・ブエノスアイレス
・バリローチェ
・カラファテ
・チャルテン
・コルドバ
・エスケル
・イグアス(アルゼンチン、ブラジル)
・マル・デル・プラタ
・メンドーサ
・プエルト・マドリン(バルデス半島)
・サルタ
・フフイ
・トレレウ
・トゥクマン
・ウスアイア
・ビリャ・ラ・アンゴストゥーラ
・モンテビデオ(ウルグアイ)
・プンタ・デル・エステ(ウルグアイ)

関連ページ

南米最高峰アコンカグアへ②:ベースキャンプ -コンフルエンシア... アコンカグアのベースキャンプは、3400mのオルコネス谷の「コンフルエンシア」だ。「コンフルエンシア」とはスペイン語で「合流点」を意味する。 このベースキャンプから谷は2つに分かれて、一方は登頂ルート、もう一方は南壁展望台へと向かう。山頂への登山者や、展望台へ向かうトレッカーで賑わっており、大...
パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験... 天候が激しく変化するフィッツロイでは、天気予報が当てにならないと思われていますが、実際にはとても精度の良い予報があります。この予報に、地元の山岳ガイドの経験を合わせれば、時間単位で予想して出発も可能となります。 たとえば午前中は雪雲に覆われていた山麓も、午後には一気に快晴に変わり、積もった雪さ...
ペルー・インカトレイル・トレッキング1日目:マチュピチュ遺跡へ... インカトレイルとは ペルー・インカ古道「インカトレイル」は、マチュピチュ遺跡へと続く約30kmの道です。 南米中に張り巡らされたインカ時代の道のなかで、この区間だけがインカ時代から封印されるように、約100年前にハイラムビンガムに発見されるまで、マチュピチュ遺跡とともに密林の中で眠ってい...
ペルー・アンデス:ケチュア族の民族衣装と「ブランカ山群」の大展望... アンデス先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアのアンデス山脈に暮らすケチュア族やアイマラ族の人々は、今でも先インカ時代から続く民族衣装をまとい暮らしています。 大陸らしい広大過ぎるアンデスの高原では、共通のアイデンティティを持つとはいえ、地域によって服装は全く異なります。 ペルー・クス...
アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台... カナイマから、船外機付きのボートに乗り換えて、エンジェルフォールへ向かいます。 カラオ川からチュルン川へ遡るにつれて、川幅は少しずつ狭くなります。 川の水は、タンニンで真っ赤に染まっています。 約4時間かけて、エンジェルフォールを擁するアウヤンテプイの懐に深く入り込んでいくと、...
PAGE TOP