Loading

パタゴニア・クルーズ「アウストラリス号」

パタゴニア最南端を巡る豪華ネイチャー・クルーズ「アウストラリス号」

「アウストラリス号」は、南米最南端の2つの町、ウスアイア(アルゼンチン)とプンタアレナス(チリ)を4泊5日で結びます。マゼラン海峡とビーグル水道を始め、フィヨルドの奥深くに入り込み、クルーズだけで見れる景色が魅力です。無数の氷河を始め、ペンギンやオタリア、アザラシなどの海洋生物の観察もできるでしょう。一日1・2回は下船して、ハイキングやボート観光などを楽しみます。
乗客200名ほどの中型船クルーズで、4星クラスのサービスを備えています。

シーズンと料金

  • ローシーズン(10月、3月):US$2600~2800/1名様当り(2名1室利用)
  • ハイシーズン(11月~2月):US$3200~3500/1名様当り(2名1室利用)

※航路は、「プンタアレナス→ウスアイア」、「ウスアイア→プンタアレナス」それぞれ毎週出発しています。出発日と詳しい料金と残室状況はお問い合わせください。
※別途、港湾税としてUS$60が必要です

日程表(プンタアレナス→ウシュアイア)


1日目:
午後、船にチェックイン。夕刻、出港します。夜間の間にマゼラン海峡を西に進みます

2日目:
明け方、アドミラリティ湾に到着。カルキンカ自然保護区とアルベルト・アゴスティニ国立公園に聳える壮麗な山脈を望みます。ゾディアックボートに乗り換えて、アインスワース湾に上陸します。ゾウアザラシの集団営巣地を観察します。そして、マリネッリ氷河やダーウィン山脈を望み、ハイキングを楽しみます

午後、ゾディアックボートで、マゼランペンギンの営巣地を観察します。最盛期には4000羽以上のペンギンがいます。天候が良ければ、ブルックス湾で上陸します

3日目:
フエゴ島のガブリエル水道に入ります。さらに奥深いピア水道に入り、ゾディアックボートに乗り換えます。上陸して、ピア氷河を望む展望台へハイキングします。
午後、さらに南のビーグル水道へと進みます。

4日目:
早朝、船はナバリノ島とホステ諸島の間のムライ水道を進み、ワライア湾で下船してハイキングをします。
午後、ホーン岬国立公園のナッソー湾を通過します。ここはかつて大西洋と太平洋を繋ぐ重要な航路でした。

5日目:
朝、アルゼンチンのウシュアイア着。

日程表(ウシュアイア→プンタアレナス)


1日目:
午後、船にチェックイン。夕刻、出港します。夜間の間にナバリノ島とホステ諸島の間のムライ水道を北に進みます
2日目:
早朝、船はホーン岬国立公園のナッソー湾をクルーズします。ホーン岬はチリ海軍の灯台を見ることができます。

午後、往路を戻り、ワライア湾へ。かつて先住民ヤマナ族が暮らした湾で上陸して、ハイキングをします。

3日目:
午前、フエゴ島を望みながら、アルベルト・アゴスティニ国立公園の氷河地帯に入ります。氷塊が浮かぶピア・フィヨルドを進み、ピア氷河でゾディアックボートに乗り換えて下船します。氷河を望む展望台へハイキングします。

午後、ガリバルディ氷河へ。パタゴニアで前進・成長してる3つの氷河の中の一つです。ゾディアックボートで上陸してから、氷河を望む展望台へハイキングします。

4日目:
早朝、コックバーン水道を進み、アゴスティーニ湾へ。ダーウィン山脈から流れ落ちる無数の氷河と山脈を望みます。ゾディアックボートで上陸して、アギラ氷河の展望台へハイキングします。
午後、ゾディアックボートで、コンドル氷河の周辺を望みます。このエリアはコンドルが飛ぶことで名付けられました

5日目:
午前、マゼラン海峡のマグダレナ島にて、この周辺はマゼラン・ペンギンの大繁殖地として有名です。ゾディアックボートで上陸して、ハイキングをします。
その後、プンタアレナスへ

関連ページ

心が温まるグアテマラ滞在 心の温度が、程よく温かい グアテマラには、そんな印象を抱いています 旅行するだけではなく、ちょっと滞在してみたいな、と思える国です。 古都アンティグアは、グアテマラ各地域への基点ともなる町です。 この町で、ホテル滞在も良いのですが、ホームステイもお勧めです。 スペイン語の語学留学も良いですし、なん...
テント泊トレッキングの装備④:ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ?... ダッフルバッグ、それともスタッフバッグ? テント泊トレッキングで、ロバ、リャマ、あるいはポーターに預ける荷物は、どのようなバッグが良いでしょう。 それは、トレッキングのコースやスタッフの手配内容で千差万別ですが、総じて下記の二つのどちらかで良いでしょう。 ダッフルバッグ ダッフルバッグは...
世界のペルー料理:ウルバンバ谷の美食レストラン... ペルー料理:ウルバンバ谷の名店 ミスミナイ村で農村風景の生活風景を撮影した後、ウルバンバ谷のレストランへ。 インカ帝国の時代から避寒地として利用されてきたウルバンバ谷は、標高約2600mで過ごしやすい気候の土地です。 そんな気候でランチを楽しむために、弊社お勧めのレストランも、テラ...
アタカマ高地縦断:ラグーナベルデからチリ国境へ... リカンカブール山を回り込むように、チリ国境へ向かう 大きな湖の畔にビクーニャが数頭いた。 チリでは簡単には見れなくなるので、これが見納めとなるだろう いくつもの湖を通り過ぎるが、どれもそれぞれ目を惹く色を持ち、濃淡が違う。 2週間前に降った大雪で国境は一時閉鎖されていたが、無事に開通...
2011パタゴニア旅行 ⑦フィッツロイ(その一)... 早朝のフィッツロイは最高に気持ちが良いです 羊の煮込み料理(Guiso) レンズ豆のguiso。モツのguisoも最高です。 ココア ...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
PAGE TOP