Loading

添乗員ツアー:トレッキング・秘境探訪・山岳写真

添乗員同行ツアー企画

南米に精通した添乗員(ツアーリーダー)が同行するグループ・ツアーです。個人旅行ではなかなか行けない奥地へも、グループツアーであれば行くことができます。

現地ガイド通訳も添乗員がしますので、安心して旅行をお楽しみいただけます。


添乗員(同行ツアーリーダー)松井章
南米アンデス山脈や世界の山岳地域に多くのお客様をお連れして、一緒に山歩きをしています。南米パタゴニアを中心に、南米・北米の各地、ヒマラヤ山脈、そしてスペインの山旅へご案内します。現地スペイン語のガイド通訳もこなす添乗員です。引率者がスペイン語を話すことはお客様にも大きなメリットがあります。現地側とのより深いコミュニケーションを基に、抜群の安全体制とともにより深い山旅にご案内できることが私の強みです

アンディーナトラベル・クラブ

添乗員同行ツアーは、アンディーナトラベル・クラブで会員限定ツアーを企画しています。ご興味のある方は、ぜひお問い合わせください。

お仲間と一緒に歩くグループ旅行

海外の山をお仲間だけで歩くのは、一生の思い出となるでしょう。お仲間同士で、オリジナル・プランの貸し切りツアーを一度ご経験されれば、次回もまたグループで旅行したくなるほどの特別な旅行です。
「山の会」やクラブなどで、普段一緒に野山を歩いているお仲間同士でトレッキングをすれば、より想いをトレッキングに集中できるでしょう。パッケージされたトレッキングでは、どのような人と旅をするのかも未知数ですので、グループでのトレッキングがより充実した結果を残せます。
トレッキングの内容や日程も全て、企画段階から参加者の経験・体力をお聞きしながら、グループ独自のオリジナル・プランを作成していきます。

海外トレッキングに行こう!!

南米パタゴニアやアンデス山脈、ヒマラヤ山脈では、初心者でも楽しめる「山歩き」のコースがたくさんあります。一番大切なことは、体力や経験に合わせて、適切な日程をコーディネートすることです。現地トレッキング会社との長年の信頼関係オーダーメイド手配します。
<関連ページ>
「海外トレッキングに行こう!!」

安心のツアーリーダー(添乗員)同行

ご旅行の旅程管理を始め、トレッキングの行程管理を、同行するツアーリーダー(添乗員)が行います。また、ツアーリ-ダーは、現地スペイン語ガイドの通訳もします。トレッキングでは、出発直前の荷物の仕分けなど煩雑な作業が多いので、ツアーリーダーが細かい段取りを行い仕切ります。
※ツアーリ-ダー・・・旅行の旅程管理(添乗員業務)と、トレッキングのグループ・リーダー業務の両方を行うので、弊社トレッキング・ツアーでは同行添乗員を「ツアーリ-ダー」と呼んでいます。

高所トレッキング:ツアー携行装備

●パルスオキシメーターの携帯
宿泊高度が標高3500m以上の日が含まれるトレッキングでは、ツアーリーダーはパルスオキシメーターを携帯します。参加者の毎日の血中の酸素飽和度と脈拍を測定・記録して、一人一人の健康状態を把握します。
 ※パルスオキシメーターとは、指先から血中酸素飽和度と脈拍を測定する医療機器です。

●衛星携帯電話の所持
トレッキング地域に携帯電話の電波が届かないエリアが含まれる時には、ツアーリーダーは衛星携帯電話を持参します。人工衛星へ直接アクセスすることで携帯電話の電波が届かないエリアでも通話可能です。現場での使用は緊急時に限ります。
 ※北極と南極を除く全世界をカバーするインマルサットを、弊社では利用しています。

<関連ページ>
高山病を予防するための正しい知識と対策

安全第一のプランニング

企画の段階から参加者の経験・体力を細かく把握して、無理のないトレッキング行程をご提案します。参加者の足並みに合わせたトレッキングを企画できるのが、グループ旅行の強みであり、より安全性を高めます。

ツアーの出張説明会を開催

トレッキング・エリアの決定の前に、ご希望があれば出張説明会を開催します。現地の美しい写真をスライドでご覧いただきながら、トレッキングの詳細をご案内します。また、トレッキングの出発間際にも、ご希望があれば説明会を開催します。より具体的にトレッキングに必要な荷物や現地状況をお話します。
※出張エリアは関東がメインですが、ご希望があれば、日本中どこにでも出張します。

日帰りハイキング・テント泊トレッキング・秘境探訪・撮影旅行

南米アンデスの各山岳エリアに精通していますので、ご希望や体力・経験に合わせて、“日帰りハイキング”から“テント泊縦走トレッキング”そして撮影旅行まで企画します。参加者全ての経験・体力を踏まえてオリジナル・トレッキングを企画するので、パッケージよりも安全なトレッキングをお楽しみいただけます。

地元ならではの「食」を楽しむ

山歩きだけではなく、南米各地それぞれの“食”もお楽しみください。トレッキング以外の日程では、各地の郷土料理をお楽しみいただきます。トレッキングでも日本食を用意することで、なるべく体力や気力を落とさないように努力します。

テント泊トレッキングの付帯設備

関連ページ

【パタゴニアの紅葉】華麗な南極ブナの色彩変化:フィッツロイ山麓... 南米パタゴニアの秋は、日本に引けを取らない鮮やかな紅葉に彩られる美しい季節です。 ブナの木の紅葉というと、北半球のブナは黄色や橙色にこそ染まりますが、パタゴニアでは赤く色づくのです。 一か月かけて少しずつ色彩を黄色から赤へと変化させる南極ブナの紅葉を辿ってみます。 パタゴニアの森を...
壮大な氷河の円形劇場 -ネコハーバーにて-... ネコハーバーに上陸 -探検船で行く南極クルーズ- 氷河にぐるりと囲まれた「ネコハーバー」は、壮大な氷河のアンフィシアター(円形劇場)だ。 快晴のネコハーバーは日差しが強く、氷河や雪面が激しく乱反射している。 まるで世界がハレーションしているようだ。 気温は10度以上あるだろうか。 ...
ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」... 温暖化とは逆行するように前進・後退を繰り返す「ペリトモレノ氷河」は、世界でも稀な存在です。過去100年間でほとんど氷河は同じ場所に留まっています。 そんなペリトモレノ氷河ならではの現象が、急激な前進と崩壊現象「ルプトゥーラ」です。 高さ60m・幅5kmの巨大な氷壁が前進することで、数年に...
ビクーニャの楽園・シロリ砂漠をラグーナベルデへ... 峠を越えるたびに、谷を過ぎるたびに、景色は変わっていく。 家畜であるリャマの姿は徐々に減り、野生のビクーニャをよく目にするようになる。 大きな景色の中では、ついつい小さな変化の連なりを見落としてしまいそうだ 長い移動時間では、ガイドと運転手とのコミュニケーションは重要だ。 大変な悪路...
太陽のマテ茶 コンビニで「太陽のマテ茶」を買ってみました。 ついにマテ茶がメジャー本格デビューのようです。 本場よりは、もちろんソフトで飲みやすくなっていますが、この香りは確かにまさしくマテ茶です。 マテ茶を延々と回し飲みをしながら過ごした時間の流れを思い出します。 ボトルのラベルには、「日本マテ茶協会推奨」と...
「南米最高峰アコンカグア」登山ツアーの手配... “南米最高峰アコンカグア”の3つのツアー手配 南米最高峰アコンカグア(6960m)は、アルゼンチン・チリ国境を隔てるアンデス山脈の一部です。登山・展望ハイキングの基点は、アルゼンチン側のアコンカグア国立公園です。そして基点となる都市は、ワインの大産地であるメンドーサです。 直線距離ではチリ・...
PAGE TOP