Loading

エクアドル旅行:ガラパゴス諸島&アンデス山脈

赤道直下のエクアドルは、ガラパゴス諸島を始め、多様な自然を擁する美しい国です。本土は、太平洋側の熱帯コスタ地方、首都キトを始めアンデス山脈の高原シエラ地帯は標高約2500m前後の過ごしやい常春の地域、そして内陸にアマゾン熱帯雨林地帯が広がります。

キト・赤道記念碑

常春の首都キト

常春と形容される過ごしやすい気候の首都キトは、アンデス山脈の約2800mの高原に位置します。周囲をコトパクシ、チンボラソ、カヤンベなどの火山地帯に囲まれて、トレッキングや登山のベースとしても有名です。
インカ文明とスペイン統治時代の名残を残す歴史地区にはコロニアル様式の町並みが広がり、世界遺産にも指定されています。民族色の濃いキトでは、民族衣装をまとう人々が町を歩く姿も見れるでしょう。
ガラパゴス諸島、アンデス山脈、アマゾンなど、エクアドルの全ての地域への玄関口となります。

赤道記念碑

キト郊外の赤道記念碑は、赤道の線上に立つ記念碑です。エクアドルに来るほとんどのツーリストが訪れる観光地です

オタバロ市場

キト郊外には、アンデス山脈に暮らすケチュア族の人々の村や市場が広がります。なかでも、オタバロやサキシリの市場は特に規模が大きく民族色が豊かです。織物を中心とした民芸品などアンデス山脈ならではの観光地です

トレッキング・登山(アンデス山脈)

コトパクシ山

世界一高い活火山であるコトパクシ山(5897m)はキト郊外に位置します。標高4000m前後の草原でコトパクシ展望ハイキングで、手軽に名峰を望むことができます。

コトパクシ展望ロッジ

標高4000mの草原の展望ロッジに宿泊すると、ロッジの目の前でコトパクシを展望できます。トレッキング・登山のベースとして、または山岳写真を撮影するベースとしても便利です

チンボラソ山

エクアドル最高峰であるチンボラソ山(6268m)は、地球の半径で計算するとエベレストよりも標高が高い世界最高峰でもあります。
・チンボラソ展望ハイキング:山麓に広がる4000mの草原地帯を歩き、チンボラソを展望します。初心者・中級者も楽しめる絶景ハイキングです
・ウィンパー小屋ハイキング:標高4800mのウィンパー小屋へ車で登り、チンボラソ山頂直下の展望を楽しむハイキングです。
・チンボラソ登山:山岳ガイド同行のチンボラソ登山を、高所順応を適度に行いながら山頂への計画をコーディネートします

チンボラソ展望ロッジ

チンボラソ山を目の前に展望するロッジは、チンボラソ登山の基地としても有名なロッジです。日帰りハイキングのベースとしても非常に便利です。朝日や夕日、星空も堪能できるので、山岳写真にも抜群の立地です。

関連ページ

会報誌「ポコ・ア・ポコ 増刊号」目次 -11/26発行... 季刊で発行している「アンディーナトラベル・クラブ」の会報誌『ポコ・ア・ポコ 』の「増刊号(第4号)」(11月26日発行予定)の目次は、こちらとなります。 「増刊号:第4号」では、コラムを中心にしています。 【目次】 ① 12/10開催「ネイチャーフォト・スライドショー ?南米アンデスの...
インカ文明の聖なる3種の動物:“巨大な祭壇”ケンコー遺跡(ペルー)... 巨大な祭壇:ケンコー遺跡 ペルー・インカ帝国の都・クスコ周辺に点在する聖なる遺跡の一つ、ケンコー遺跡は、他の遺跡と異なる芸術品です。 かつて宗教の儀式で使用されていたという遺跡は、巨大な数枚の石灰岩で構成されています。 この巨岩の表面・内部を徹底的に彫ることで、複雑怪奇な階段や祭壇が岩...
パタゴニア・ペリトモレノ氷河の“氷河ダム”決壊... パタゴニア・ペリトモレノ氷河の貴重な自然現象:4年ぶりに現れた“氷河ダム”がついに決壊! ペリトモレノ氷河の前進は、今年になってからアルゼンチン湖を南北に分断して「氷河ダム」を形成していました。 面積の狭い“リコ湾”側は日に日に水位を増して行き、湖を堰き止めている氷河には膨大な圧力がかか...
秋のブータン:ツェチュ祭と秘境ブムタン地方、素朴な生活体験の旅... ヒマラヤの桃源郷:世界で最も幸福な国「ブータン」 世界で最も幸福度が高いと言われるブータン王国は、長く鎖国することで独自の文化と経済を守ってきました。 行き交う人々は本当に笑顔で、ブータンの人々にどれだけ癒されたことでしょう。 ブータンは、地政学的にはインドと中国に挟まれた厳しい環境で...
世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト... 地の果ての魅力 “地の果て”と呼ばれる場所が大好きで、幸運にも世界中の地の果てを体験してきた。 その中で一番親しみがあるのは、もちろん南米です。 “地の果て”とは、“何もない世界”と解釈しています。 「何もない」とは、なんだろうか。 果てしなく延々と、どこまでも地平線が見え続ける。...
ペルー・アンデスのケチュア族:カラフルな民族衣装(ブランカ山群)... カラフルな先住民の民族衣装 ペルー・ボリビアの先住民ケチュア族とアイマラ族の民族衣装は、とてもカラフルだ。 村ごとにデザインは異なるので、アンデスを旅していると色とりどりの衣装に身を包む人々を目にすることになる。 ペルー・ブランカ山群は、山の氷河がもたらす“水”という恵みのおかげで...
PAGE TOP