Loading

インド旅行:ヒマラヤ山岳トレッキング、マハラジャ豪華鉄道

インド・ヒマラヤ:多彩な山岳エリアと文化圏

6000~8,000m峰の高峰が林立するヒマラヤ山脈は、インド北部の国境線に沿い東西に長く広がります。ガンジス河の源流部や旧チベット文化圏、イギリス統治時代の名残があるダージリンなど、山々の展望とともにそれぞれ異なる文化や生活風景も楽しめます。

ガンジス源流・聖峰シブリン

6000mの峰々が集中するインド・ヒマラヤ山脈のガンジス源流部は、ヒンドゥー教の主神シバを象徴するシブリン峰)をはじめ、バギラティ(6856m)、メルー(6672m)など、圧倒的な迫力の山が集中するエリアです。ガンジス河の最初の一滴が氷河から流れ出す、ヒンドゥー教の聖地として巡礼の道としても有名です。

モデルプラン「聖峰シブリン展望トレッキング 10日間」

<ツアー概要>
・6000mの峰々が集中するインド・ヒマラヤ山脈のガンジス源流部にて、ヒンドゥー教の主神シバを象徴するシブリン峰を展望する3泊4日のテント泊トレッキングです。
標高約3000-4000m前後を中心に歩き、最高地点はシブリン直下の展望台タポバン(4300m)を往復します。聖なる峰シブリン(6543m)をはじめ、バギラティ(6856m)、メルー(6672m)など、圧倒的な迫力の山が集中するエリアです。

・シブリン山麓のゴウムク(3800m)は、ガンジス河の最初の一滴が氷河から流れ出す聖地です。ヒンドゥー教の行者が訪れる巡礼の道です。

・トレッキングでは、専属トレッキング・ガイド(英語)が同行します。個人装備の一部は、ロバが運びますので、その日に必要な装備だけを担ぎ歩きます。共同装備は、ロバが運びます。お客様の個人装備もダッフル・バッグに入れて、ロバが運びます。バッグの中には、その日の行程に必要のない物(寝袋や洗面用具など)を入れます。

・トレッキング時期:4~6月、9~10月

・【オプショナル】パーソナル・ポーター(専属ポーター)の手配も可能です。カメラの機材など重い機材がある場合は、専属ポーターが機材を担ぎます。一緒に歩きますので、写真を撮りたい場所でポーターを止めて機材を降ろし、撮影することも可能です。

※4日間のトレッキングでは、標高差の大きいアップダウンがあり、また高山病の影響を受ける高所のトレッキングです。途中で下山することは簡単にはできませんので、ご出発前の充分な体調管理とトレーニングをするようにしてください。
※キャンプ地は当日の状況により変更することがあります。
※テント、マット、寝袋、衛星携帯電話は、現地で用意しています。

<ツアー・タイプ>
2名様から手配可能な「現地発着プライベートツアー」

<日程表>
1日目: →デリー
《現地発着ツアー開始》
専属ガイドと合流して、ホテルへ。
(食事/-・-)
デリー泊

2日目: デリー→ハリドワール→リシケシュ
専用車で、鉄道駅へ。
鉄道にて、ハリドワールへ。
専用車に乗り換えて、ヒンドゥー教の聖地リシケシュへ。
(食事/朝・昼・夕)
ウッタルカシ泊

3日目: リシケシュ→ウッタルカシ
インド・ヒマラヤのベース、ウッタルカシへ。
テントキャビンのロッジへ。
(食事/朝・昼・夕)
ウッタルカシ泊

4日目:ウッタルカシ→ガンゴトリ
専用車で、ヒマラヤの奥深くガンゴトリ(3048m)へ。
着後、高所順応を兼ねて、お寺などを散策
(食事/朝・昼・夕)
ガンゴトリ泊

5日目: ガンゴトリ→チルバサ
【トレッキング 1日目】
トレッキング開始。ガンジスの源流・バギラティ河を遡り、チルバサ(3600m)へ。(徒歩約6時間)
(食事/朝・昼・夕)
チルバサ(テント)泊

6日目: チルバサ→ボジュバサ
【トレッキング 2日目】
バギラティ、メルー、そしてシブリンを望みながら、ボジュバサ(3792m)へ。(徒歩約4時間)
ガンジス河の源流部ゴウムク(3800m)を往復します。
(食事/朝・昼・夕)
ボジュバサ(テント)泊

7日目: ボジュバサ→タポバン→ボジュバサ
【トレッキング 3日目】
聖峰シブリン直下の展望台タポバン(4460m)を往復します。(徒歩約6時間)
(食事/朝・昼・夕)
ボジュバサ(テント)泊

8日目: ボジュバサ→ガンゴトリ→ウッタルカシ
【トレッキング 4日目】
ガンゴトリへ戻ります。(徒歩約5時間)
専用車にて、ウッタルカシへ。
(食事/朝・昼・夕)
ウッタルカシ泊

9日目: ウッタルカシ→リシケシュ
専用車で、ヒンドゥー教の聖地リシケシュへ。
(食事/朝・昼・夕)
リシケシュ泊

10日目: リシケシュ→デリー
専用車で、デリーへ。
《現地発着ツアー終了》
深夜発の国際線で、帰国の途へ。

インド・ダージリン地方 8,000m峰展望

ダージリンは、8,000峰の峰々を展望する高原地帯です。イギリス統治時代の面影を残す町並みやトイレトレイン、紅茶の茶畑や地元の生活風景を楽しむ旅行で有名です。ダージリンからは、ヒマラヤ山脈の名峰を遠望できるのも魅力です。
ヒマラヤ展望の丘:サンダクプー展望台からは、エベレスト(8848m)、ローツェ(8586m)、マカルー(8463m)、カンチェンジュンガ(8586m)を一望できる大展望台があり、ダージリン近郊のタイガー・ヒルからは、世界第三位の高峰カンチェンジュンガを望みます。

モデルプラン「インド・ダージリン地方 8,000m峰展望ハイキングとダージリン観光 7日間」

<ツアー概要>
・インド・ヒマラヤ山脈ダージリンは、8,000峰の峰々を展望する高原地帯です。ツアーでは、日帰りでの軽ハイキングを楽しみながら、ヒマラヤの展望、紅茶の茶畑や地元の生活風景、そしてダージリン観光も楽しむ企画です。
ダージリンは、イギリス植民地時代の名残のある街並みやトイ・トレインで知られる、インドの避暑地です。

・ヒマラヤ展望の丘:サンダクプー展望台からは、エベレスト(8848m)、ローツェ(8586m)、マカルー(8463m)、カンチェンジュンガ(8586m)を一望できる大展望台へ。

・ヒマラヤ展望の丘:タイガー・ヒルからは、ダージリンとカンチェンジュンガを望みます。

・ダージリンの世界遺産:トイ・トレイン
アジア最古の登山鉄道であるヒマラヤ鉄道は、トイ・トレインとして有名です。イギリス植民時代に敷設されて以来、全長約90kmの区間を時速10kmほどで走ります。線路の幅が61cmというサイズがトイトレインと呼ばれる所以です。

・ツアー適期:4月~11月

<ツアー・タイプ>
2名様から手配可能な「現地発着プライベートツアー」

<日程表>
1日目: →デリー
デリー着。
《現地発着ツアー開始》
専用車にてホテルへ。
(食事/夕)
デリー泊

2日目: デリー→バグドグラ→ダージリン専用車で空港へ。
国内線でヒマラヤの山麓バグドグラへ。
着後、専用車でダージリン(2134m)へ(所要約3時間)。
夕刻、ダージリン着。
(食事/朝・昼・夕)
ダージリン泊

3日目: ダージリン滞在
「終日ダージリン観光とヒマラヤ展望」
早朝、世界第3位の高峰カンチェンジュンガの望む展望台「タイガーヒル(2590m)」へ。展望の後は、チベット仏教の寺院を訪問します。
ホテルで朝食後、「トイ・トレイン」に乗車して、ダージリンの町並みと山岳展望を楽しみます。
※トイ・トレインの乗車は11:00か14:00のどちらの乗車になるかは間際に決定します。
その他、市場や山岳博物館などを訪問
(食事/朝・昼・夕)
ダージリン泊

4日目: ダージリン→サンダクプー
専用車でエベレストなどを展望する展望地サンダクプー(3600m)へ。エベレスト、ローツェ、マカルー、カンチェンジュンガを望みます。
◎ご希望があれば、約4時間のハイキングも可能です。
(食事/朝・昼・夕)
サンダクプー泊

5日目: サンダクプー→ダージリン専用車でダージリンへ。(所要約6時間)
(食事/朝・昼・夕)
ダージリン泊

6日目: ダージリン→バグドグラ→デリー
専用車でバグドグラへ。
国内線でデリーへ
専用車でホテルへ
(食事/朝・昼・夕)
デリー泊

7日目:デリー→
午後、「終日デリー観光」
夕刻、専用車で空港へ。
《現地発着ツアー終了》
帰国の途へ

関連ページ

北海道ニセコ:コンドミニアム宿泊プランの手配... パウダースノーのメッカとして世界中から注目される北海道のニセコ・エリアは、この15年ほどで大きく発展しました。特に宿泊施設に関しては、欧米人が増えたことから「滞在型のコンドミニアム」が多く建設されました。宿泊施設の数は、民宿・ホテルよりも多いかもしれません。そのほとんどの宿泊者は欧米人です。 ...
深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤... ラグーナ・アスールを目指して、ウエムル峰の谷を詰めていく。 湖は驚くほどに青い。 氷河湖といえば、ミルク色のグレイシャー・ブルーが定番であるが、氷河湖ごとに青は青でも色が異なる。 ラグーナ・アスールの青は、とても透明で原色に近い「青」だ。 この湖と氷河と岩峰が私有地であるとは、日本の常識...
パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて... パタゴニアの草原を闊歩する「ガウチョ」 パタゴニアの草原を闊歩する牧童「ガウチョ」にとって、大空と草原はきっと世界そのものだ。 360度の地平線に覆いかぶさるような「空」は、天蓋というべき存在感だ。パタゴニアでは常に空の大きさを感じるほどに、あまりにも大きく、その大きさに耐えられない圧迫...
アタカマ砂漠を代表する花:パタ・デ・グアナコ... アタカマ砂漠に現れる奇跡の花園 エルニーニョ現象が出現する数年に一度わずか10日間ほど、チリのアタカマ砂漠は地平線まで花に覆われる。この奇跡のような絶景を想像できるだろうか。上空から砂漠を見下ろせば、砂漠が紫色に輝くほどだ。 世界には人智を超えたとてつもないスケールの生命の風景があり、私...
イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
南米最高峰アコンカグアへ③:オルコネス氷河から南壁の大絶壁へ... 朝日の最初の光線がアコンカグアを照らすと、黎明に浮かぶ山頂部は一瞬で橙色に燃えるように輝いた。 静かな朝だが、上空は風が強いのだろう。山頂部に雪煙が舞っている。 日の光はますます力を増して、ベースキャンプに日が差すと、水たまりの氷はみるみる融けて、気温は一気に上がっていく。 ベース...
PAGE TOP