Loading

ネパール・ヒマラヤ:トレッキング、山岳写真、ワイルドフラワー観察

ネパール:圧倒的な山岳展望と多くのトレッキング・ルート

世界最高峰エベレストを始め、8,000m峰14座の内、8座を擁するネパール・ヒマラヤは、まさに「世界の屋根」と形容されるにふさわしい国です。

エベレスト街道トレッキング

エベレスト街道は、世界最高峰エベレストを目指すトレッキング・コースです。エベレストを始め、8,000m峰を4座擁するクーンブ山群を南北に歩く、ネパールで最も山岳展望の良いルートの一つです。古都カトマンズから、小型機でヒマラヤの山麓ルクラへ。トレッキングの基点ナムチェ、そしてエベレスト・ベースキャンプへ続く、ネパール・ヒマラヤで、ヒマラヤ・トレッキングの王道とも言えるコースです。体力・経験・旅行日数に応じて、様々なプランを作れるのも魅力です。

エベレスト街道のトレッキング・シーズン

【10月~4月:乾季】
ヒマラヤ山脈を展望するベストシーズン。この時期は降雨量が極端に減ることで、ヒマラヤの懐に深く入るトレッキングに最も適した季節です。
エベレスト街道の目的地として有名なナムチェ(3,400m)より奥のエベレストBC、カラパタール、ゴーキョに行くトレッキングでは、10月・11月・3月・4月をお勧めしています。12月~2月は、ヒマラヤで最も気温の下がる真冬に当たるからです。
ナムチェ付近までの「エベレスト展望トレッキング」は、乾季10月~4月の間、トレッキングのベスト・シーズンとして催行しています。
4月は、シャクナゲも見れる季節です。

【5月~9月:雨季】
モンスーンの影響を受ける5月以降は、雨が増える雨季にあたります。この時期のエベレスト街道のトレッキングでは、ヒマラヤの展望はあまり望めませんが、ワイルド・フラワー(ブルーポピー、ランなど)を観察するにはベストな季節です。

体力・経験・日数に合わせて手配する:オーダーメイド・トレッキング

トレッキングのスタート(ゴール)となるのは、ルクラ(2,800m)です。カトマンズから小型機で約40分ほどで到着します。ルクラから、どこまで進み往復するかで、エベレスト街道のトレッキング・コースは決定します。
エベレスト街道の基点であるナムチェ(3,400m)を目指す「エベレスト展望トレッキング」は最も難易度が低く、最深部のカラパタール(5,500m、又はエベレストBC)やゴーキョ(5,300m)を目指す場合には相応の体力と時間が必要になります。
トレッキングでは、荷物は全て荷役のヤクまたはゾッキョ(牛とヤクの混血)が運びます。お客様が担ぐ荷物は、その日のトレッキングで必要な日帰り用の装備のみとなります。


【参考日数:カトマンズ発着ツアー】
弊社のトレッキング・ツアーは、国際線でカトマンズに到着した時点から現地ガイドが同行して、旅程を全て管理します。カトマンズ/ルクラの国内線は、気流の影響を大きく受けるので朝のフライトが推奨されており、フライト遅延も頻繁に起きますので、余裕を持った日程をご提案しています。

●「(ナムチェ往復)エベレスト展望トレッキング 8日間」
標高3,400mのナムチェに2連泊して、エベレストを遠望するトレッキングです。
1日目:カトマンズ泊、2日目:パクディン泊、3日目:ナムチェ泊、4日目:ナムチェ泊、5日目:ルクラ泊、6日目:カトマンズ泊、7日目:カトマンズ泊、8日目:帰国の途へ
*トレッキングは、2日目~5日目の3泊4日です。
*4日目:ナムチェ滞在日は、シャンボチェのエベレスト・ビュー・ホテルから、エベレストを遠望します。
*7日目:国内線のフライト予備日を兼ねて、「カトマンズ観光」

●「(タンボチェ往復)エベレスト展望トレッキング 8日間」
標高3,600mのタンボチェに2連泊して、エベレストを展望するトレッキングです。エベレストにさらに近づくトレッキングです。
1日目:カトマンズ泊、2日目:パクディン泊、3日目:ナムチェ泊、4日目:ナムチェ泊、5日目:タンボチェ泊、6日目:タンボチェ泊、7日目:ナムチェ泊、8日目:ルクラ泊、9日目:カトマンズ泊、10日目:カトマンズ泊、11日目:帰国の途へ。
*トレッキングは、2日目~8日目の6泊7日です。
*4日目:ナムチェ滞在日は、シャンボチェのエベレスト・ビュー・ホテルから、エベレストを遠望します。
*6日目:タンボチェ滞在日は、エベレスト展望の丘を往復します。
*10日目:国内線のフライト予備日を兼ねて、「カトマンズ観光」

●「(エベレストBC往復)カラパタール登頂トレッキング 16日間」

アンナプルナ展望トレッキング

関連ページ

雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。... 雨季・ウユニ塩湖は、“天空の鏡”と言われるほど美しい景観で有名です。 このウユニ塩湖をさらに体験するには、「塩のホテル」に宿泊するのがベストです。ウユニ塩湖の畔にある「塩のホテル」は3軒のみですので、雨季のハイシーズンは、とても混んでいます。 すでに年末年始は、完全に満室です。 そして、4月まで満...
【ウユニ塩湖】「塩のホテル」の残室状況(2/18&2/19)... 雨季のウユニ塩湖は、ハイ・シーズンにあたります。特に12月末~3月までは、3軒の「塩のホテル」は、軒並み満室な状態です。 そんな中、キャンセルが発生したりすると空きが発生することもあります。 今、残室が発生しているのが、大変ピンポイントですが、2/18と2/19です。 2連泊で、1室空きがあります。...
アルゼンチンの国民的な音楽:タンゴの世界... ブエノスアイレスに生まれた場末の音楽「タンゴ」 アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの港町ボカ地区で、1870年代に生まれたのがアルゼンチン・タンゴです。 当時のブエノスアイレスは農作物の輸出で繁栄を極め、大草原パンパにヨーロッパのパリを模倣するような大都市が出現します。ヨーロッパの人々から見...
まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)... 雨季(12~3月)のウユニ塩湖は、大盛況で「塩のホテル」がすでに非常に混み合っております。 一刻も早い予約が必要な状況です。 ウユニ塩湖の魅力は、雨季だけではありません。「乾季・ウユニ塩湖」も、ものすごい魅力的です。 冠水していな真っ白な大平原となるので、ウユニ塩湖を横断できるのが魅力です。 世界...
ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方... 水晶の白砂漠を歩き、地平線を目指す 1年の中でわずか2ヵ月ほどの期間、レンソイス砂漠は約2万個とも言われる湖で覆われます。 白砂の砂漠は水晶から成ることから、その砂はとても微細に白く輝きます。 この砂地に水が溜まる時、深さや砂地の微妙な成分の匙加減の違いから、青や緑、そして赤まで、一つ...
フィッツロイ峰の山岳写真:撮影の手配に特化するプラン... パタゴニアで、フィッツロイやパイネの山岳写真を撮るには、“世界で最もうつろいやすい天候”が大きく影響してきます。 トレッキングの行程重視の内容では、その天候を前に、どうしても撮り逃す場面が大きく出てきます。要所要所で腰を据えて取り組む時間が必要となってくるでしょう。 要所でじっくり腰を据えな...
PAGE TOP