Loading

ネパール・ヒマラヤ:トレッキング、山岳写真、ワイルドフラワー観察

ネパール:圧倒的な山岳展望と多くのトレッキング・ルート

世界最高峰エベレストを始め、8,000m峰14座の内、8座を擁するネパール・ヒマラヤは、まさに「世界の屋根」と形容されるにふさわしい国です。

エベレスト街道トレッキング

エベレスト街道は、世界最高峰エベレストを目指すトレッキング・コースです。エベレストを始め、8,000m峰を4座擁するクーンブ山群を南北に歩く、ネパールで最も山岳展望の良いルートの一つです。古都カトマンズから、小型機でヒマラヤの山麓ルクラへ。トレッキングの基点ナムチェ、そしてエベレスト・ベースキャンプへ続く、ネパール・ヒマラヤで、ヒマラヤ・トレッキングの王道とも言えるコースです。体力・経験・旅行日数に応じて、様々なプランを作れるのも魅力です。

エベレスト街道のトレッキング・シーズン

【10月~4月:乾季】
ヒマラヤ山脈を展望するベストシーズン。この時期は降雨量が極端に減ることで、ヒマラヤの懐に深く入るトレッキングに最も適した季節です。
エベレスト街道の目的地として有名なナムチェ(3,400m)より奥のエベレストBC、カラパタール、ゴーキョに行くトレッキングでは、10月・11月・3月・4月をお勧めしています。12月~2月は、ヒマラヤで最も気温の下がる真冬に当たるからです。
ナムチェ付近までの「エベレスト展望トレッキング」は、乾季10月~4月の間、トレッキングのベスト・シーズンとして催行しています。
4月は、シャクナゲも見れる季節です。

【5月~9月:雨季】
モンスーンの影響を受ける5月以降は、雨が増える雨季にあたります。この時期のエベレスト街道のトレッキングでは、ヒマラヤの展望はあまり望めませんが、ワイルド・フラワー(ブルーポピー、ランなど)を観察するにはベストな季節です。

体力・経験・日数に合わせて手配する:オーダーメイド・トレッキング

トレッキングのスタート(ゴール)となるのは、ルクラ(2,800m)です。カトマンズから小型機で約40分ほどで到着します。ルクラから、どこまで進み往復するかで、エベレスト街道のトレッキング・コースは決定します。
エベレスト街道の基点であるナムチェ(3,400m)を目指す「エベレスト展望トレッキング」は最も難易度が低く、最深部のカラパタール(5,500m、又はエベレストBC)やゴーキョ(5,300m)を目指す場合には相応の体力と時間が必要になります。
トレッキングでは、荷物は全て荷役のヤクまたはゾッキョ(牛とヤクの混血)が運びます。お客様が担ぐ荷物は、その日のトレッキングで必要な日帰り用の装備のみとなります。


【参考日数:カトマンズ発着ツアー】
弊社のトレッキング・ツアーは、国際線でカトマンズに到着した時点から現地ガイドが同行して、旅程を全て管理します。カトマンズ/ルクラの国内線は、気流の影響を大きく受けるので朝のフライトが推奨されており、フライト遅延も頻繁に起きますので、余裕を持った日程をご提案しています。

●「(ナムチェ往復)エベレスト展望トレッキング 8日間」
標高3,400mのナムチェに2連泊して、エベレストを遠望するトレッキングです。
1日目:カトマンズ泊、2日目:パクディン泊、3日目:ナムチェ泊、4日目:ナムチェ泊、5日目:ルクラ泊、6日目:カトマンズ泊、7日目:カトマンズ泊、8日目:帰国の途へ
*トレッキングは、2日目~5日目の3泊4日です。
*4日目:ナムチェ滞在日は、シャンボチェのエベレスト・ビュー・ホテルから、エベレストを遠望します。
*7日目:国内線のフライト予備日を兼ねて、「カトマンズ観光」

●「(タンボチェ往復)エベレスト展望トレッキング 8日間」
標高3,600mのタンボチェに2連泊して、エベレストを展望するトレッキングです。エベレストにさらに近づくトレッキングです。
1日目:カトマンズ泊、2日目:パクディン泊、3日目:ナムチェ泊、4日目:ナムチェ泊、5日目:タンボチェ泊、6日目:タンボチェ泊、7日目:ナムチェ泊、8日目:ルクラ泊、9日目:カトマンズ泊、10日目:カトマンズ泊、11日目:帰国の途へ。
*トレッキングは、2日目~8日目の6泊7日です。
*4日目:ナムチェ滞在日は、シャンボチェのエベレスト・ビュー・ホテルから、エベレストを遠望します。
*6日目:タンボチェ滞在日は、エベレスト展望の丘を往復します。
*10日目:国内線のフライト予備日を兼ねて、「カトマンズ観光」

●「(エベレストBC往復)カラパタール登頂トレッキング 16日間」

アンナプルナ展望トレッキング

関連ページ

広大なパイネ国立公園で、効率的に撮影対象を廻るには... チリ・パタゴニアの「パイネ国立公園」の魅力は広大な面積にあり、同時に悩みどころも、その広さにあります。 基点の町プエルト・ナタレスからも約3時間以上は離れているので、できればパイネ国立公園内のロッジに宿泊して、何日か滞在したいものです。 パイネ山群の全景を展望できれば良いとするか、それとも、...
パタゴニア・フィッツロイ峰を車道から望む撮影ベストポイント... パタゴニアの名峰・フィッツロイほど、人の心に焼き付くような山は、世界にもそう多くはないでしょう。 フィッツロイ峰が見せてくれる展望は、基点の町カラファテを出てすぐに始まります。 遠く地平線の彼方にフィッツロイが現れると、約3時間ほどの移動ではチラチラと視界に出たり入ったりしながら、徐々に...
アンデス高原鉄道① 古都クスコから天空のチチカカ湖へ... チベットの西蔵鉄道に次いで、世界で二番目に標高の高い鉄道「アンディアン・エクスプローラー号」は、ペルーの古都クスコとチチカカ湖畔のプーノを繋ぐ豪華鉄道だ。 正確に説明すると、世界で二番目にカウントされる根拠は、最高地点・ラヤ峠が4,320mを通過するからだ。ボリビアやアルゼンチンにも高原鉄...
フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①... チャルテン村の北・約20kmほど、コンドル湖の畔に「エコ・ロッジ」という宿があります。周囲には、南極ブナの原生林が広がり、風と川の音だけが聞こえるような自然にどっぷりと浸かれる場所です。 ロッジは、宿泊施設も含めて全てログハウスです。本館は豪華に大木が使われていて、天井も高く居心地が良いです。...
パタゴニア:金色に輝くコイロンの大草原パンパ... パタゴニアの歴史を一変させたイネ科の草・コイロンは、太陽の光線が斜光の時には、大草原に金色にシルエットが浮かび上がり、ちょっとした演出をしてくれます。 まるで草原全体が金色の絨毯のようになるのです。 フィッツロイ山麓に広がる草原を縦断する40号線を走っていると、コイロンを食む無数のグアナ...
ブラジル料理の定番:絶品のシュラスコ... ブラジルの食の名物「シュラスコ」は、牛肉をメインとした焼肉料理です。巨大な鉄の串に荒塩をふって焼いた焼肉で、様々な部位が供されます。日本でイメージするBBQと較べると、シュラスコは遥かに奥深い料理です。 シュラスコの専門店では、ウェイターが巨大な鉄の串に刺した部位ごとの焼肉と、やはり巨大なナイ...
PAGE TOP