Loading

ネパール・ヒマラヤ:トレッキング、山岳写真、ワイルドフラワー観察

ネパール:圧倒的な山岳展望と多くのトレッキング・ルート

世界最高峰エベレストを始め、8,000m峰14座の内、8座を擁するネパール・ヒマラヤは、まさに「世界の屋根」と形容されるにふさわしい国です。

エベレスト街道トレッキング

エベレスト街道は、世界最高峰エベレストを目指すトレッキング・コースです。エベレストを始め、8,000m峰を4座擁するクーンブ山群を南北に歩く、ネパールで最も山岳展望の良いルートの一つです。古都カトマンズから、小型機でヒマラヤの山麓ルクラへ。トレッキングの基点ナムチェ、そしてエベレスト・ベースキャンプへ続く、ネパール・ヒマラヤで、ヒマラヤ・トレッキングの王道とも言えるコースです。体力・経験・旅行日数に応じて、様々なプランを作れるのも魅力です。

エベレスト街道のトレッキング・シーズン

【10月~4月:乾季】
ヒマラヤ山脈を展望するベストシーズン。この時期は降雨量が極端に減ることで、ヒマラヤの懐に深く入るトレッキングに最も適した季節です。
エベレスト街道の目的地として有名なナムチェ(3,400m)より奥のエベレストBC、カラパタール、ゴーキョに行くトレッキングでは、10月・11月・3月・4月をお勧めしています。12月~2月は、ヒマラヤで最も気温の下がる真冬に当たるからです。
ナムチェ付近までの「エベレスト展望トレッキング」は、乾季10月~4月の間、トレッキングのベスト・シーズンとして催行しています。
4月は、シャクナゲも見れる季節です。

【5月~9月:雨季】
モンスーンの影響を受ける5月以降は、雨が増える雨季にあたります。この時期のエベレスト街道のトレッキングでは、ヒマラヤの展望はあまり望めませんが、ワイルド・フラワー(ブルーポピー、ランなど)を観察するにはベストな季節です。

体力・経験・日数に合わせて手配する:オーダーメイド・トレッキング

トレッキングのスタート(ゴール)となるのは、ルクラ(2,800m)です。カトマンズから小型機で約40分ほどで到着します。ルクラから、どこまで進み往復するかで、エベレスト街道のトレッキング・コースは決定します。
エベレスト街道の基点であるナムチェ(3,400m)を目指す「エベレスト展望トレッキング」は最も難易度が低く、最深部のカラパタール(5,500m、又はエベレストBC)やゴーキョ(5,300m)を目指す場合には相応の体力と時間が必要になります。
トレッキングでは、荷物は全て荷役のヤクまたはゾッキョ(牛とヤクの混血)が運びます。お客様が担ぐ荷物は、その日のトレッキングで必要な日帰り用の装備のみとなります。


【参考日数:カトマンズ発着ツアー】
弊社のトレッキング・ツアーは、国際線でカトマンズに到着した時点から現地ガイドが同行して、旅程を全て管理します。カトマンズ/ルクラの国内線は、気流の影響を大きく受けるので朝のフライトが推奨されており、フライト遅延も頻繁に起きますので、余裕を持った日程をご提案しています。

●「(ナムチェ往復)エベレスト展望トレッキング 8日間」
標高3,400mのナムチェに2連泊して、エベレストを遠望するトレッキングです。
1日目:カトマンズ泊、2日目:パクディン泊、3日目:ナムチェ泊、4日目:ナムチェ泊、5日目:ルクラ泊、6日目:カトマンズ泊、7日目:カトマンズ泊、8日目:帰国の途へ
*トレッキングは、2日目~5日目の3泊4日です。
*4日目:ナムチェ滞在日は、シャンボチェのエベレスト・ビュー・ホテルから、エベレストを遠望します。
*7日目:国内線のフライト予備日を兼ねて、「カトマンズ観光」

●「(タンボチェ往復)エベレスト展望トレッキング 8日間」
標高3,600mのタンボチェに2連泊して、エベレストを展望するトレッキングです。エベレストにさらに近づくトレッキングです。
1日目:カトマンズ泊、2日目:パクディン泊、3日目:ナムチェ泊、4日目:ナムチェ泊、5日目:タンボチェ泊、6日目:タンボチェ泊、7日目:ナムチェ泊、8日目:ルクラ泊、9日目:カトマンズ泊、10日目:カトマンズ泊、11日目:帰国の途へ。
*トレッキングは、2日目~8日目の6泊7日です。
*4日目:ナムチェ滞在日は、シャンボチェのエベレスト・ビュー・ホテルから、エベレストを遠望します。
*6日目:タンボチェ滞在日は、エベレスト展望の丘を往復します。
*10日目:国内線のフライト予備日を兼ねて、「カトマンズ観光」

●「(エベレストBC往復)カラパタール登頂トレッキング 16日間」

アンナプルナ展望トレッキング

関連ページ

フィッツロイ北面を望むコンドル湖のロッジにて②... 「エコロッジ」の宿泊施設は、シャレー利用(1軒2名利用)です。 数棟のシャレーがあるだけですので、周囲の広大な自然を独り占めするように贅沢な環境です。 チリ側のアンデス山脈西部からの湿った空気の影響を受けるので、森は深く、天候の変化もより激しい地域です。 コンドル湖からさらに北へ40分ほど...
インカの天然染料:ウチワサボテンの虫、コチニージャ... インカ帝国末裔のケチュア族・アイマラ族は、色彩豊かな民族衣装をまといます。 鮮やかな色の元は、もちろんかつては全て天然でした。 たとえば、サボテンに付く虫・コチニージャ(コチニール・カイガラムシ)からは、“赤”の染料が取れます。 ウチワ・サボテンが白くなっている場所をよく見ると...
ボリビア・レアル山群のソラタ村とイヤンプー峰... ボリビア「帝王の山脈」:レアル山群 ボリビアの高原地帯アルティプラーノとアマゾンの間、東西にボリビア仕切る屏風のようにレアル山群の山々がずらりと並びます。 そのレアル山群の山中で、山脈を望む絶景のソラタ村を目指します。 レアル山群は、「インカの王様の山脈」=帝王の山脈という意味です。 ...
クッションような灌木が花で覆われる:マタ... その姿がクッションのように見える灌木を、パタゴニアでは「マタ」と呼ぶ。 スペイン語で“灌木”という意味だ。 ノトロと同じく、氷河が後退した荒地に最初に生える植物だ。 マタ・グアナコは、まだ残雪が残る初春に、真紅の花を無数につける。 マタ・バロッサは、春から夏にかけて、黄色い花をつける...
ペルー料理の原点:アンデスの神聖な料理「パチャマンカ」③... パチャマンカの完成 大地の窯で調理した「パチャマンカ」で、いよいよランチです。 バジルのような雰囲気の緑のソース「ワカタイ」で調理した鶏肉・牛肉・ニジマスは、見かけと違い繊細で美味そのもの。 各種お芋とソラマメを食べると、完食できないほどのボリュームです。 サラダも手が込んで...
「塩の大平原」乾季・ウユニ塩湖の魅力とグランピング... 岐阜県と同じ面積のウユニ塩湖 世界一巨大な塩湖・ウユニ塩湖の広さを日本でたとえると、その面積は岐阜県とほぼ同じです。標高3700mのアンデスの高原で、これほど大きな塩の塊があることを想像するのが難しい途方もないスケールです。 ウユニ塩湖の悠久の成り立ち ウユニ塩湖は、かつて海の底でした。悠...
PAGE TOP