Loading

ブラジル・レンソイス旅行&トレッキング:水晶の白い砂漠を歩く

レンソイス・マラニャンセス国立公園

「レンソイス」ブログ記事集

ポルトガル語で「マラニャン州のシーツ」を意味するレンソイス・マラニャンセス国立公園は、約15万ヘクタールにわたり真っ白な砂丘が広がる砂漠です。砂が石英でできていることから真っ白に見えます。
この砂の出所は、レンソイス砂漠から100キロほど南のパルナイーバ川です。上流から流されてきた土砂の中に、石英(水晶)が含まれています。土砂は数万年の年月をかけて波にもまれながら、まるく削られて石英(水晶)だけが残ります。北西に向かう沿岸流に少しずつ流されながら、レンソイス砂漠に面した海岸に辿りつきます。
こうしてレンソイスの海岸に打ち上げられた砂は、大西洋からの強風により、内陸へ内陸へと吹き飛ばされて行きます。気の遠くなるような時間の流れと、川や海流や風の絶妙なバランスにより、レンソイスに白砂が供給されています。
1~6月、砂漠にも雨季が訪れます。半年の乾季の間に乾ききった砂漠の地中に、水がじわじわと染み込んで行きます。
湖が出現するのは、6~9月のわずか3ヶ月ほどです。雨季の最後~乾季の初めにかけて、地中に染み込んでいた水が満水となり、地表に染み出してきます。こうして砂漠の窪みに現れるのが、多い時には約2万個とも言われるレンソイスの湖です。
乾季が進んでいくと、少しずつ水位は下がり、やがて消失していきます。
10月から水はひき始めて枯れてしまいますが、魚やカメや植物が生息しています。乾季の間、どのように動植物が生息するのかは、いまだ謎に包まれています。
レンソイスの東側にあるプレギサス川の小レンソイスを訪れると、砂は黄色く、白いレンソイスとは明らかに色が違うことに驚きます。

レンソイスの楽しみ方
●半日・レンソイス観光・・・混載ツアー<午後に催行>
●終日・レンソイス 軽ハイキング・・・専属ガイド・専用車・砂漠の郷土料理つき
●2泊3日・レンソイス縦走トレッキング・・・専属ガイド・砂漠の郷土料理・宿泊ロッジ込み

レンソイス観光

半日・レンソイス日帰り観光・・・混載ツアー<催行:午後のみ>
バレリーニャスを基点に日帰りで、レンソイスを散策する一般的なプランです。
通常は、「半日・混載ツアー」で、14:00~18:00の半日観光に参加します。砂漠での滞在時間は2時間ほどです。

小レンソイス
バヘリーニャスから、終日・混載ツアーにて、小レンソイスを観光します。大レンソイスとは少し色の異なる小レンソイスを始め、サルや野鳥の観察(運が良ければ)、大レンソイスと小レンソイスの両方を望めるマンダカルー灯台、そして大西洋岸での食事などをお楽しみいただきます。
※混載ツアーでは、9:00~15:00の終日ツアーでの催行です。
※レンソイス縦走トレッキングでは、帰路に立ち寄ります。

レンソイス1日ハイキング

終日・レンソイス軽ハイキング…専属ガイド・専用車・砂漠の郷土料理
午前中はラグーナ・アスール周囲を散策、昼食は民家で郷土料理を食べて、午後はラグーナ・ボニータへ歩きに行きます。夕刻はなるべく日没の時間まで滞在する、レンソイスを丸一日楽しむツアーです。
※バヘリーニャス~レンソイスは、砂地の悪路が約1時間続きます。2日間で2回の往復はお勧めいたしません。

縦走トレッキング

日帰り観光で往復するのが一般的ですが、山歩きに慣れている方には、ロッジ泊・テント泊をお勧めします。
※難易度は高くはありませんが、山歩きやテント泊の経験は必要です。

①ロッジ3泊:レンソイス縦断トレッキング
②ロッジ1泊・テント1泊:レンソイス縦断トレッキング

世界でも稀な異景の中で、すれ違う人もない無人の砂漠を歩く。これほどの贅沢はここでしか体験できないでしょう。トレッキング終了後には、ボートでプレギサス川を遡りバヘリーニャスへ。途中、小レンソイス観光も行います。

現地トレッキング・ガイドから、トレッキングの細部まで弊社が手配することで、安全なトレッキングを楽しめます。

※レンソイス砂漠で、キャンプができるのは、国立公園から指定された特定業者のみです。
グループのお客様には、日本から添乗員が同行して、砂漠トレッキングをご案内可能です。
また、個人旅行では2名様から、トレッキングの包括手配をいたします。

レンソイス遊覧飛行

バヘリーニャスから、往復約50分の遊覧飛行です。

関連ページ

ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物... もう一つの赤い実といえば、ツツジ科のガンコウランの一種“ムルティージャ”だ。 チャウラよりも小粒の実は、地面に這うようにびっしりと赤黒く実っているので、とても目立つのだ。 この実は食べるのは可能だが、パタゴニアでは一般的には食べられていない。 森の外れの陽当たりの良い場所を好み、強風に適応...
外国人を連れて富士山の頂へ:インバウンド... 先月中旬、チリから来日した友人を連れて、富士山へ。 日本を象徴する山ということもあり、国籍を問わず誰でも一回は登りたい山です。 そんなことで、2年に一度ほどのペースで、富士山には誰かを連れて来る機会に恵まれています。 この友人はエコツアーの専門的な研究をしているガイドなので、日本の...
フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア... フィッツロイの展望は近いほどに迫力があるのだが、遠望には遠望の魅力がある セロトーレとフィッツロイの両方を望むために、山麓から少し離れた草原で、じっくりと朝焼けを望むのも至福の瞬間だ。 ...
セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア... 未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。 湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。 フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。 日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間...
パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)... 暴風が吹き荒れるパタゴニアでは、無風で快晴という日は、月で数回だけだろう。 特に、パイネ山群の名峰グランデには、雲が張り付いていることが多い。 雲一つないパイネ山群の針峰群を見れたなら、それはとても運の良いことだ。 ペオエ湖畔のロッジ、オステリア・ペオエは抜群の展望を誇る。 ...
ペルー・インカ帝国の中枢:“聖なる泉”タンボマチャイ遺跡... “聖なる泉”タンボマチャイ遺跡 ペルー・インカ帝国の都クスコの周辺には、インカ文明の中枢を象徴するような遺跡がいくつもあります。 クスコ近郊で、「聖なる泉」として知られる遺跡・タンボマチャイは、サクサイワマン遺跡からさらに丘を少し登る標高3800mの遺跡です。 この泉は、インカ時代から...
PAGE TOP