Loading

《ブラジル旅行 TOP》イグアスの滝、パンタナール、アマゾン、シャパーダ

ブラジル:地理と気候

南米大陸の約半分を占めるブラジルの面積は約23倍です。気候区分は、地域によって大きく異なります。簡単には、中西部にはパンタナール湿原や大草原が広がる平地が多く、北部はアマゾン川の流域の人跡未踏の熱帯地域です。

◆レンソイス
1~6月の雨季に砂漠にしみ込んだ水が、乾季のはじめ(7~8月)に湧き出すことで、無数の湖が現れます。9月から水はひき始めて枯れてしまいますが、魚やカメや植物が生息しています。乾季の間、どのように動植物が生息するのかは、いまだ謎に包まれています。ベストシーズンは、7~8月です。9月からは徐々に湖は枯れていき、10月には完全に干上がって砂漠となります。

◆アマゾン川流域(マナウス)
赤道直下に位置するため年間を通して雨が多く高温多湿な地域です。雨季は12~5月、乾季は6~11月にあたります。3~7月には、アマゾン川は最高水位に達します。水位の高い時期は、ボートでジャングル奥地に入り込み、ジャングルで野鳥を簡単に観察できます。水位の低い時期は野生動物の観察に適し、ジャングル・ハイキングや釣りに適した時期になります。

◆パンタナール湿原
雨季と乾季の2つのシーズンに分かれます。雨季は12~3月にあたり、乾季は5~9月にあたります。最も水位が高いのは、雨季が終わり、乾季の始めの時期、5~6月です。雨季と乾季の水位は2mほどの差があり、最高水位時には高台の丘が島のように点在して浮かびます。
ベストシーズンは、7~10月の水位が下がり始める時期です。数が少なくなる沼や川に動物が集まるために、野生動物の観察が容易になります。8月にはブラジルを象徴する花、イッペーが一斉に黄色い花を咲かせます。

イグアスの滝

全長4km、高さ80mの滝が広がるイグアスの滝は、世界三大瀑布の中で最も大きな滝です。この壮大な滝は、アルゼンチン側とブラジル側で、展望台が分かれます。ブラジル側の展望台の良さは、イグアスの滝を俯瞰するように全体を見ることができることです。
アルゼンチン側では、滝に近づいて見学できるので、滝の麓に長いハイキング・トレイルが続きます。その中でも、滝つぼ「悪魔の喉笛」は必ず行きたい場所です。

ブラジル側
イグアスの滝の全体を望むには、ブラジル側がお勧めです。滝を展望するコースは2時間ほどで満足するでしょう。滝のすぐ近くに宿泊するには、5星のベルモンド・ダスカタラタス・ホテルが有名で、半年前から満室になるほどの人気です。
観光の他に、オプショナルツアーとして、ヘリコプター遊覧観光やジェットボート観光も可能です。

アルゼンチン側
広大な敷地で様々な角度からイグアスの滝を望みます。特に、イグアスの滝の核心部である滝つぼ「悪魔の喉笛」はアルゼンチン側の名所です。約3~5時間ほどかけて、滝をいろいろな角度で望みます。ジェットボート観光とセットに、丸一日をイグアスで過ごす終日観光がお勧めです

「イグアスの滝」ブログ関連記事集

モデルプラン

<イグアスの滝 2日間>
1日目:
ブエノスアイレス発。国内線でイグアスへ。
「終日イグアスの滝観光」
国境を越えて、ブラジルのフォス・イグアスへ。
フォス・ド・イグアス泊

2日目:
「半日イグアスの滝観光」
国内線でサンパウロ、またはリオデジャネイロへ

パンタナール大湿原

世界有数の大湿原のパンタナールは、標高100m前後の盆地状に低地に位置します。面積は、日本の本州ほどの大きさです。盆地状の地形に、雨季には大量の水が流れ込むことから、乾季の始めの時期には巨大な氾濫原となります。希少な野生動物の宝庫として有名な地域です。約80種の哺乳類、約50種の爬虫類、約650種の鳥類、約250種の魚類が確認されています。パンタナールを代表する野生動物は、カピバラ、バク、アリクイ、カイマン、アナコンダ、オマキザル、ジャガー(希少動物)、オオハシ、ヘラサギ、スミレコンゴウインコです。乾季の始めには多数の野生動物を観察できます。
パンタナールは北部・南部の2つに分かれ、北部パンタナールの基点はクイアバ、南部パンタナールの基点はカンポ・グランジです。

北部パンタナール:クイアバ発着「エコ・ロッジ滞在」

クイアバから約4時間かけて、湿原の中のロッジへ移動します。ロッジに3連泊して、周辺の野生動物を観察します。その時期に合わせて各アクティビティに専属ガイドがご案内します。アクティビティは、ハイキング、カヌー、4WDツーリング、ナイト・サファリ、ピラニア釣り、乗馬などがあります。各アクティビティはお客様のご希望を基に、当日の気象条件によって専属ガイドが決定します。

【モデルプラン:クイアバ(北パンタナール)発着】
1日目:クイアバ空港到着後、ガイドがお出迎え。
   専用車にて、北パンタナールのエコロッジへ向かいます。(所要約4時間)
   ※空港より時間に合わせた送迎バスのため、空港にてお待ちいただくこともあります。
到着後、ホテルへチェックイン。夕食のお時間まで自由行動。

2日目:ホテルが催行するエコツアーに参加。※内容は現地ホテルにて決定いたします。
   ※2,3日目のエコツアーは現地にて決定するため、事前に分かりかねます。乗馬、ボート観光、サンセットツアー、サファリツアーなど。

3日目:ホテルが催行するエコツアーに参加。※内容は現地ホテルにて決定いたします。

4日目:専用車にて、クイアバ空港へ(所要約4時間)

南部パンタナール:カンポ・グランジ発着「エコロッジ滞在」

カンポ・グランジから最も近いジャングルロッジは約3時間で着きますが、最も奥深いコルンバ周辺には片道6時間かかります。
【モデルプラン:カンピグランジ(南パンタナール)発着】
1日目:カンポグランジ空港到着後、ガイドと合流。
   ロッジの専用車で、南パンタナールのエコロッジへ向かいます。(所要約4時間)
   到着後、ホテルへチェックイン。

2日目:ホテルが催行するエコツアーに参加。※内容は現地ホテルに到着後にリクエストしていただきます。
   ※2,3日目のエコツアーは当日の参加者の希望も含めて決定するため、事前リクエストはあくまで希望のみです。乗馬、ボート観光、サンセットツアー、サファリツアーなど。

3日目:エコロッジが催行するエコツアーに参加。※内容は前日の夜に決定いたします。

4日目:専用車にて、カンポグランジ空港へ(所要約4時間)

ボニート(南パンタナール)

パンタナール南端のボニートは清流でシュノーケルをすることで有名です。美しい鍾乳洞などを観光します

ブラジルの秘境「シャパーダ・ジアマンチーナ国立公園」

ブラジル北東部のサルバドールを起点として、内陸の「シャパーダ・ジアマンチーナ国立公園」は、まるでギアナ高地のようなテーブルマウンテンが林立するブラジルの秘境です。広大なテーブルマウンテンが連なる国立公園で、山上からの大展望を楽しみ、青の洞窟や壮大な滝を訪れます。
「ダイヤモンドの台地」を意味する「シャパーダ・ジアマンチーナはかつてダイヤの鉱山として栄えた地域です。ギアナ高地に似た古い歴史を持つ大地で、何億年もかけて風化した独特の景観が広がります。・サルバドール/シャパーダ・ジアマンチーナ間は専用車で移動します。ガイドはシャパーダ・ジアマンティーナで合流します。
<ツアー適期>4月~10月
<モデルプラン>「シャパーダ・ジアマンチーナ国立公園」6日間

●「パイ・イナーシオの丘」
テーブルマウンテンを展望する「シャパーダ・ジアマンチーナ」を代表する展望台「パイ・イナーシオの丘」へご案内します。ジャングルに連なるテーブルマウンテンを望める壮大な展望台です。

●青の泉・魔法の泉
石灰岩から成るテーブルマウンテンの山麓には、いくつもの洞窟があります。白い岩に透明度の高い水が浸水することで、光が差し込むと美しい青の泉が現れるでしょう。
幻想的な洞窟の中で、シュノーケリング体験も可能です。

●ブラカオの滝ハイキング
シャパーダ・ジアマンティーナで最も美しいともいわれるブラカノの滝を、往復約4時間でハイキングします。

ブラジルの秘境「シャパーダ・ジアマンチーナ国立公園」6日間

・サルバドール/シャパーダ・ジアマンチーナ間は専用車で移動します。ガイドはシャパーダ・ジアマンティーナで合流します。
・ツアー適期:4月~10月

<日程表>
1日目: →サンパウロ、またはリオデジャネイロ経由→サルバドール
サルバドール着。
《現地発着ツアー開始》
専用車にてホテルへ。
(食事/-)
サルバドール泊

2日目: サルバドール→レンソイス
専用車で、レンソイスへ。(所要約6時間)
※上記の「レンソイス」は有名なレンソイス砂漠とは異なる町名ですのでご注意ください。
(食事/朝・昼・-)
レンソイス泊

3日目: レンソイス→シャパーダ・ジアマンティニ国立公園→レンソイス
「終日シャパーダ・ジアマンティニ国立公園&ハイキング」
美しい鍾乳洞のラパ・ドセ洞窟へ。透明度の高い天然のプールにて、シュノーケリングも可能です。その後、タンニンで赤黒く染まる湖や、落差約20mのポコ・ド・ディア滝へ。午後、テーブルマウンテンが連なる展望の丘「パイ・イナシオの丘」へハイキングします(徒歩約2時間)。丘の上からはテーブルマウンテンを望む展望をお楽しみください。
(食事/朝・昼・-)
レンソイス泊

4日目: レンソイス→エンカンタード湖→ムクゲ
「魔法の泉&青の泉 観光」
 美しい泉を可能します。「青の泉」ではシュノーケリングで楽しみましょう
(食事/朝・昼・-)
 ムクゲ泊

5日目: ムクゲ→ブラカオの滝→ムクゲ
 「ブラカオの滝 終日ハイキング」
落差100mのブラカオの滝は、シャパーダ・ジアマンティニで最も美しいともいわれます。徒歩約4時間のハイキングを楽しみます。
(食事/朝・昼・-)
ムクゲ泊

6日目: ムクゲ→サルバドール
専用車でサルバドールへ。(所要約6時間)
※夕刻発の国内線に接続可能です。
(食事/朝・-)

アマゾン:マナウス

◆アマゾン川
世界最大の流域面積を誇るアマゾン川は、世界最大の熱帯雨林を保有する貴重な原生自然が広がる地域です。ジャングルには今も未開のインディオが生活をします。雨季には水位が平均8m上昇し、陸地が極端に少なくなります。ジャングルを歩行するには困難が多く、アマゾン流域では船が重要な交通手段となっています。

◆マナウス
20世紀初頭に天然ゴムの「ゴム景気」により繁栄したマナウスは、今も当時の雰囲気を残します。市内には、パリのオペラ座を模したアマゾナス劇場は、当時の繁栄の象徴となっています。日系の移民がマナウス周辺のゴム産業や農業で果たした功績は大きく、ブラジル社会に根付く礎となりました。活気のある市場では、アマゾン川産の様々な魚やフルーツを見ることができます。アマゾン観光の基点となる町です。

◆二河川合流地点
マナウスの港からボートで数キロの地点で、ネグロ川とソリモインス川が合流しています。この2河川が合流する所から、アマゾン川となります。ネグロ川の水はジャングルのタンニンで赤黒く透明で、ソリモインス川の水はアンデス山脈の雪解けの土砂で濁っています。この2つの色の違う川は、数キロにわたり、色が混じりあわずに流れています。

◆ジャングルロッジ滞在、またはアマゾン・クルーズ
マナウスから、クルーズ船に乗り、ジャングル・ロッジへ移動します。ジャングル・ロッジでは、専属ガイド(英語)が、ピラニア釣り、ハイキング、ボート・ツアー、サンセット・ツアー、ナイト・サファリなどにご案内します。3~4日間滞在するプランから、さらに長く滞在するプランも可能です。滞在期間が長い方が奥地のロッジに行けるので、野生動物観察のチャンスは大きくなります。

◆アマゾナス劇場
19世紀後半のゴム生産のブームに伴い、ヨーロッパから大量の富が流入しました。1896年に建築された「アマゾナス劇場」は、豪奢な作りのオペラハウスです。

リオ・デ・ジャネイロ

旅の最後にリオ・デ・ジャネイロで滞在するのもお勧めです。イパネマ海岸沿いのホテルで優雅に一日を過ごしたり、キリストの像で有名なコルコバードの丘やリオ・デ・ジャネイロのシンボルである巨岩ポン・ジ・アスーカルを観光したり、都会でありながらゆったりと落ち着ける町です。
治安の悪さというイメージはありますが、観光客が滞在するイパネマ地区などの海岸地区は、観光警察により安全です。基本的な外国での安全に対する認識があれば、夜間の出入りにも問題はないでしょう。
居心地の大変良い場所で、一泊だけの滞在では大半の方が数泊したくなる場所です。
リオ独特の過ごしやすい空気感の一つが、砂糖パン(ポン・ジ・アスーカル)の名前で親しまれる花崗岩の巨岩です。これらの巨岩がリオ周辺にはたくさんあることで、独特の景観だけではなく空気も換えてしまうほどの影響を与えている気がしてなりません。 ブラジルの人懐こい人々の雰囲気、そしてリオが作り出す居心地の良い空気はぜひ味わっていただきたいものです。

弊社でご用意するホテルは、コパカバーナ、またはイパネマ地区で非常に居心地の良い4星ホテルを多数用意しています。

●リオ・デ・ジャネイロ観光
・コルコバードの丘
・コパカバーナ、イパネマ散策
・ブラジル料理
・メトロポリタン大聖堂
・旧市街散策
弊社の手配では、これらの地域を半日観光・または終日観光を手配します。

●ハイキング:リオ・デ・ジャネイロ海岸トレイル
リオデジャネイロは、ポン・ジ・アスーカル(砂糖パンの岩)に代表されるような花崗岩の奇岩が無数にあり、湾もまた多くあります。
リオ周辺には、海岸部のビーチや山にいくつものトレイルがあり、ハイキング可能です。
徒歩約3時間ほどの軽ハイキングから、徒歩約8時間のハイキングまで体力に合わせて手配可能です。※専属ガイド同行ツアー

関連ページ

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ... アンデス高原鉄道のアンディアンエクスプローラ号にて。 展望車両で景色を眺めていると、民族音楽(フォルクローレ)の楽団が音楽を奏で始めた。ケーナとチャランゴの音色は、どこか哀愁を漂わせていて、アンデスの高原(アルティプラーノ)の風景にピッタリと合う。 音楽と風景の不可分の関係性を、フォルク...
サンマルティン湖の牧童・ガウチョ(パタゴニア)... 延々と続く草原の彼方へ、土埃を濛々と上げて進む パタゴニアでは何時間も同じ景色が続く。 24時間移動しても景色が全く同じであったりする それくらい、パタゴニアは、南米大陸は、とてもつもなく広い。 サンマルティン湖の西の外れ、コンドル牧場(エスタンシア・コンドル)では、牧童(ガ...
レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)... レンソイス砂漠に現れる2万個の湖 最大で2万個とも言われるブラジル・レンソイスの湖は、全ての湖の色が異なります。 セスナ機で空から見ると同じ色の湖が延々と連なるように見えますが、実際に砂漠の目線で見れば、緑から黄土色、赤まで、さらに細かい色彩の変化は無限とも言えるほど多彩。 その時...
ペルー・インカトレイル・トレッキングとウルバンバ谷滞在 7日間... 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間」 2017年ゴールデンウイーク企画「インカの古道と信仰の山を歩く 7日間 ~インカトレイル、マチュピチュ、 ワイナピチュ、レインボーマウンテン~」 観光だけでは物足りない、体験をもっと深くしたお方向けに企画したのが、...
セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート... マゼラン・キツツキ 秋のトーレ湖、夜明け前の湖面には薄氷が張っています。8時過ぎの夜明け、2,3時間くらい前が一番寒く感じられます。 夏季には6:30頃から始まる夜明けの大劇場も、秋は8:00過ぎに始まります。一日一日とその時間は数分ごとに遅くなっているのでしょう。 この季節は、太陽がだい...
【チリ・アタカマ砂漠】テレビ番組「チキュウノハテ」のご案内... 南米チリの北半分を占める「アタカマ砂漠」は、世界一乾燥した砂漠として有名です。 チリの大西洋岸に沿って南極から北上するフンボルト海流は、数年に一度だけ、この砂漠に奇跡のようなドラマを演出します。 『アタカマの「天」と「地」』。過酷な地にも関わらず咲く「花」と、過酷な地だからこそ見ることができ...
PAGE TOP