Loading

ブータン旅行:ヒマラヤ展望と大祭ツェチュ

ブータンとは

ヒマラヤ山脈の東に位置するブータンは、九州程度の面積の小さな国です。しかし、険しい山々に分断された村ごとに独自の豊かな文化を持っています。手つかずの雄大な自然を守り続けるこの地は、「最後の秘境」「シャングリラ」とも呼ばれ、訪れる者を魅了しています。
ブータンの人々は、思わず日本語で話しかけてしまう位、とても日本人によく似ています。経済的な豊かさではなく、心の豊かさがをとても大切にし、善良で親切な方がとても多い。チベット仏教の思想が根付くこの地では、なんと国民の9割以上が「幸せ」と感じているのです。
「幸せの国」ブータンの豊かな文化と大自然を旅してみませんか。

アンディーナ・トラベルのブータン・ハネムーン旅行:5つの特色

1. 独特かつ豊かな文化体験

ホームステイや民家訪問でブータンの人々や生活を見てみよう。民家は大家族で住むものが多く、2-3階建ての立派なもの多いのが特徴。彼らがどんな暮らしをしているのか、幸福のヒントが見つかるかもしれません。
民族衣装の多くは手織。ブータンの心、民族衣装の試着体験をしてブータンの織物を肌で感じてみよう。
自然に感謝し、山の恵み、森の恵みを感じるブータン料理をいただきましょう。

2. チベット仏教の“聖地巡礼”

寺院をはじめ、史跡・遺跡が点在しています。敬虔な仏教徒が多いブータンでは、国民が日常的に寺院を参拝します。ブータンの大自然を味わいながら、ブータン人と同じように“聖地巡礼”を体験してみましょう。
ブータンの建築物は、真壁工法など、日本建築と共通する工法も使われています。

3. 美しい自然を感じるハイキング

国土の半分が自然保護区域であり、5603種の植物が守られています。野生のランや、サクラソウのお花畑、青いケシ・ブループピー、雪洞のように咲くシャクナゲなど、個性豊かな植物に出会うハイキングで、ブータンの四季を楽しみましょう。
~春~ フラワー・ハイキング(散策程度の軽ハイキングも可能です)
~夏~ まつたけ狩り など

4. お好きなスタイルの宿

ハネムーンらしく、ラグジュアリーホテルでのんびり過ごすのもよいですし、温かみのある伝統的なブータンの民家などで貴重な宿泊体験をするのもまた良い思い出となるでしょう。お二人のご希望に合わせて宿のスタイルをお選びください。

5. 専属日本語ガイドがご案内

お二人専属のガイドが同行しますので、言葉の心配もなく、現地の人ともコミュニケーションを楽しんでいただけます。

モデルプラン

●松茸薫る、西ブータンでブータンを味わう 7日間
【コースのポイント】
① 松茸の産地・ゲネカを訪れて、採れたての松茸を味わいます。
② ブータンの中では比較的広い谷をもち、仏教的にも由緒ある地であるパロ、都会化しつつある首都ティンプーを訪れます。また、最近になって観光客も立ちいれるようになったハも経由します。
③ 絶壁に立つタクツァン寺院へハイキングをしてゆったり景色を見ます。
④ チェレラ峠では春季、夏季には高山植物を見ることができます。

1 日本
バンコク
日本発
タイのバンコク着
バンコク泊
2 バンコク

パロ

早朝  ドゥルックエアーにてバンコク発、インドなどを経由しパロへ

午前  パロ(2,300m)到着

パロ・ゾン(県庁兼寺院)見学 

昼食 ブータン産松茸を味わいます

午後 専用車でチェレラ峠(3,800m)を越え、ハ(2,700m)までドライブ(約3時間)

夕食 ブータン産蕎麦粉で作ったヒュンテ(餃子)を味わいます。

ハ泊(ホテル)

3

ティンプー

午前 ハ観光(ラカン・カルポ(寺院)、ラカン・ナクポ

(寺院)などを見学)

その後、専用車で田園風景の中をドライブし首都・

ティンプー(2,400m)へ移動(約3時間)

午後 ティンプー市内観光(美術学校、デチェンフォダン

僧院、タシチョゾン(王様のオフィス兼寺院)など)

夕食 ブータンの伝統料理を味わいます

ティンプー泊(ホテル)

4 ティンプー

ゲネカ

パロ

午前 ハ観光(ラカン・カルポ(寺院)、ラカン・ナクポ

(寺院)などを見学)

その後、専用車で田園風景の中をドライブし首都・

ティンプー(2,400m)へ移動(約3時間)

午後 ティンプー市内観光(美術学校、デチェンフォダン

僧院、タシチョゾン(王様のオフィス兼寺院)など)

夕食 ブータンの伝統料理を味わいます

パロ泊

5 パロ 終日 絶壁に建つタクツァン寺院までハイキング

(徒歩:約5時間)

その後、時間があれば7世紀に建築されたキチュ・ラカン(寺院)見学

パロ泊

6 パロ

バンコク

午前 ドゥルックエアーにてパロ発、インドなどを経由してバンコクへ
午後 バンコク到着
機中泊
7 日本着 午前、日本着

関連ページ

ヒマラヤ山岳写真の撮影トレッキングとカメラ機材ポーター... 1 ネパール・ヒマラヤで山岳写真を撮る時、一番大事なのはカメラ機材をどのように運ぶかでしょう。 弊社の手配では、カメラ・ザックだけを運び、アシスタントのように一緒に歩いてくれる「カメラ・ポーター」同伴をお勧めしています。 そして、“どの季節”に撮影に行くかです。 春先は、徐々に気...
インド旅行:ヒマラヤ展望トレッキング... インド・ヒマラヤ:多彩な山岳エリアと文化圏 6000~8,000m峰の高峰が林立するヒマラヤ山脈は、インド北部の国境線に沿い東西に長く広がります。ガンジス河の源流部や旧チベット文化圏、イギリス統治時代の名残があるダージリンなど、山々の展望とともにそれぞれ異なる文化や生活風景も楽...
会報誌「ポコ・ア・ポコ 増刊号」目次 -11/26発行... 季刊で発行している「アンディーナトラベル・クラブ」の会報誌『ポコ・ア・ポコ 』の「増刊号(第4号)」(11月26日発行予定)の目次は、こちらとなります。 「増刊号:第4号」では、コラムを中心にしています。 【目次】 ① 12/10開催「ネイチャーフォト・スライドショー ?南米アンデスの...
【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没... パタゴニアの2大山群といえば、アルゼンチン・フィッツロイ山群とチリ・パイネ山群です。 南部パタゴニアの南北およそ300キロほどの地域に、パタゴニアを代表する景観が奇跡的に凝縮されています。 パイネ国立公園のペオエ湖畔で迎える朝と夕方は、“天候”という天による絶妙な匙加減により、幻想的...
アンデスの伝統料理“アプタピ”:チチカカ湖・太陽の島にて... 「太陽の島」は、インカ帝国発祥の地と言われる聖なる島だ。 周囲のチチカカ湖沿岸には、プレ・インカ時代からの古い遺跡が多く集中する。アンデス古代文明にとって、チチカカ湖はひとつの核心部であるのだろう。 湖岸のコパカバーナから、ボートで約1時間かけて「太陽の島」へ。 チチカカ湖とアンデス山脈を...
ガンコウランの仲間「ムルティージャ」の赤い実:パタゴニアの植物... もう一つの赤い実といえば、ツツジ科のガンコウランの一種“ムルティージャ”だ。 チャウラよりも小粒の実は、地面に這うようにびっしりと赤黒く実っているので、とても目立つのだ。 この実は食べるのは可能だが、パタゴニアでは一般的には食べられていない。 森の外れの陽当たりの良い場所を好み、強風に適応...
PAGE TOP