Loading

ギアナ高地:エンジェルフォール&ロライマ・トレッキング《ベネズエラ旅行》

ギアナ高地

ギアナ高地とは
厳しい自然条件と気候
カナイマ国立公園
モデルプラン集①
モデルプラン集②

ギアナ高地とは

地球の大陸移動(プレートテクトニクス)回転の軸に位置すると考えられているギアナ高地は、6億年前から移動することなく、南米大陸の北端・ベネズエラ南部に位置します。 20億年前に堆積した砂岩からなり、カルスト化した地層が崩れることで、巨大な縦穴や、テーブルマウンテンが生まれました。
先住民ペモン族が「テプイ」と呼ぶテーブルマンウテンの数は100以上にのぼり、今も人跡未踏の地域が多いです。 垂直に切り立つテプイの絶壁が山上と下界の交流を妨げて、山上の生物は独自の進化を遂げました。テプイそれぞれで独自の進化を遂げていることから、現在でも新種の植物が発見されています。ギアナ高地で確認されている植物は4000種で、その中の75%が固有種です。
特に多いのが、パイナップル科の原始植物です。山上の地層は水はけが良く、極端に多い雨に常に洗い流されるために、栄養分のある土が不足しています。この植物に不利な条件に適応して、モウセンゴケやミミカキグサ、ヘリアンフォラなど、食虫植物が多く生息しています。

厳しい自然条件と気候

ギアナ高地の地形は、大きく3つに分けることができます。

①熱帯性ジャングル
ギアナ高地の大半を占めるのが熱帯性のジャングル地帯です。カリブ海から流れ込む流れ込む湿った空気の影響で、ギアナ高地の雨量は年間を通して非常に多いことから、ジャングルが発達しました。常にジャングルの上空には雲が浮かぶことで、衛星からも地形を把握することが難しく、「地球最後の秘境」と{呼ばれることもあります。ギアナ高地の標高は600mほどの高さにあることから、ジャングルでも夜間は冷え込み、海岸沿いのような異常な蒸し暑さはありません。ジャングルの川の色は、全て赤く染まっています。これは植物から染み出たタンニンによります。ギアナ高地のジャングルの川の色は赤いのが普通です。

②サバンナ地帯
東部にあるロライマ周辺には、グラン・サバナと呼ばれる乾燥したサバンナ地帯が広がります。この大草原は、約1000年ほど前に先住民ペモン族がジャングルを焼き始めたことで形成されたと言われています。ギアナ高地といえばジャングルをイメージしますが、ロライマ西部には、広大な草原が広がります。
③テプイ
テプイの山上では、下界とは全く世界が異なります。植物が極端に少なく岩石が露出した荒涼とした景色が広がります。雨量はとても多く、天候の変化が非常に激しいです。ギアナ高地のテプイ山上には、浸食より生成された奇岩が多く、動物の形をした岩などもあり、下界とは全く違う異界が広がります。

カナイマ国立公園

ギアナ高地の中心の大部分を占めるカナイマ国立公園の面積は、四国の約1.6倍です。有名な観光は、アウヤンテプイ山中のエンジェルフォールと東部のロライマです。その他にもチマンタ山塊やサリサリニャーマ、最高峰のネブリーナ山、そして未開のテーブルマウンテンが、ギアナ高地には多数あります。

エンジェルフォール

エンジェルフォールとは
エンジェルフォール展望ショート・ハイキング
エンジェルフォール遊覧飛行
カナイマ周辺散策

●エンジェルフォールとは

ギアナ高地を代表する世界最大落差の滝エンゼル・フォール(979m)は、アウヤンテプイから流れ落ちています。カナイマ村からボートで半日上流に移動したところにあります。ボートは川の水量が多い時期だけ通れるので、6月~12月(雨季~乾季の始め)、エンジェルフォールの近くへ行くことができます。
日帰り、又は1泊2日で行くことができます。1泊2日のプランでは、滝のすぐ近くにある小屋で1泊します。翌朝、ジャングルの中を1時間ほど歩いて展望台へ行きます。

カナイマ
エンジェルフォール観光の基点となる村です。美しいラグーン沿いにあり、いくつもの滝が付近に流れ込んでいます。ギアナ高地で最も美しいビーチです。

アウヤンテプイ
エンジェルフォールが流れ落ちるアウヤンテプイは、ギアナ高地のテプイ(テーブルマウンテン)の中でも最大規模の大きさです。頂上台地の面積は東京23区よりも大きく、この山も独自の生態系で生物は進化しています。乾季の始めには花が多く咲くことでも有名です。

エンジェルフォール展望ショート・ハイキング

エンジェルフォール直下の展望台へは、基点のカナイマ村から、日帰り、又は1泊2日で行くことができます。1泊2日のプランでは、滝のすぐ近くにある小屋で1泊します。ボートは川の水量が多い時期に通れるので、6月~1月(雨季~乾季の始め)、エンジェル・フォールの近くへ行くことができます。「ギアナ高地・エンジェルフォール遊覧飛行」では、見れる時間がわずかなので、直下の展望台へ行くのがベストです。
日帰りのツアーでは、早朝出発となりますが、夕方にカナイマに戻れます。

エンジェルフォール遊覧飛行

カナイマ発着のセスナ機(あるいは双発機)での遊覧飛行です。サンタエレーナからカナイマに移動する際には、遊覧飛行料金を追加することでエンジェルフォール遊覧を可能です。ギアナ高地の天候は急変するのでフライトが中止になることもあります。

また、カナイマ発着の遊覧飛行の手配も可能です。午前中にカナイマで遊覧飛行をして、お昼の便でカラカスへ戻れます。
※サンタ・エレナ/カナイマ間のアクセスは空路のみです。

カナイマ周辺散策

エンジェルフォール観光の基点となるカナイマ村には、周辺にいくつも滝があります。サポの滝では、流れ落ちる滝の裏側を通ることもできます。また、近くに先住民の村があるので、訪問することも可能です。ギアナ高地の基点となるカナイマでも、ギアナ高地ならではの自然体験をご用意しています。半日~終日まで滞在期間に応じてツアーをアレンジいたします。

ロライマ山

ロライマ山とは
テント泊トレッキング(往復:徒歩)
ヘリ・トレッキング(往路:ヘリ、復路:徒歩、または逆回し)
ヘリコプター遊覧飛行+ロライマ着陸(2時間)
ロライマ縦断トレッキング(エクスペディション)

ロライマ山とは

ロライマ(2810m)は、1000m以上も切り立つ絶壁に囲まれて、ロライマ上空からは陸に浮かぶ軍艦のようにも見えます。数世紀に渡る探検家による探索により、頂上に上がるルートが発見されて、ギアナ高地・トレッキングで利用されています。

水晶の谷
山上の台地には、水晶が一面に落ちている「水晶の谷」や「水晶の池」があります。台地の北東部には、ベネズエラ・ブラジル・ガイアナの3国の国境が交わるトリプル・ポイントがあります。

特異な植物群
植物は、パイナップル科の原始植物をはじめ、食虫植物が多く、その下界とは違う植物の異形に驚きます。
動物では、跳べないカエル(オリオフリネラ)が生息することで有名です。原始的なカエルで、水かきがなく、泳ぐことも跳ぶこともできない。卵から孵化するときには、オタマジャクシにならずに直接カエルになります。このカエルが生息するのは、ロライマと隣のクケナン、2つのテプイだけです。ギアナ高地の各テーブルマウンテンに、多くの固有種が生息しています。
そして、19世紀の探検家の報告に感動したアーサー・コナン・ドイルは、ロライマを舞台にしたSF小説「失われた世界」を執筆しました。

テント泊トレッキング(往復:徒歩

往復トレッキング (スタンダード・プラン)
往路・復路ともに徒歩でロライマを往復します。山上ではベースキャンプを設営して付近を歩きます。最短で5泊6日のトレッキングとなります。
ロライマ山上での滞在日数を1日増やして、7日間にするとより余裕のある日程でトレッキングができます。

※弊社のトレッキングは、全て専属トレッキング・ガイド同行の貸し切りトレッキングです。欧米人のグループに入る「混載ツアー」は弊社では手配しておりません。
※荷物は、先住民のペモン族がポーターとして運びます。
※トレッキングのキャンプでも快適な滞在をするために、キャンプ設備はポーターが全て運びます。テント、マット、テーブル、椅子、トイレ、食料など
※共同装備は全てポーターが運びます
※最小催行人数:2人

ヘリ・トレッキング(往路:ヘリ、復路:徒歩、または逆回し)

ヘリ・トレッキング① (往路:ヘリ、下山:徒歩)
ヘリコプターでロライマ山上に上がります。山上ではベース・キャンプを設営して、そこを基点に数泊しながら、水晶の谷や展望台などを歩きます。下山は徒歩で2日間かけて、パライテプイ村へ下ります。山上に何泊するかにより、トレッキング日数が決まります。ギアナ高地・ロライマ・トレッキングでは、最も人気のあるコースです。
※トレッキング日数のお勧めの期間は、山上滞在時間を増やして5日間か6日間です。最短で4日間のトレッキング可能です。 天候の変化に、ヘリの運行も影響されやすいので、予備日としても5日間か6日間のトレッキングをお勧めいたします。
※ヘリの発着地点は、サンタ・エレナ、サンフランシスコ・デ・ユルアニ、パライテプイのいずれかになります。
※ヘリコプターのチャーターは非常に高額です。1機チャーター/1フライトで、約3,000~3,500ドル前後の費用が必要です。
※最少催行人数:2人

ヘリ・トレッキング② (往路:ヘリ、復路:ヘリ)
往路・復路ともにヘリコプターを使います。ベースキャンプを設営して付近を歩きます。
※トレッキング日数のお勧め期間は、山上滞在時間を増やして2日間か3日間です。最短で日帰り(付近散策はわずか)も可能です。
※ヘリコプターのチャーターは非常に高額です。1機チャーター/1フライトで、約3,000~3,500ドル前後の費用が必要です。往路・復路ヘリ利用の場合には、2回チャーターしますので、大変高額になります
※最少催行人数:2人

●ヘリコプター遊覧飛行+ロライマ着陸(2時間)

ヘリコプターでロライマ山上に上がります。山上では2時間ほど滞在(天候次第)して、往復します。
※ヘリコプターのチャーターは非常に高額です。1機チャーター/1フライトで、約3,000~4,000ドル前後の費用が必要です。
※着陸無しで、遊覧飛行のみ(所要約40分)にすると、料金を大きく安くすることができます。
※最少催行人数:2人

ロライマ縦断トレッキング(エクスペディション)

ロライマ縦断トレッキング (往路:ヘリ、下山:徒歩)
ヘリコプターで、ロライマ北端に着陸して、縦走トレッキングを開始します。3国の国境地点(トリプル・ポイント)を通り、2つの水晶の谷を巡ります。ロライマを北東部から南西部に縦断して下山します。ギアナ高地・ロライマ山のトレッキングで最もこだわりのコースです。
※トレッキング日数のお勧めの期間は、山上滞在時間を増やして6日間か7日間です。最短で5日間のトレッキング可能です。
 天候の変化に、ヘリの運行も影響されやすいので、予備日としても6日間か7日間のトレッキングをお勧めいたします。
※ヘリコプターのチャーターは非常に高額です。1機チャーター/1フライトで、約3,000~3,500ドル前後の費用が必要です。
※上級者向けのコースです。
※各おすすめ地域の情報は、オーダーメイドの旅行を作るための参考例です。お客様のご希望に合わせて自由自在にアレンジ致しますので、まずお気軽にお問い合わせください。
※最少催行人数:4人

アウヤンテプイ

準備中。お問い合わせください。

ギアナ高地の花:ワイルドフラワー

準備中。
・ブログ記事:「ギアナ高地・ロライマのワイルドフラワー」
・ブログ記事:「ギアナ高地・ロライマの食虫植物」

関連ページ

【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡... ジミーエンジェルがエンジェルフォールを見つけたのは、1933年の事であった。 セスナ機のパイロットであった彼は、金鉱探しをする途中、偶然アウヤンテプイの裂け目に巨大な滝を目撃したのだ。 岩塔と雲の隙間を縫うように飛んでいる時に現われた滝の前を、きっと数回の旋回をしながら、食い入るように見...
チチカカ湖「太陽の島」に広がる古代の段々畑... 素朴な農村風景からは想像しがたいことだが、“太陽の島”は4,000年とも言われる長い歴史を持つ巡礼の目的地であった。 インカ文明の発祥の地として崇められ、プレ・インカ時代(インカ以前)から文化的に重要な位置を占めてきた“聖なる島”なのだ。 特に大きな遺跡があるわけではないが、島中を埋め尽...
パタゴニアのシンボル:カラファテの黄色い花①... その実を食べると再びパタゴニアに戻ってくる、と言われる「カラファテ」の木は、早春に黄色い花を咲かせる。 背の低い灌木は、黄色い花に見事に覆われて、遠くから見ればまるで絨毯のように一面が黄色く見える。 パタゴニアで広く親しまれている、この「カラファテ」は、正確には2種類ある。 茎に鋭い針があ...
パタゴニアの洗練された絶品料理「羊肉のアサード」... パタゴニアで最も食べるべき食事といえば、子羊の丸焼き・アサード(パリーシャ)だ。 何時間もかけてたっぷりと炙り焼きした羊肉は、無駄な油も落ちて絶品なのだ。 アルゼンチン人の肉への情熱の成果として、その洗練されてシンプルな焼肉の腕前は、世界一だ。 パタゴニアに自生するコイロンという草...
【ガラパゴス諸島】アイランド・ホッピングで楽しむ、「滞在型」の旅... ガラパゴス諸島といえば、「クルーズ」での旅が有名ですが、各島のホテルに滞在しながらゆったりと旅する「アイランド・ホッピング」もお勧めです。 「クルーズ」では、ガラパゴス諸島を広く巡ることができるのが魅力です。その分、移動の時間が長くなり、島での滞在時間は短くなってしまうところはあります。 ガラパゴ...
パタゴニア:フィッツロイ峰の星の軌跡を撮影... アルゼンチン・パタゴニア、フィッツロイ山麓のベースキャンプで星空を撮影する。 フィッツロイ峰と星空を撮影するのは、簡単なことではない。 天候の変化が激しいパタゴニアで、晴天で尚かつ漆黒の星空を撮ることができるタイミングには、そうそう恵まれないからだ。 1泊・2泊だけのテント泊では...
PAGE TOP