Loading

PHOTO-BLOG

新プラン「エンジェルフォールとブラジル・レンソイス周遊」


「ベネズエラの秘境・エンジェルフォール」と「ブラジルの秘境レンソイス」を巡る周遊ツアーを企画しました。

秘境ギアナ高地・エンジェルフォールを巡る

世界最大落差の滝・エンジェルフォールでは、滝を展望する山小屋でハンモック泊をします。夕日と朝日のエンジェルフォールも望めるアドベンチャー要素たっぷりの特別プランです。
また、エンジェルフォールの後には、セスナ機でギアナ高地の大草原地帯グランサバナに移動します。

テーブルマウンテンが林立する絶景を楽しみながら、奇岩地帯や滝などの景勝地を巡り、ブラジル国境へ向かいます。
希望者には、ギアナ高地最美のロライマ山を展望する遊覧飛行も手配します。

ギアナ高地から陸路で国境を越えて、ブラジルに入国します。

ブラジルの秘境レンソイス白砂漠

雨季明けの6月~9月にかけて、レンソイスの白い砂漠に約2万個の湖が現れます。水晶の白砂の砂漠に湧き出す無数の湖は、世界でも屈指の絶景です。

レンソイスへの玄関となるサンルイスでは、世界遺産にも登録されている旧市街を散策観光します。
レンソイスでは、夕日の少し前に砂漠へ行きます。夕日の時間まで湖で泳ぎながら夕日を待ちます。また、ボート観光で小レンソイスも訪れます。レンソイスを貫くプレギサス川は世界で最も樹高の高いマングローブの木が生えます。野鳥を観察して、砂漠の湖で泳ぐ終日観光です。

モデルプラン

1日目:日本→マイアミ
2日目:マイアミ→バルセロナ→プエルトオルダス
バルセロナ着後、専用車でプエルトオルダスへ。

3日目:プエルトオルダス→カナイマ
セスナ機または双発機で、エンジェルフォールの基点・カナイマへ。着後、カナイマ・ラグーンのサポの滝などを訪れます

4日目:カナイマ→エンジェルフォール
船外機付きのカヌーで、上流のエンジェルフォールへ(所要約4時間)。宿泊する山小屋に荷物を置き、エンジェルフォール直下の展望台へハイキングします(徒歩約1時間)。宿泊は、エンジェルフォール近くの山小屋でハンモック泊

5日目:エンジェルフォール→カナイマ→ルエパ→サンフランシスコ・デ・ユルアニ
朝、ボートでカナイマに戻ります。
午前、セスナ機に乗り換えて、ルエパ村へ。
ギアナ高地の大草原地帯グランサバナを巡ります。滝や展望台などを巡り、サンタエレーナに宿泊します。

6日目:サンフランシスコ・デ・ユルアニ→ボアビスタ
午前、「ロライマ遊覧飛行(オプショナル)」
専用車でブラジル国境を越えて、ボアビスタへ。ホテルで深夜まで休憩します
深夜、専用車で空港へ。

7日目:ボアビスタ→ブラジリア→サンルイス→バヘリーニャス
国内線にて、ブラジリア経由で、サンルイスへ。
サンルイス着後、「サンルイス旧市街の散策観光」
専用車でホテルへ。

8日目:サンルイス→バヘリーニャス
午前、専用車でバヘリーニャスへ(所要約4時間)
昼、「レンソイス遊覧飛行(オプショナル)」
午後、「レンソイス夕日観光」

9日目:バヘリーニャス→サンルイス
「小レンソイス・ボート観光」
午後、専用車でサンルイスへ(所要約4時間)

10日目:サンルイス→サンパウロ
専用車でサンルイス空港へ(所要約4時間)
国内線でサンパウロへ
深夜、国際線発

11日目:北米経由
12日目:日本着

関連ページ:ギアナ高地&レンソイス

関連ページ

水晶の白い砂漠レンソイス・トレッキング:オアシスの神聖な夜... レンソイス砂漠のオアシスで過ごす夜 ブラジル・レンソイスのオアシスで過ごす夜は、なんとも言えず心地が良い。 砂漠でありながら、地下には満々と水を湛えるレンソイスならではの夜です。 大西洋から吹いてくる風も、オアシスに入ってくると木々に遮られて、そよ風となります。 トレッキングで宿...
テーブルマウンテン・ロライマの異世界:映画「カールじいさん」②... 「失われた世界」の舞台:ロライマ ジュールヴェルヌの「失われた世界」の舞台となったテーブルマウンテンが、ロライマです。 山上台地へのアクセスは、ヘリであっても徒歩であっても簡単ではありませんが、そこに広がる景色は苦労をしてでも行く価値のあるものです。 下界とはまったく違う空気と静けさを...
レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性 レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。 微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか 周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響...
ギアナ高地トレッキング:最美の山ロライマを歩く... ギアナ高地で最も美しいテーブルマウンテンは、ロライマ山とクケナン山だ。切れ落ちた約1000mの断崖の縁に立って朝日を望んでいると、あまりにも現実離れした絶景に言葉を失うだろう。 ギアナ高地は世界でも有数の天候の激変地で、長く人の侵入を阻んだ土地でもある。カリブ海から流れ来る湿気はときにバケ...
白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)... レンソイス砂漠で迎える夕日 レンソイスで過ごす時間の中で、最も穏やかな時間帯は夕方です。 陽の高い時間は日差しがかなり強いのですが、陽が傾くと気温も適度に下がり過ごしやすくなります。 大きな空と白い砂丘だけが広がる徹底的に“何も無い世界”で、夕陽を迎える 風音以外には無音の静...
風紋と砂丘の幻想:白い水晶のレンソイス砂漠と風の贈り物... レンソイス砂漠に現れる風紋 レンソイス砂漠の魅力を一言で表すとしたら、「白砂の砂漠と、碧い無数の湖」でしょう。 “砂漠”とは対極にあるような“水”が、レンソイス砂漠では同居していることで、世界でも唯一レンソイスだけで見れる景観を作り出しています。 青や緑、橙色の湖の数は、満水時には...

ギアナ高地の新プラン:グランサバナ・ロライマ展望とエンジェルフォール

ギアナ高地トレッキング:最美の山ロライマを歩く

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. レンソイス・トレッキングのベストシーズン

    2015.11.30
  2. 【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡

    2015.12.13
  3. ギアナ高地ロライマとエンジェルフォールの景色:映画「カールじいさんの空飛ぶ家」①…

    2017.05.15
  4. 本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

    2017.09.06
  5. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
  6. 【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘

    2015.12.24
2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
パタゴニア

最近の記事

パタゴニア

アーカイブ

PAGE TOP