Loading

風景写真家・松井章のブログ

ブラジル・レンソイスの不思議:水晶の白い砂漠と極彩色の湖

ブラジルの奇跡の絶景:水晶の白い砂漠「レンソイス」の不思議

白砂の砂漠と極彩色の湖が織りなす絶景は、まるで異世界のような無限の景観です。

ブラジルの大西洋岸にあるレンソイス砂漠は、年に2ヵ月ほど無数の湖が現れます。その数は約2万個とも呼ばれます。
レンソイス砂漠の地下に眠る膨大な地下水が、この砂漠の秘密を握っています。

砂漠と水が同居・両立するという不思議さは、世界でもレンソイスだけでしょう。その地下水の恵みにより、一般的な砂漠にある“灼熱”から解放されているのです。

白砂の砂地は水晶から成ります。内陸のアマゾンから運ばれてきた土砂が、途方も無い年月をかけて大西洋から吹く風と波に洗われながら、比重の重い水晶だけが残されました。

太陽が中天に差し掛かるころは、湖は最も美しく鮮やかに、そして砂は真っ白に輝きます。湖の色は、エメラルド色や赤まで様々です。一つとして同じ色がないほどに微細に異なりますが、その驚嘆するほどの多彩な青や緑の色の数は想像を絶しています。

真昼の熱は上昇気流をもたらし、風が吹き始めます。細かい粒子の砂は砂漠の低層を舞い、美しい風紋を形作ります。この風紋という極小の模様と、砂丘という極大の模様の連鎖は、その形と方向が相似しています。

風が止み陽が傾き始めると、砂漠は夕日に染まり始めます。柔らかい陽光に映る砂丘の色彩は、日中の鮮やかな湖の色とは異なり、もっと柔らかく艶やかです。

満天の星空を望みながら、砂漠に寝転がるのも至福の時間です。煌々と輝く星により、砂漠は浮かび上がるようにうっすらと照らされているでしょう。
変化に富む砂漠の色彩の変化が、レンソイス砂漠の大きな魅力です。

ブラジル:エリア紹介ページ

パタゴニアの名物料理:豪快な焼肉アサードと羊の丸焼き

【ペルー・アマゾン】クルーズで望む、燃えるような朝日と夕日

関連記事

  1. ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩く「縦走トレッキング」とは

    2015.12.26
  2. フォト・ギャラリー「ベネズエラ・ギアナ高地」:新ページのご案内

    2020.05.07
  3. オホーツクの流氷街道:網走から白鳥の湖へ

    2022.02.18
  4. バルセロナ旧市街の絶景:ゴシック地区のカテドラル(大聖堂)

    2022.06.17
  5. イースター島:ポリネシア海洋民族が生んだモアイ文明

    2024.02.04
  6. 写真展「ボリビアを知ろう」1週間の会期延長になりました

    2023.08.17
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP