Loading

PHOTO-BLOG

ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡

1.jpg

レンソイス砂漠をの古代の森の痕跡:マングローブの化石

レンソイスを縦断して大西洋へ
砂丘の高台から遠く望んでいた大西洋に歩いて到着するのは、なんとも感慨深いものです。
強風に荒れた大西洋の波が打ち付ける砂浜に沿い、近くの漁村へ向かいます。砂浜は潮の満ち引きで様相が全く異なるため、干潮の時間に着くようにします。
ちらほらと黒い岩礁のようなものが見えます。これは、マングローブの化石です。
まだ鉱物に置換されるほどの時間は経っていないので、正確には“炭化したマングローブ”です。
ボロボロと崩れてしまうマングローブの化石(木炭?)があるということは、
この砂浜はマングローブの林に覆われていたということです。
レンソイス砂漠が現れる前に広がっていた林なのでしょう。
この化石を見ながら、かつてレンソイス砂漠以前にあっただろう緑の森をイメージしてみると、万物流転する世界の無常を感じます。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

関連ページ

レンソイス砂漠をトレッキングで歩く... ブラジルのレンソイスでは、テント泊から日帰りまで、トレッキングをすることができます。 国立公園として厳しく開発が規制されていることから、テントを張れる手配は現地の限られた人に限られています。 レンソイス近郊のバヘリーニャスへの道路が開通して、まだ12年しか経っていないので、これからトレッカー...
7/1発-レンソイス・トレッキング 10日間-催行間近... 水晶が細かく砕かれ研磨されたことで、独特に白く輝くレンソイス砂漠は、これから短いベストシーズンを迎えます。 雨季が終わり地中から水が染み出し始める6月には、約2万個とも言われる無数の湖が砂漠に出現します。 その湖は、深い碧や藍の色をたたえ、湖ごとにその色は異なります。 まさに“異界...
レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ... ブラジル北東岸のレンソイス周辺は、インディオのあまり居住しない土地として、長く無人でした。その無人の土地に人が入り込み始めたのは、16世紀以後のポルトガルによる植民地化の頃からです。サトウキビのプランテーション開発のために、多くの黒人がアフリカ西岸から奴隷として連れてこられた時期が、レンソイス周...
レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)... レンソイス砂漠に生きる先住民族 ブラジル・レンソイス砂漠のトレッキングでは、水からテントや食糧までの一切を馬が運ぶので、馬方の役目はことのほか重要です。彼らはオアシスに暮らす先住民で、レンソイス砂漠を知り尽くす砂漠の民だ。 寡黙な馬方はガイドとともに道案内も兼ねて、要所要所で私たちが追い...
黄昏時のレンソイス砂漠を包む、淡くシンプルな世界の色彩... 色彩が変化するレンソイス砂漠 レンソイス砂漠に現れる青や緑の湖と白い砂丘、二つの鮮やかなコントラストはレンソイス砂漠の大きな魅力です。 そのコントラストが映える時間帯は、太陽が真上に位置する時間帯です。 太陽が傾き始めると、鮮やかなレンソイスの色彩は徐々に、〝淡い”美しさに変わっていきます...
レンソイス砂漠の2億年の歴史:海風が作る奇跡の絶景(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係 ブラジルの白い砂漠“レンソイス”は、日本語にすると“シーツ”を意味します。 滑らかにシーツのように連なる砂丘は、大西洋から吹きつける風が大きく影響しています。 セスナ機で上空から望めば、シーツの連なりを極大で見ることができます。 砂漠を歩いていれば...

「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化

3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

パタゴニア

関連記事

  1. ブラジル観光ビザ(電子ビザ):オンライン申請の手順

    2019.02.11
  2. 新プラン「エンジェルフォールとブラジル・レンソイス周遊」

    2019.02.05
  3. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  4. 3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

    2015.04.09
  5. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  6. レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)

    2015.04.14
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP