Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)

1.jpg

レンソイス砂漠に生きる先住民族

ブラジル・レンソイス砂漠のトレッキングでは、水からテントや食糧までの一切を馬が運ぶので、馬方の役目はことのほか重要です。彼らはオアシスに暮らす先住民で、レンソイス砂漠を知り尽くす砂漠の民だ。

寡黙な馬方はガイドとともに道案内も兼ねて、要所要所で私たちが追いつくのを待ち根気よく立ちつくしている。

そんな寡黙な男も、オアシスのキャンプ地では饒舌に熱心に話しこんでいるのが見えた。

一族は砂漠周辺に広く散らばるので、親戚に会える機会もそう多くはなく、このような特別な時に限られるのかもしれない。

干潮の時間に迎えに来た車に無事に荷物を積み込むと、一日で砂漠を縦断して帰るためにヒラリという感じで馬に乗り、足早に去って行った。
後ろ姿がやけに絵になるオジサンであった。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

5.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々... 拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。 緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく...
【今日の絶景】ブラジル・レンソイス砂漠の風紋と砂丘... 12 ブラジル・レンソイス砂漠の魅力の一つは、大西洋から吹き付ける風が作り出す、「風紋」や「砂丘」だ。 水位証から成る真っ白な砂漠は、日差しの角度により色も変わる。 そんな変化も楽しむには、何日か砂漠に滞在する時間が必要なのだ。 世界でもレンソイス砂漠だけの絶景を見るのなら、少し...
奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く... 南米大陸の「地球のリズム」 ブラジル・レンソイス砂漠の風景を見ていると、いつも人の時間のスケールでは測れない無限ともいえる大きさに圧倒される。 人智を超えた「地球のリズム」に身をゆだねるような貴重な経験は、いったい人生で何度あるだろうか。 “地球は生きている”ことを感じたときに沸き起こ...
レンソイス砂漠の2億年の歴史:海風が作る奇跡の絶景(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係 ブラジルの白い砂漠“レンソイス”は、日本語にすると“シーツ”を意味します。 滑らかにシーツのように連なる砂丘は、大西洋から吹きつける風が大きく影響しています。 セスナ機で上空から望めば、シーツの連なりを極大で見ることができます。 砂漠を歩いていれば...
3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡... 広大なレンソイス砂漠で人と出会う奇跡 ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩いていて、一度だけ人とすれ違った。 それは宇宙で星を見つけるように小さな奇跡のような可能性だ。 遠く彼方から、トボトボと歩く人影が見える 砂漠を歩く日々で、最初で最後のすれ違いであった。 オアシスに住む彼は、魚...
レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)... レンソイス砂漠に現れる2万個の湖 最大で2万個とも言われるブラジル・レンソイスの湖は、全ての湖の色が異なります。 セスナ機で空から見ると同じ色の湖が延々と連なるように見えますが、実際に砂漠の目線で見れば、緑から黄土色、赤まで、さらに細かい色彩の変化は無限とも言えるほど多彩。 その時...

3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

パタゴニア

関連記事

  1. レンソイス縦走トレッキング:2015年のベストシーズンとは

    2014.12.19
  2. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  3. レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)

    2016.09.23
  4. 本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

    2017.09.06
  5. 水晶の白い砂漠レンソイス・トレッキング:オアシスの神聖な夜

    2017.01.07
  6. レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”

    2015.03.26
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP