Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)

1.jpg

レンソイス砂漠に生きる先住民族

ブラジル・レンソイス砂漠のトレッキングでは、水からテントや食糧までの一切を馬が運ぶので、馬方の役目はことのほか重要です。彼らはオアシスに暮らす先住民で、レンソイス砂漠を知り尽くす砂漠の民だ。

寡黙な馬方はガイドとともに道案内も兼ねて、要所要所で私たちが追いつくのを待ち根気よく立ちつくしている。

そんな寡黙な男も、オアシスのキャンプ地では饒舌に熱心に話しこんでいるのが見えた。

一族は砂漠周辺に広く散らばるので、親戚に会える機会もそう多くはなく、このような特別な時に限られるのかもしれない。

干潮の時間に迎えに来た車に無事に荷物を積み込むと、一日で砂漠を縦断して帰るためにヒラリという感じで馬に乗り、足早に去って行った。
後ろ姿がやけに絵になるオジサンであった。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

5.jpg
3.jpg
4.jpg

関連ページ

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)... レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。 真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。 なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。 小レンソイスは、その名の...
レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)... レンソイス砂漠に翻弄されるオアシスの森 ブラジル・レンソイス砂漠をぐるりと囲む緑の帯は、南米原産のカシューナッツの森です。 大西洋から吹き付ける風は、石英の砂を内陸へ飛ばし、カシューナッツの森と、常に一進一退のせめぎ合いを繰り返します。 時には数ヶ月で一軒の家を埋めてしまうほどの砂が押し寄...
《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」... 動画で追体験するレンソイス:奇跡の絶景 アマゾン上流から流されてきた水晶の結晶が、気の遠くなるような年月をかけて蓄積して形成されたのが、ブラジルの「レンソイス砂漠」です。 大西洋から吹き付ける風と波に洗われて、純度の高い白い砂漠ができるまでの創生の歴史は、人智の及ばない壮大な「地球のリズム」...
レンソイス砂漠の冷却:地下に貯まる膨大な水とは(ブラジル)... レンソイス砂漠の膨大な地下水 レンソイス砂漠は、他の砂漠に比べると、歩きやすい砂地です。 石英の細かく砕かれた真っ白い砂漠の地中には、水が深くしみこんでいます。そのために、砂地は割と固いからです。 地下には、雨季に貯めこまれた膨大な地下水が眠っています。この水が染み出すのが、乾季の初め...
ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡... レンソイス砂漠をの古代の森の痕跡:マングローブの化石 レンソイスを縦断して大西洋へ 砂丘の高台から遠く望んでいた大西洋に歩いて到着するのは、なんとも感慨深いものです。 強風に荒れた大西洋の波が打ち付ける砂浜に沿い、近くの漁村へ向かいます。砂浜は潮の満ち引きで様相が全く異なるため、干潮の時間...
レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性 レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。 微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか 周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響...

3日間でたった一度!レンソイス砂漠で人とすれ違う奇跡

レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)

関連記事

  1. 奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

    2018.11.19
  2. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
  3. レンソイス砂漠の大きな入道雲(ブラジル)

    2016.09.23
  4. 風紋と砂丘の幻想:白い水晶のレンソイス砂漠と風の贈り物

    2016.08.19
  5. 白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)

    2016.07.15
  6. リオデジャネイロ滞在の大きな魅力と、治安への誤解

    2014.12.10
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP