Loading

PHOTO-BLOG

レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)

4.jpg

レンソイス砂漠に翻弄されるオアシスの森

ブラジル・レンソイス砂漠をぐるりと囲む緑の帯は、南米原産のカシューナッツの森です。
大西洋から吹き付ける風は、石英の砂を内陸へ飛ばし、カシューナッツの森と、常に一進一退のせめぎ合いを繰り返します。
時には数ヶ月で一軒の家を埋めてしまうほどの砂が押し寄せることもあります。
このような土地にも先祖代々長く住み続ける人々がいて、自然とうまく折り合いをつけて生活を続けています。
砂の浸食に常に直面する人々の土地に対する価値観は、日本人の土地への価値観とは、きっと全く異なるのだろうと思います。
2.jpg

ブラジル:エリア紹介ページ

関連動画:レンソイス縦断トレッキング3日間

3.jpg
1.jpg

関連ページ

黄色い砂の「小レンソイス」を隔てるプレギサス川(ブラジル)... レンソイスの東の端、プレギサス川を超えると砂の色が変わります。 真っ白であった砂は、東端の“小レンソイス”と呼ばれる地域では、砂の色が黄色です。 なぜ砂の色が違うのか諸説あるようですが、石英の純度の違いで、レンソイス本体よりも“小レンソイス”は黄色であるようです。 小レンソイスは、その名の...
世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト... 地の果ての魅力 “地の果て”と呼ばれる場所が大好きで、幸運にも世界中の地の果てを体験してきた。 その中で一番親しみがあるのは、もちろん南米です。 “地の果て”とは、“何もない世界”と解釈しています。 「何もない」とは、なんだろうか。 果てしなく延々と、どこまでも地平線が見え続ける。...
7/1発-レンソイス・トレッキング 10日間-催行間近... 水晶が細かく砕かれ研磨されたことで、独特に白く輝くレンソイス砂漠は、これから短いベストシーズンを迎えます。 雨季が終わり地中から水が染み出し始める6月には、約2万個とも言われる無数の湖が砂漠に出現します。 その湖は、深い碧や藍の色をたたえ、湖ごとにその色は異なります。 まさに“異界...
レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)... レンソイス砂漠の小さな生態系 レンソイス砂漠では、生き物の気配は希薄ではあるものの、やはり生命は逞しく砂漠に適応して生態系を作っています。 レンソイスで一番不思議な生き物は、“魚”です。 体長3cm~5cmほどの小魚が群れを成す湖を時々見受けます。 乾季の後半に湖が枯れてからは、...
《動画》ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」... 動画で追体験するレンソイス:奇跡の絶景 アマゾン上流から流されてきた水晶の結晶が、気の遠くなるような年月をかけて蓄積して形成されたのが、ブラジルの「レンソイス砂漠」です。 大西洋から吹き付ける風と波に洗われて、純度の高い白い砂漠ができるまでの創生の歴史は、人智の及ばない壮大な「地球のリズム」...
レンソイス砂漠の巨木の森「世界一高いマングローブ」(ブラジル)... レンソイス砂漠の畔に群生する「世界一巨大なマングローブの木」 ブラジルのレンソイス砂漠の畔、汽水域に生息するマングローブは、樹高が約30mに達する世界一背の高いマングローブです。汽水域とは、海水と淡水の混ざる水域のことを言います。 樹上から水面に向けて、多くの支柱根と呼ばれる根を下げて、...

アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台

水晶の砂粒:ブラジル・レンソイス砂漠の白砂の秘密

パタゴニア

関連記事

  1. レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ

    2014.08.12
  2. ブラジル・レンソイスの不思議:水晶の白い砂漠と極彩色の湖

    2017.06.17
  3. ブラジル・レンソイス砂漠:旅の3つのポイント

    2015.03.13
  4. 貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠

    2016.07.14
  5. レンソイス砂漠の2億年の歴史:海風が作る奇跡の絶景(ブラジル)

    2016.07.12
  6. 世界観は「何もない世界=地の果て」に行くこと:旅のコンセプト

    2015.03.16
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP