Loading

風景写真家・松井章のブログ

ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々

1.jpg
拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。
緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく、挿し木で逞しく育つため、ブラジルでは重要な食糧です。
2.jpg
砂漠のオアシスでは、このマンディオカが主食で、ほとんどの料理に使われるそうです。
地鶏とマンディオカで作った郷土料理は、ここが辺境地区とは思えないほどに意外な美味です。
3.jpg
4.jpg
鍋で燻したマンディオカの粉。
5.jpg
まだ燻した熱が残るカシューナッツ
6.jpg
7.jpg
椰子の葉で葺く屋根
8.jpg

レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美

ネパール・エベレスト街道トレッキング専用ページを開設

関連記事

  1. “パックラフトで行く”ブラジル・レンソイス横断トレッキング

    2019.08.28
  2. ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩く「縦走トレッキング」とは

    2015.12.26
  3. 「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化

    2015.04.06
  4. 白砂の砂漠を歩く、レンソイス縦断トレッキング

    2016.07.11
  5. 【特別割引】ブラジル・ベルモンド・ホテル

    2019.06.01
  6. 本場の「チョリソー」の味とは?-アルゼンチン&ブラジル-

    2018.06.09
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP