Loading

PHOTO-BLOG

ブラジル・レンソイス砂漠の畔に暮らす人々

1.jpg
拡大と縮小を繰り返すレンソイス砂漠の畔。砂漠と文明の隙間に細長く伸びるオアシスは、上空から望めば緑の帯のように見えます。
緑の帯は、広大で豊かなカシューナッツの林です。乾季は収穫の季節です。カシューナッツの林を開墾して、マンディオカ(キャッサバ)が植えられています。ほとんど世話をする必要もなく、挿し木で逞しく育つため、ブラジルでは重要な食糧です。
2.jpg
砂漠のオアシスでは、このマンディオカが主食で、ほとんどの料理に使われるそうです。
地鶏とマンディオカで作った郷土料理は、ここが辺境地区とは思えないほどに意外な美味です。
3.jpg
4.jpg
鍋で燻したマンディオカの粉。
5.jpg
まだ燻した熱が残るカシューナッツ
6.jpg
7.jpg
椰子の葉で葺く屋根
8.jpg

関連ページ

個人旅行・添乗員ツアー:レンソイス旅行の手配(ブラジル)... 一年の内でわずか3ヶ月だけ現れる約2万個の湖が織りなす景色は、世界でも稀な絶景です。 砂漠とはいえ地下には水が溜まることから過ごしやすく、風が吹けば無限の風紋が現れます。朝日や夕日、そして星空まで、レンソイス砂漠が秘める魅力や秘密を感じるためには、なるべく滞在時間を増やす必要があります。 ...
レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ... ブラジル北東岸のレンソイス周辺は、インディオのあまり居住しない土地として、長く無人でした。その無人の土地に人が入り込み始めたのは、16世紀以後のポルトガルによる植民地化の頃からです。サトウキビのプランテーション開発のために、多くの黒人がアフリカ西岸から奴隷として連れてこられた時期が、レンソイス周...
レンソイス縦走トレッキング:2015年のベストシーズンとは... レンソイスをテント泊で縦断するトレッキングのベストシーズンは、6月中旬~9月中旬のわずか3ヶ月です。 満水の時には、最大で2万個とも言われる湖で砂漠はエメラルド色に輝きます。 その湖を縫うように縦断する。夜は満天の星の元、誰もいない砂漠でキャンプします。 レンソイス縦断トレッキングの手配は...
レンソイス砂漠に生きる先住民と歩く(ブラジル)... レンソイス砂漠に生きる先住民族 ブラジル・レンソイス砂漠のトレッキングでは、水からテントや食糧までの一切を馬が運ぶので、馬方の役目はことのほか重要です。彼らはオアシスに暮らす先住民で、レンソイス砂漠を知り尽くす砂漠の民だ。 寡黙な馬方はガイドとともに道案内も兼ねて、要所要所で私たちが追い...
白い水晶の砂と青空のコントラスト:レンソイス砂漠の奇跡... 地平線まで真っ白な世界を歩く まるで大雪原をイメージしてしまいますが、もしそれがブラジルの砂漠だとしたら いったいどんな世界なのか、想像力の範囲をきっと越えてしまう光景となるでしょう。 レンソイス砂漠に広がる光景は、それは異世界といえるほどに、とても非現実的なのです。 無数の湖と白砂...
レンソイス砂漠の冷却:地下に貯まる膨大な水とは(ブラジル)... レンソイス砂漠の膨大な地下水 レンソイス砂漠は、他の砂漠に比べると、歩きやすい砂地です。 石英の細かく砕かれた真っ白い砂漠の地中には、水が深くしみこんでいます。そのために、砂地は割と固いからです。 地下には、雨季に貯めこまれた膨大な地下水が眠っています。この水が染み出すのが、乾季の初め...

レンソイス砂漠の湖沼群がたたえる無限の色彩美

ネパール・エベレスト街道トレッキング専用ページを開設

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 白い砂漠の夕景:レンソイス縦断トレッキング(ブラジル)

    2016.07.15
  2. 「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化

    2015.04.06
  3. 奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

    2018.11.19
  4. レンソイス砂漠に生きる先住民のルーツ

    2014.08.12
  5. ブラジルレンソイスの風に翻弄されるマングローブの痕跡

    2015.04.07
  6. ブラジル・レンソイス砂漠を3日間歩く「縦走トレッキング」とは

    2015.12.26
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP