Loading

PHOTO-BLOG

アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台

3.JPG


9.jpg
カナイマから、船外機付きのボートに乗り換えて、エンジェルフォールへ向かいます。
カラオ川からチュルン川へ遡るにつれて、川幅は少しずつ狭くなります。
川の水は、タンニンで真っ赤に染まっています。
約4時間かけて、エンジェルフォールを擁するアウヤンテプイの懐に深く入り込んでいくと、ジャングルの上にエンジェルフォールがちらちらと見えてきます。
そこはアウヤンテプイの核心部ともいえる場所です。
ボートを下りて、ジャングルの中を約40分ほどハイキングすると、エンジェルフォール展望台に到着します。
展望台からは、カメラのファインダーには入りきらないほどの迫力で、エンジェルフォールを展望します。
※「日帰り」で行くことも可能ですが、時間がある場合には、エンジェルフォール近くの山小屋に宿泊する「1泊2日」プランでエンジェルフォールに行くのがお勧めです。
7.jpg
5.jpg
6.jpg
2.JPG

関連ページ

ギアナ高地ロライマとエンジェルフォールの景色:映画「カールじいさんの空飛ぶ家」①... ディズニー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」は、ギアナ高地に興味のある方には欠かせない作品です。 ストーリーも面白い映画で、大人の自分でも涙あり笑いありの映画だったので、買って永久保存しようと決めるほど良い映画です。 旅の舞台となるギアナ高地は、地名や登場人物など変えていますが、まさに...
エンジェルフォール山麓:山小屋泊をお勧めする理由... 世界最高落差の滝・エンジェルフォールでは、滝の近くにある山小屋(ラトンシート・エリア)に「1泊2日ハンモック泊」するのを、まずお勧めします。 基点となるカナイマ・ラグーンから丸2日間の時間を取ることが必要ですが、その価値は十分にあるでしょう。 山小屋と言っても壁のない小屋で、いわゆる...
ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール... 世界最大の滝・エンジェルフォールとは 落差979mを誇る世界最大の滝・エンジェルフォールは、ベネズエラ・ギアナ高地の奥深くにあります。 今では、基点となるカナイマ村からボートで約4時間ほどで行くことができますが、約80年前のギアナ高地は完全な未踏の地域で、金鉱を探す探検家により偶然発見さ...
ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く... ギアナ高地のロライマ山のトレッキングでは、テント泊で往復1週間ほどの期間が必要となります。 片道ヘリでのアプローチをすると期間は半分ほどにできますが、ヘリ・チャーターの費用は非常に高額ですので、往復徒歩で歩く方が多いです。 トレッキングでは、1日8時間・標高差約800mを歩く日もあるので...
ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ... エンジェルフォールを訪れるとき、その時々で滝の表情は変わります。増水して荒い一面や、水が少なく晴れて穏やかな表情など。滝の直下へいたるボートの移動でも、そんなギアナ高地の変化しやすい自然の有様を体験することになるでしょう。夕刻のエンジェルフォールを眺めて、翌朝の陽に染まる姿を見たり、いろいろな表...
ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ... <エンジェルフォール直下の山小屋で朝を迎える。> ギアナ高地の旅行では、目的地は大きく2つの場所に分かれます。 一つ目は、エンジェルフォールです。エンジェルフォールは、カラカスからのアクセスも割と良いので、日本発着で8日間ほどが目安となります。途中の経由地からは、セスナ機(又は中型機)を利用...

ギアナ高地の赤く透明な水:カナイマ・ラグーン

レンソイス砂漠とオアシスの緑:一進一退の攻防(ブラジル)

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. 「オーパ!!」 秘境・ギアナ高地

    2010.05.06
  2. ギアナ高地・エンジェルフォールを満喫する旅行のコツ

    2014.06.12
  3. ギアナ高地のテーブルマウンテン:ロライマ・テント泊トレッキング

    2018.06.04
  4. 20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ

    2017.05.05
  5. 【ギアナ高地】ロライマ山上からの絶景と、トレッキング

    2013.12.13
  6. 「ギアナ高地・エンジェルフォール展望ツアー」最短で7日間で行けます。

    2012.08.07
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP