Loading

PHOTO-BLOG

【ギアナ高地】エンジェルフォールへ

エンジェルフォール
「世界最大落差の滝・エンジェルフォール」のベスト・シーズンは、12月中旬頃までとなります。今月も弊社のお客様は、エンジェルフォールを展望しに、ベネズエラへ旅行されている方が何組様かいらっしゃいます。
エンジェルフォール直下で望む迫力は、世界最大落差ならではの迫力です。南米の自然が持つ底力を感じるでしょう。
滝までにはボートで川を遡って、山小屋に一泊するのが一般的です。
タンニンで真っ赤に染まった川を移動します。一部の急流では迂回のために、徒歩で広大な草原を歩きます。そして、エンジェルフォールを要するアウヤンテプイの核心部へと上っていきます。アウヤンテプイとは、先住民の言葉で「悪魔の山」を意味します。
川幅が徐々に狭くなり、ジャングルの中の急流をボートで遡ると、いよいよエンジェルフォールが見えてきます。
エンジェルフォールへ向かう過程もとても楽しめ、日本とは全く違う自然、非日常を思う存分と味わえます。
世界最大の滝を見に、ちょっと冒険もしてみたい方にお勧めのポイントです。
DSCN4833.JPG
dde.JPG

関連ページ

「ウルトラ・トレイル Mt.フジ」に、ベネズエラ人選手が挑戦!... 4月26日から開催される「ウルトラ・トレイル Mt.フジ」に、ベネズエラ(ギアナ高地)の弊社パートナー企業経営者のイゴール・エロルサが参戦します。彼は、ベネズエラのアドベンチャー・レースの代表的な選手で、世界各地のレースに出場しています。アウトドア・メーカーのヘリー・ハンセンのバックアップで、日本...
【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡... ジミーエンジェルがエンジェルフォールを見つけたのは、1933年の事であった。 セスナ機のパイロットであった彼は、金鉱探しをする途中、偶然アウヤンテプイの裂け目に巨大な滝を目撃したのだ。 岩塔と雲の隙間を縫うように飛んでいる時に現われた滝の前を、きっと数回の旋回をしながら、食い入るように見...
ギアナ高地・ロライマをテント泊トレッキングで歩く... ギアナ高地のロライマ山のトレッキングでは、テント泊で往復1週間ほどの期間が必要となります。 片道ヘリでのアプローチをすると期間は半分ほどにできますが、ヘリ・チャーターの費用は非常に高額ですので、往復徒歩で歩く方が多いです。 トレッキングでは、1日8時間・標高差約800mを歩く日もあるので...
写真素材の販売/アマナイメージ 写真素材フォトギャラリー/アマナイメージ 「アマナイメージ」で写真素材(作家:松井章)を販売中です。昨年は、カレンダーや雑誌の記事や広告などにご利用いただき、今年はさらに写真素材の販売登録を増やしています。 アマナイメージ:写真素材販売フォトギャラリー「松井章」 南米を中心とした絶...
テーブルマウンテン・ロライマの異世界:映画「カールじいさん」②... 「失われた世界」の舞台:ロライマ ジュールヴェルヌの「失われた世界」の舞台となったテーブルマウンテンが、ロライマです。 山上台地へのアクセスは、ヘリであっても徒歩であっても簡単ではありませんが、そこに広がる景色は苦労をしてでも行く価値のあるものです。 下界とはまったく違う空気と静けさを...
ギアナ高地の核心部:世界最大落差の滝・エンジェルフォール... 世界最大の滝・エンジェルフォールとは 落差979mを誇る世界最大の滝・エンジェルフォールは、ベネズエラ・ギアナ高地の奥深くにあります。 今では、基点となるカナイマ村からボートで約4時間ほどで行くことができますが、約80年前のギアナ高地は完全な未踏の地域で、金鉱を探す探検家により偶然発見さ...

【ペルー】クスコ滞在も楽しむ

【日本の神事】相馬・野馬追い祭と復興

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ギアナ高地の秘境:アウヤンテプイ・トレッキング【往路徒歩・復路ヘリ】

    2017.09.01
  2. 「ギアナ高地・エンジェルフォール展望ツアー」最短で7日間で行けます。

    2012.08.07
  3. エンジェルフォールのベスト・シーズンは、年末までです!

    2012.09.21
  4. アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台

    2015.04.02
  5. エンジェルフォール6日間 ~ハンモック泊~

    2015.11.13
  6. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP