Loading

PHOTO-BLOG

ギアナ高地ロライマとエンジェルフォールの景色:映画「カールじいさんの空飛ぶ家」①


ディズニー映画「カールじいさんの空飛ぶ家」は、ギアナ高地に興味のある方には欠かせない作品です。

ストーリーも面白い映画で、大人の自分でも涙あり笑いありの映画だったので、買って永久保存しようと決めるほど良い映画です。

旅の舞台となるギアナ高地は、地名や登場人物など変えていますが、まさにギアナ高地です。
主人公が子供の時から大事にしていた「エンジェルフォール」のイメージは、ラトンシート島から見上げる構図に似ていました。

ジャングルの奥深くにある幻の滝です。
この景色を見ることを目標に心に秘めている人が、世界にどれだけいるのでしょうか。

映画はテーブルマウンテンのテプイ山上台地へと舞台は変わっていきます。
このテプイの山上台地の描写が正確で驚きました。
現場を実際に歩いて身に付けた描写なのでしょう。

山上台地は、映画ロストワールドでも舞台となったほど、地上の生態系から隔絶された世界です。
大陸移動プレートテクトニクスの軸とも言われ、地球最古の岩盤が残ります。
その固い岩盤だけが残り、柔らかい岩は長い時間をかけて風化して、無数のテーブルマウンテンが屹立する今の景色ができたのです。

描写される景色はギアナ高地そのものです。独特の岩や、ピンク色の砂、独自の進化を遂げた植物など。

細部へのこだわりという点では、主人公が使うロープの結びめもしっかりロープワークされているようです。

映画で出て来る景色の一つ、テーブルマウンテンの山上から対岸に遠望する滝の場面は、
ロライマ山の南西壁から望む“クケナン滝”に似ています。

ロライマ山は、エンジェルフォールからは、セスナ機で1時間離れた場所にあるので、「エンジェルフォール&ロライマ」となると、期間は非常に長くなります。
ロライマ山麓にはヘリが数機ありますがコストは非常に高いので、山歩きが好きな方は、テント泊(5~6泊)で麓の草原から歩いて登るのが良いでしょう。
※ポーター、機材などは全て弊社で手配可能です。
「2回目のギアナ高地」として、「ロライマ・トレッキング」もお勧めです。

ギアナ高地:専用ページ

ギアナ高地:専用ページ

関連ページ

ベネズエラ・ギアナ高地ロライマの奥地:三国国境と水晶の谷... ‟地球で最も古い大地”へ 地球のプレートテクトニクス運動の回転軸、と言われるギアナ高地は、太古の昔から地殻変動の影響なく、その歴史は20億年とも言われています。 大地が動かないギアナ高地では“隆起”という活動よりも、“風化”により長い年月をかけて変化して行きます。柔らかい岩盤が風雨に削ら...
新プラン「エンジェルフォールとブラジル・レンソイス周遊」... 「ベネズエラの秘境・エンジェルフォール」と「ブラジルの秘境レンソイス」を巡る周遊ツアーを企画しました。 秘境ギアナ高地・エンジェルフォールを巡る 世界最大落差の滝・エンジェルフォールでは、滝を展望する山小屋でハンモック泊をします。夕日と朝日のエンジェルフォールも望めるアドベンチャー要素た...
ギアナ高地の新プラン:グランサバナ・ロライマ展望とエンジェルフォール... 南米大陸で屈指の秘境・ベネズエラのギアナ高地の新プランを作りました。大草原グラン・サバナでテーブルマウンテン「ロライマ」を望み、世界最大落差の滝「エンジェルフォール」では、間近の山小屋で1泊します。先住民ペモン族の集落に宿泊しながら、ギアナ高地の名勝を巡るツアーです。 ツアーは、全行程で現地英...
エンジェルフォール山麓:山小屋泊をお勧めする理由... 世界最高落差の滝・エンジェルフォールでは、滝の近くにある山小屋(ラトンシート・エリア)に「1泊2日ハンモック泊」するのを、まずお勧めします。 基点となるカナイマ・ラグーンから丸2日間の時間を取ることが必要ですが、その価値は十分にあるでしょう。 山小屋と言っても壁のない小屋で、いわゆる...
ギアナ高地旅行の秘訣:エンジェルフォールとロライマ... <エンジェルフォール直下の山小屋で朝を迎える。> ギアナ高地の旅行では、目的地は大きく2つの場所に分かれます。 一つ目は、エンジェルフォールです。エンジェルフォールは、カラカスからのアクセスも割と良いので、日本発着で8日間ほどが目安となります。途中の経由地からは、セスナ機(又は中型機)を利用...
ギアナ高地のテーブルマウンテン:ロライマ・テント泊トレッキング... 地球最古の大地・ギアナ高地 地球最古の大地と言われるギアナ高地は、一説には20億年の歴史を持つと言われます。大陸移動(プレートテクトニクス)の回転軸に当たることで、ギアナ高地は動くことはなく太古の風景をそのまま維持しているのです。 火山や地震も隆起などの活動もないギアナ高地では、土地は風...

アンデス高原鉄道「アンディアン・エクスプローラ」:リニューアル運行

アートパネル-額装写真-販売:南米の壮大な自然を飾る

パタゴニア

関連記事

  1. トレッキング・登山に最適:パタゴニアの2つのレインウェア

    2017.04.13
  2. 20億年の歴史と地球最古の山:ギアナ高地・ロライマ

    2017.05.05
  3. テーブルマウンテン・ロライマの異世界:映画「カールじいさん」②

    2017.05.18
  4. 海外トレッキングや秘境で活躍する「ダッフルバッグ」とは

    2018.04.02
  5. ギアナ高地の赤く透明な水:カナイマ・ラグーン

    2015.04.01
  6. ベネズエラ・ギアナ高地ロライマの奥地:三国国境と水晶の谷

    2017.01.15
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP