Loading

PHOTO-BLOG

【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡


ジミーエンジェルがエンジェルフォールを見つけたのは、1933年の事であった。
セスナ機のパイロットであった彼は、金鉱探しをする途中、偶然アウヤンテプイの裂け目に巨大な滝を目撃したのだ。

岩塔と雲の隙間を縫うように飛んでいる時に現われた滝の前を、きっと数回の旋回をしながら、食い入るように見つめて去って行ったのだろう。

1937年、彼はエンジェルフォールを再訪する。そして、エンジェルフォールの上にセスナ機を着陸させた。
アウヤンテプイ山上に、セスナ機を止める平らなスペースなどあるはずもない。
エンジェルフォールに着陸する望みは果たしたが、セスナ機の損傷は激しく、彼は妻とともに2週間かけて徒歩で下山している。

この冒険に由来して、滝は「エンジェル・フォール」と名付けられた。

彼が残したセスナ機は1970年に、ベネズエラ軍に回収されることになる。

今でこそ、エンジェルフォールにたどり着くのは簡単な事であるが、ほんの数十年前は世界でも屈指の秘境であった。
その秘境の雰囲気は、今もまだ十分に残っている。

滝を見上げながら、かつて上空で魅せられたジミー・エンジェルの冒険に思いを馳せてみるのはどうだろうか。

エンジェルフォール山麓:山小屋泊をお勧めする理由

アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

関連記事

  1. アウヤンテプイの核心部・エンジェルフォール直下の展望台

    2015.04.02
  2. ギアナ高地の赤く透明な水:カナイマ・ラグーン

    2015.04.01
  3. ギアナ高地のテーブルマウンテン:ロライマ・テント泊トレッキング

    2018.06.04
  4. 中南米「新型コロナウィルス」の対策・状況の最新情報2/28

    2020.02.28
  5. 【ギアナ高地】ロライマ山上からの絶景と、トレッキング

    2013.12.13
  6. 添乗員同行で歩く、アウヤンテプイ・トレッキング:ギアナ高地

    2017.09.08
パタゴニア
2020年7月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP