Loading

PHOTO-BLOG

アタカマ高地-ウユニ塩湖からラグーナ・ベルデへ

南米アタカマ高地とは

日本で「アタカマ高地」と呼ばれる地域は、実際の“アタカマ高地”のごく一部、東の外れとなります。

アタカマ高地の魅力の多くはボリビア側にあり、ウユニ塩湖からチリ国境ラグーナ・ベルデ付近です。正確には、アルティプラーノ~スド・リペスという地域の分類になるが、広義で「アタカマ高地」に含めてしまうことが多い。

このままチリへと国境を越えサン・ペドロ・デ・アタカマへ抜けるのは人気だが、デメリットもあります。

チリに抜けることで、復路は首都サンティアゴを経由して帰国することになるので経路は大変な大回りとなり、コストの負担が問題なのです。

また、ボリビア側を縦断したドライバーとガイドは、国境で引き換えし地元のウユニへと同じ道を遠路戻る、そのコストも負担する必要があります。
やはりウユニ塩湖を基点にぐるりと周遊した方がコスト面と所要時間で効率的です。

ウユニ塩湖から、アンデス高原(アルティプラーノ)をリペス砂漠を経て、ラグーナ・コロラダとラグーナ・ベルデへ。

※ボリビア側でウユニ塩湖を基点に、アタカマ高地を周遊することをまずお勧めする理由です





関連ページ

ウユニ塩湖の朝日と夕日:塩の大地の華麗な色彩変化(ボリビア)... 塩の大平原:乾季のウユニ塩湖 乾季のウユニ塩湖では、無限にも広がる塩の大平原を疾走するのが大きな魅力だ。 真っ白な大塩原に凹凸は無く、遠くに見える対岸の山を目印に、車は延々と1時間も2時間も進む。 まるでこの世とは思えないような「白」と青空の「青」だけの世界は、私たちの文明世界とは完全...
ラパスの展望台で望む、霊峰イリマニの日没... ボリビア・ラパスの展望台で霊峰イリマニの夕刻を撮影する。 夕焼けが終わると、今度は街のナトリウム灯のオレンジのネオンが美しくなる。 背後のイリマニ峰は、徐々に夜の闇に沈んでいく。...
ウユニ塩湖「塩のホテル」:年末年始の混み具合... ボリビア・雨季のウユニ塩湖、「塩のホテル」は、12月中旬~3月まで大変混み合っています。 特に年末年始は最も混む時期ですが、12/30~1/3まで、わずか数部屋(Hotel Palacio del Sal)ですが空室があります。年末年始で「塩のホテル」が確保できるのも、そろそろラスト・チャンス...
乾季・ウユニ塩湖:果てしない「塩の大平原」を疾走する... 乾季のウユニ塩湖は、どこまでも果てしない塩の大平原となります。車で2,3時間ほど走って縦断するのですが、その間に道はまったくありません。遠く対岸に見える山を目印にして、道なき大平原を走ります。 その光景は、今までに見たことのない景色と経験となるでしょう。 日本では雨季のウユニ塩湖に人気があり...
ウユニ塩湖:グランピングで望む夕日と“塩の亀甲模様”... ウユニ塩湖で望む夕日。 陽が沈む寸前、斜光線が、見事な亀甲模様を照らす。 塩の結晶が作り出す亀甲模様は、ウユニ塩湖の特定の場所に現れる。 特に、「乾季」に見ることができる。 じっくりと滞在できる時間があってこそ見ることができる特別な景色だ。 ボリビア・ウユニ塩湖にて...
エルニーニョ現象:「アタカマの花園」と「ビクーニャ」への影響... 今年は“スーパー・エルニーニョ”とも呼ばれる強力なエルニーニョ現象に、世界中が翻弄されている。 エルニーニョとは、スペイン語で「El Niño」と書き、「神の子(=キリスト)」を意味する。 海水温の異常な上昇によって、ある地域では奇跡のような景観を生み出し、ある地域には災禍をもたらす...

【ギアナ高地・エンジェルフォールの歴史】ジミーエンジェルの航跡

劇的に色彩が変化するフィッツロイの朝焼け<パタゴニア>

パタゴニア

関連記事

  1. 乾季・ウユニ塩湖:塩の大平原の彼方へ

    2015.03.10
  2. チチカカ湖を望む絶景のロッジ:インカ発祥「太陽の島」

    2019.01.22
  3. 塩のホテルに泊まる

    2012.04.22
  4. 雨季・ウユニ塩湖の「塩のホテル」、残室わずかです。

    2012.10.03
  5. 【ボリビア】アアゾン川源流域のピンクイルカ <ビデオ>

    2013.06.13
  6. まだ間に合う「乾季・ウユニ塩湖」のメリット(9月・10月)

    2012.08.05
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP