Loading

PHOTO-BLOG

モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島


草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる。

松尾芭蕉が藤原三代の栄華を歌った俳句のように、モアイはかつての栄華を漂わせつつも、今では自然の中に静かに没しているのだ。

イースター島は、かつて椰子の木に覆われていた。
ポリネシアから遠洋航海を経て人々がやってきたのは、7世紀頃といわれる。その後、10世紀頃から17世紀後半まで競うようにモアイが凝灰岩の岩山から削り出され、建立され続ける。時の権力者のお墓として建立されたモアイは、村を見守るために海に背を向けて島中に拡散した。
今確認されているだけでも、約900体ものモアイが見つかっている。一つのモアイを作るのに、専門の職工が数十人で約1~2年かけて、一つのモアイを作ったらしい。

椰子の木に覆われたこの小さな島に、モアイを乱造するだけの体力はなく、きっと大きな負荷がかかっていたのだろう。

17世紀後半にモアイ作成はピタリと止まり、その後の部族間の争いを経て、モアイは全てうつ伏せに倒されてしまった。
人々はモアイの意味も忘れてしまい、偉大な文明は忘却の彼方に消えたわけだ

椰子の木の森が消えた島では、島中が草原に覆われている。大平原から流れ来る風の中、草原を歩き山に登り周囲を見渡せば、絶海の孤島は、大海原の中であまりにも孤独な存在であることに気づく。
この一つの島が存在の全てであった当時の人々にとって、島はあまりにも小さく、海はあまりにも巨大な存在であったのかもしれない。

イースター島:専用ページ

「イースター島」専用ページ

関連ページ

イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング... 約2500mの大岩壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。 南米最高...
アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂... アンディーナトラベル・クラブの会員限定ツアー「アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂」ツアーの企画を詰めています。 2月中旬の日本発着13日間で、南米最高峰アコンカグアをたっぷりと望む充実のテント泊トレッキング、イースター島では最高峰テレバカ登頂とともに日の出や星空も望む、特別な...
《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島... 南米最高峰アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰テレバカ登頂 13日間 ◆2018年2月7日発 アンディーナトラベル・クラブ会員限定ツアーの特別企画です。 ◆詳しい日程表と料金表は、お問い合わせください。 南米最高峰アコンカグアでは、南壁の展望にこだわった、テン...
イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代... イースター島に勃興したモアイ文明 モアイにはかつて“目”があった。 空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。 ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さ...
古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...

イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島

写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品

関連記事

  1. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  2. 南米の絶品フルーツ:アタカマ産チリモヤ

    2014.01.24
  3. アタカマ高地からウユニ塩湖へ② ミスカンティ湖

    2012.06.03
  4. アタカマ高地縦断:ボリビア・ウユニ塩湖からチリ・サンペドロへ

    2019.02.15
  5. 南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

    2017.07.23
  6. アタカマ砂漠の花:ロシータ・デル・カンポ(アカネ科)

    2018.12.24
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP