Loading

PHOTO-BLOG

イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代

イースター島に勃興したモアイ文明

モアイにはかつて“目”があった。
空を見つめるように寂しげに佇むモアイがイメージとしてあるが、かつては目が嵌め込まれることで、モアイは霊力を持った存在として、威厳とともに人々を守る存在であった。

ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さな島に文明が勃興した。4世紀、5世紀、また10世紀頃ともいわれる時代を起源として、イースター島に独自の文化が花開き、繁栄と守護の象徴としてモアイはいたるところに建造された。

モアイというと、海を見つめているイメージがあるが、実際には内陸を向き、村を見つめていたと言われる。モアイの目には、原初の力=マナが宿るとされ、珊瑚と赤色凝灰岩で作られた目が嵌め込まれていたのだ。モアイは各村を守る大切な守り神であった。

文明の崩壊は突然起きた

モアイが放棄されたのは、つい200~300年ほど前のことだ。イースター島の文明は古代文明と言われたりするが、実は日本でいえば江戸時代中期ころまで繁栄していたのだ。

人の歴史の軸から見れば、つい最近といえるほどの昔に、イースター島でいったい何が起こったのだろうか。文明の発展により島の資源を取りつくした、というのは定説であるが、それでも1000年も続いた文明が江戸時代に滅びたのには理由があるはずだ。

そこには、「大航海時代」が大きく関係しているようだ。

大航海時代:ヨーロッパ人の到達

16世紀にコロンブスが新大陸を発見して以来、ヨーロッパ人は世界中の海を探検した。16~17世紀、スペインとポルトガルが中心となり世界を探検する。マゼランの世界一周航海もこの時代だ。その後、世界の覇権はイギリスに取って代わられて、18世紀はイギリスやオランダなどが中心に世界を探検する。世界の海を探検したこの時代を「大航海時代」と言う。

イースター島にヨーロッパ人が到達したのは1722年であった。復活祭(イースター島)の日に到達したことから、イースター島と名付けられたと言われる。このとき、ヨーロッパ人は1000体以上のモアイが立ち、人々がモアイを崇めている姿を目撃している。
この小さなヨーロッパ人との接触が、イースター島の文明の歯車を狂わせてしまったようだ。

公式の記録ではヨーロッパ人が次に到達したのは、1774年のイギリスの探検家ジェームス・クックが来た時だ。その時にはモアイの半数ほどが倒されてしまっていた。そうして、全てのモアイが倒されたのは1840年ころと言われる。

わずか50年ほどの間にいったい何があったのかは謎であるが、1722年のヨーロッパ人との接触で何かが起こったことは予想できる。

文明崩壊のきっかけは「ねずみ」だった?

一説には、西洋人の船にいた「ネズミ」が、イースター島で繁殖したことが原因ではといわれる。
ネズミは急速に繁殖して、島の生態系が崩れて、森が消えてしまったのだ。資源を失った島には戦乱が起こり、全てのモアイは倒されて、瞬く間に文明は崩壊してしまう。モアイを削り出していた石切り場「ラノララク」にはまだ建造中のモアイが多数残されているほどに、急激に戦乱が起こり一気に崩壊したことを物語る。

少ない資源を奪い合う中で、人々は敵対する村のモアイを倒し、目を破壊した。霊力の象徴を破壊することは、当時の戦いでとても重要なことだったのだろう。

こうして19世紀には島民の数は激減して、かつての文明の存在をも忘れてしまうのだ。過去の記憶を伝承だけで後世に残すのだが、伝承を伝える人がいなくなってしまえば、1世紀もしないうちに過去の栄華も忘れられてしまうのだ。

復興する人々のアイデンティティ

当時の栄華を名残は、モアイだけだ。しかし、人々の心の奥底にポリネシア人としての記憶は眠っていたのだろう

その後、チリへの編入という激動の時代を経て、いま少しずつイースター島の人々のアイデンティティは取り戻されている。モアイはアイデンティティの象徴だ。
年に一回の祭り・タパティでは、島の人々は古くから伝わる踊りとともに、カヌーの神輿を担ぎ島を練り歩く。
タパティの賑わいは年々増し、イースター島に新しい時代が始まろうとしている

ポリネシアの海洋民族としての自覚とともに、イースター島はいま覚醒しようとしているのだ。

関連ページとブログ記事

関連ページ

アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂... アンディーナトラベル・クラブの会員限定ツアー「アコンカグア南壁トレッキング&イースター島最高峰登頂」ツアーの企画を詰めています。 2月中旬の日本発着13日間で、南米最高峰アコンカグアをたっぷりと望む充実のテント泊トレッキング、イースター島では最高峰テレバカ登頂とともに日の出や星空も望む、特別な...
古代ポリネシアの海洋文化圏:イースター島、そして南米大陸... 古代の海洋文化圏を軸に結ぶ太平洋のルート ハワイ、ニュージーランド、イースター島の3つを結ぶ広大なエリアが、ポリネシアと呼ばれる地域です。マゼランやクック船長が来るはるか数百年、あるいは千年以上も前に、すでにポリネシア人はイースター島に到着していました。 海を渡ってきたことは確かですが、西洋...
モアイが物語る小さな文明の歴史:イースター島... 草原にたたずむモアイは、どこか寂し気に遠くを見ている。モアイの頭の上には、ハヤブサが止まっていた。獲物を見つけるのに、モアイの頭の上はちょうど良い物見台なのだ。ときおりハヤブサが鋭く鳴く声を聴きながら、草に埋もれて風に吹かれるモアイを見ていると、そこには寂しさとは異なる爽やかな無常感をさえ感じる...
《特別企画》アコンカグア展望トレッキングとイースター島... 南米最高峰アコンカグア南壁展望トレッキングと、イースター島最高峰テレバカ登頂 13日間 ◆2018年2月7日発 アンディーナトラベル・クラブ会員限定ツアーの特別企画です。 ◆詳しい日程表と料金表は、お問い合わせください。 南米最高峰アコンカグアでは、南壁の展望にこだわった、テン...
イースター島:ポリネシアの文化が宿る不思議島... 太平洋の絶海の孤島・イースター島に、モアイという類い稀な遺跡を残した文明が存在していた。 広大な世界地図を前にすれば、イースター島をすぐに見つけられる人は少ないのではないだろうか。 イースター島は南米・チリに所属するが、首都サンティアゴからは空路で約5時間かかる。空港に降り立てば、空...
南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング... 約2500mの大岩壁を望む 「アコンカグア山頂の嵐(チボル・セケリ著)」は、学生時代の愛読書の一つであった。山頂部の嵐の描写とともに、人間の心理や葛藤を、最高峰アコンカグアという山を舞台に書き上げた名作だ。南米大陸への憧れや方向性を決定的にするようなインパクトのある本であった。 南米最高...

奇跡の絶景:水晶の白砂漠レンソイスを歩く

【ペルーの祭】ワスカラン峰と山岳民族ケチュアの伝統舞踏

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  2. 南米最高峰「アコンカグア南壁」を望む展望トレッキング

    2017.07.23
  3. 今年は当たり年?「アタカマ砂漠の花園 2017」

    2017.09.22
  4. 太平洋から吹く風「カマンチャカ」と砂漠にもたらす恵み

    2014.01.23
  5. 砂漠を花が埋め尽くす「アタカマ砂漠の花園2017」

    2017.09.12
  6. 南米の絶品フルーツ:アタカマ産チリモヤ

    2014.01.24
2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP