Loading

イースター島:モアイ観光&テレバカ山トレッキング《チリ旅行》

古代文明の遺跡「モアイ」は、太平洋の絶海の孤島イースター島には、約1000体も発見されています。多くの謎に包まれたイースター島は、ガイドとともに歩き、なぞに包まれた謎の一端を垣間見ると、そこにはポリネシアの海洋文化圏が浮かび上がります。

地元民は、愛着とともにラパ・ヌイ島と呼びます。「ラパ・ヌイ」とは“大きな存在”を意味します。19世紀後半にチリ領として統合された英名「イースター島」は知名度こそありますが、真の名前ラパ・ヌイとともに、古代イースター島の歴史を紐解きましょう

モアイの起源とポリネシア海洋民族

ポリネシアの海洋民族が太平洋の絶海の孤島に辿り着き、小さな島に文明が勃興しました。4世紀、5世紀、また10世紀頃ともいわれる時代を起源として、イースター島に独自の文化が花開き、繁栄と守護の象徴としてモアイはいたるところに建造されました。

モアイというと、海を見つめているイメージがあるが、実際には内陸を向き、村を見つめていました。モアイの目には、原初の力=マナが宿るとされ、珊瑚と赤色凝灰岩で作られた目が嵌め込まれて、モアイは各村を守る大切な守り神でした。

モアイが放棄されたのは、つい200~300年ほど前のことです。イースター島の文明は古代文明と言われたりするが、実は日本でいえば江戸時代中期ころまで繁栄していました。

謎に満ちたその文明崩壊は秘密に満ちていますが、最新の研究では大航海時代でのヨーロッパとの接触が原因と言われています。

《ブログ記事》イースター島・モアイ文明の崩壊と大航海時代

イースター島観光

●終日観光
太平洋をバックにモアイが直立する観光名所を巡ります。アフ・バイフ、アフ・アカハンガ、アフ・トンガリキ、モアイの石切り場「ラノララク」、アナケナ・ビーチへ。
イースター島の東部を一日かけて巡ります。
一見すると同じもモアイですが、一つ一つですべて違う表情や姿をしています。正座をするモアイなどもあり、専属ガイドは古代文明の解説を詳しくいたします。
●朝日観光
モアイの背後から上る朝日を望みます。日の出の時間をもとに手配します。朝食を摂れないこともありますので、予めご了承ください。

●夕日観光
モアイの背後に沈む夕日を望みます。日の入の時間をもとに手配します。夕食の時間に影響しますので、予めご了承ください。

●半日観光:オロンゴ儀式村、ラノカウ火口
モアイの時代が終焉したのち、「鳥人」をシンボルにした新たな文化が開きました。「鳥人」伝説の舞台・オロンゴ儀式村と、ラノカウの巨大な火口湖を巡ります。

最高峰テレバカ 登頂ハイキング

火山島であるイースター島には、いくつもの円錐型の火山があります。イースター島の最高峰テレバカ(507m)に登頂します。
イースター島は、古代モアイの時代に多くのヤシの木が伐採されたために、島の大半が草原に覆われています。大草原を歩き、山頂を目指しましょう。山頂からは、イースター島の村や草原、そして太平洋の大海原を望みます。
トレッキング入口は、モアイが建つ「アフ・アキビ」です。往復3~3.5時間のハイキングです。

タパティ祭り

年に一度の約1週間(2月)、ポリネシアの祖先を讃える大祭「タパティ」が催されます。島は祭りの雰囲気に包まれて、交通機関やモアイの開場時間が制限されますが、カーニバルで町を練り歩く人々やカヌーの山車は一見の価値があるでしょう。

ブログ関連記事

イースター島:関連記事

関連ページ

「地球のリズム」ブラジル・レンソイス砂漠の劇的な変化... ブラジル・レンソイス砂漠の季節とは 日本には四季の移ろいがあるように、ブラジル・レンソイスには雨季と乾季で変化するリズムがあります。 その景色の変貌は「劇的」なものです。 1~6月、砂漠にも雨季が訪れます。 半年の乾季の間に乾ききった砂漠の地中に、水がじわじわと染み込んで行きます。 ...
写真コンテスト入選/「パタゴニア」&「南極」2作品... 国際写真コンテスト「International Photographer of the year 2017」にて、弊社・松井の2作品が入選しました。 パタゴニアでは、フィッツロイ峰と星の軌跡、南極では圧倒的な迫力の氷河をテーマにしています。 ●パタゴニア:Star Trail in Pa...
アンデス高原の民族衣装:インカ直系の子孫、ケチュア族とアイマラ族... アンデス高原の主役:ケチュア族とアイマラ族 南米アンデス山脈は、南米大陸を貫く長大な山脈です。地域により住む人種も風景も全く異なるのですが、インカ系の人々が住む地域は、南米で最も広い範囲に及ぶでしょう。 ペルー・ボリビア・エクアドルを中心に、コロンビア、アルゼンチン北部、チリ北部、それぞれ標...
《パタゴニア》フィッツロイ山麓で、キャンプするメリット... パタゴニアを代表する山といえば、フィッツロイ山群とパイネ山群です。 フィッツロイ山麓へは、日帰りハイキングでも十分往復できる距離にあります。 朝早く出発して、山麓でのんびりして戻っても時間が余るほどです。 日が長いので、夜9時ころまで明るいです、1日が長い場所です。 そんなフィッツロイ山麓で、テン...
パタゴニアをもっと深く旅するために... マニアックなセロ・トーレ西面にて、静かな日没 年々とツーリストが増えてインフラが整うパタゴニアは、個人旅行でも安心して旅行していただけます。 物価・人件費が高いパタゴニアでは専属ガイドを同行させるのは難しいために、ある程度はご自身で英語(又は西語)を話して自立した旅をする覚悟は必要ですが、きっと思...
次のブームはペルー料理 毎週月曜日の大柄なオカマタレントさんの番組で、ペルー料理の特集がありました。 ペルーというと、アンデス山脈のイメージが浮かびますが、砂漠、ジャングルもある、様々な気候帯、地形を持った国なのです。そのぶん、穫れる食材も豊富です。インカの食文化がスペインの影響を受け、さらにアジア系の移民の影響も受けつつ...
PAGE TOP