Loading

風景写真家・松井章のブログ

温暖化によるペリトモレノ氷河の後退がいよいよ始まる

ペリト・モレノ氷河とは

高さ60m、幅4kmもあるペリト・モレノ氷河は、温暖化の時代にありながら、その影響が少ない珍しい氷河です。
年によっては、今も氷河は前進することがあるほどに活発な氷河です。

そのペリト・モレノ氷河にも、温暖化の影響がついに及び始めています。

私がペリト・モレノ氷河を訪れたのは昨年の11月です。約5年ぶりに訪れましたが、その大きさに変化があるのは明らかでした。
特に、クルーズ船で氷河に接近する南側の氷壁は高さがおそらく10mほどは低くなっていました。

ペリト・モレノ氷河の著しい後退

▲Glaciarium https://glaciarium.com/es/

世界中の氷河と同様にペリトモレノ氷河においても、不可逆的な後退・縮小が始まったとする調査結果が、先日発表されました。

アルゼンチンのパタゴニアにある「氷河学センターGlaciarium」の調査によると、ペリト・モレノ氷河上では、すでに大気の温暖化を示すデータが見つかっているそうです。

このデータは、1995年にペリト・モレノ氷河の上に設置されたGPMステーションと呼ばれる気象観測所から、28年間の調査で蓄積されたものです。

観測によると、氷河上での年平均気温は、年により上下はあるものの、28年間で0.8度は上がっています。
さらに夏の平均気温は、確実に毎年上昇し続けているそうです。

すでに28年前から、この氷河も温暖化が始まっていたのですが、目で見える変化に乏しかったのは、それだけ源流からの氷河の供給も多かったということでしょう。
いま源流からの氷の供給よりも、融解する量の方が多いことから、大きくペリトモレノ氷河は縮小し始めています。

観測所のデータと、実際に目で見える氷河の様子からも、氷河の後退が加速度的に進むことが懸念されています。

この100年ほどは、変わらずに陸上に設置された展望台に、氷河が接すほどの近さで見ることができました。年によっては氷河が陸上に乗り上げて、湖の水の流れを堰き止めるほどでした。
その氷河も、いまは陸地から徐々に離れようとしています。

また、ペリト・モレノ氷河の後退が、周辺の大気のさらなる上昇にも影響し、他の氷河をさらに後退・縮小させる局面も予想されています。

この世界でも稀なダイナミックな風景にも、いよいよ温暖化の影響が出ています

関連ページ:パタゴニア


「パタゴニア」関連記事集

館山城の桜

ブエノスアイレスで生まれたタンゴの起源

関連記事

  1. 作家•野田知佑とカヌーの世界

    2022.04.02
  2. フォト・ギャラリー「日本」:新ページのご案内

    2020.05.13
  3. 新大陸の富の行方②:スペインからヨーロッパへ

    2022.04.27
  4. 雨季・ウユニ塩湖の鏡張り:ボリビアの絶景を堪能する

    2017.10.06
  5. メルマガ12月号

    2022.12.16
  6. パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ

    2017.02.18
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP