Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む

1_3.jpg
夕方の風は、骨身に染みるように冷たい
パタゴニア大陸氷床で、セロトーレ直下からの風を楽しめる余裕があるのは一つの幸運だ
世界でも稀にみる悪天候のまさに核心部にいるからだ
氷河源流部の氷は圧縮されて硬く密度が濃い。氷河は、セロトーレから吹き飛ばされた砂利で薄く覆われているが、砂利の間にときおり穴を見つける。
その穴は、深く深く青い。透明で底の石が見えるが、どのくらいの深さなのか見当もつかない。じっと見ていると吸い込まれそうに危うく感じてしまう。
このような清冽な水をたたえた泉は、氷河からの贈り物と言ってもいいだろう
コップで掬い取り、水を飲めば、体中が喜んでいるようで溜息が出る。
セロトーレを見ながら、水を飲む幸せ。
その時は間違いなく、あの水は世界で一番美味しい水であった
水筒をこの水で満たすと、何とも言えぬ満足感で夜を迎えられた
3_3.jpg
6_3.jpg

関連ページ

ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ... 2017年3月18日出発で、「フィッツロイ山群トレッキングとペリトモレノ氷河 9日間」を企画しています。 今年3月に催行した企画と同じく、日本から往復9日間という最短日数で、フィッツロイ山群を2泊3日のテント泊トレッキングで歩きます。 フィッツロイのベースキャンプにテントやマットなどのキ...
フィッツロイ山群の大氷河:ビエドマ氷河ハイキング... パタゴニアのビエドマ氷河 チャルテン近郊のこの氷河は、規模はモレノ氷河に次ぐ大きさですが、訪問者が少なく、とても静かです。 ビエドマ氷河では、遠望するだけの観光はなく、「氷河ハイキング」が基本です。 アイゼンを使用しますが、歩く距離は短く、簡単な氷河上を歩くので、初心者でも問題なく歩けます...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
パタゴニア:星空-淡雪 / 森羅万象に遊ぶ... 行き交う人の少ない山を歩く時、周りの森羅万象の全てに五感が働くと思います。 音。四方の音に敏感になり、関わる時間が長いほど研ぎ澄まされていくものです。 夜闇の中を歩いたり、星空を見上げるような日々を過ごせば尚の事。 風の国と言われるパタゴニアならではの、風の音いろいろ。葉擦れの音。獣の歩く...

グランドキャニオン・トレッキング⑤:植生と気候帯の驚異

パタゴニア氷原を取り巻く、この世あらざる景色

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑦ 氷河展望の丘

    2015.10.31
  2. アルゼンチン名物の焼肉:伝統料理「アサード」

    2015.09.30
  3. パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

    2015.08.11
  4. クリスティーナ牧場③贅沢な滞在の魅力

    2015.10.26
  5. パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

    2015.09.21
  6. 「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲

    2015.06.13
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP