Loading

PHOTO-BLOG

グランドキャニオン・トレッキング⑤:植生と気候帯の驚異

1.jpg
2.jpg
グランドキャニオン上部のサウスリムから、最深部コロラド川への行程で目にするのは、劇的ともいえる気候帯の変化になるだろう。
サウスリムはカナダに通じる寒冷な気候であるが、下がるに連れて気温は上がり乾燥したメキシコの砂漠気候へと変化していく。
わずか10km前後の移動で、これだけ気候が変化する場所は世界でもなかなか目にすることはない。
4月上旬は、グランドキャニオンの早春に当たる、ワイルドフラワーの季節。
コロラド川付近では既に花の時期は終わっているが、標高1,200m~1,800m前後の地域では、様々な花が咲き乱れていた。重いザックを担いだまま、トレッキングの歩を止めてしゃがみこむのが億劫で、あまり写真を撮らなかったのは小さな後悔であった。
リュウゼツランは5mほどの尖塔のような茎を伸ばしている。数十年にたった一度だけ開花して、儚く枯れてしまう。その花の蜜だけで生きるハチドリもいる。
サボテンの花もいたる所で開花する。場所によっては、サボテンのお花畑といえるほど咲き乱れている。
どうやら春は、咽せ返るような生命の勢いと、散って行く儚さが同期しているようだ
休憩をするとサボテンの陰から地リスが現れて餌を物色する。空を見上げれば、カリフォルニア・コンドルが大きな翼を広げて悠々と空を舞う。
サウスリムで見かけた巨大な鹿・エルクは標高を下げると姿を消し、代わりに中型のミュールジカが現れる。
季節は明らかに春を迎えていて、生き物はいきいきと活動を始めたところであった
グランドキャニオンで最も美しい季節は、間違いなく春であるだろう
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg
8.jpg
9.jpg
10.jpg
7.jpg

関連ページ

グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ... グランドキャニオンの核心部・コロラド川を往復する3日間のテント泊トレッキングは、12億年の地球の歴史を垣間見る旅となります。 標高2,200mのサウスリムから、標高750mのファントム・ランチへ。標高差1,450mを一日で一気に下ります。 サウスリムに広がる松の林では、4月はまだ日陰に残...
グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ... グランドキャニオンの谷底、コロラド川の渓谷に流れる時間は独特です。 数百メートルの絶壁の渓谷に差し込む光線は、この世ならぬ美しさを演出します。細かい粒子の砂浜に座り込み、静寂に川の音だけが聞こえる。 ひとたび川を背にすると、トレイルは一気に登りとなります。地層が花崗岩から何種類もの堆積岩...
グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁... 朝一番の光が谷に射しこむと、サウスリムの岸壁がオレンジ色に輝く 昨夜の雨は、上のサウスリムでは雪だったようで、岸壁の上部に雪が張り付いてる。 陽光が谷の中に到達するのは、夜明けの2時間くらい後だろうか。かつて先住民が住んでいた小さなオアシスを後にして、一番上のサウスリムへ登る。何度もグラ...

グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁

フィッツロイ山麓の清冽な水を飲む

パタゴニア

関連記事

  1. キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

    2018.03.10
  2. グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ

    2015.04.29
  3. グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁

    2015.05.02
  4. アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート

    2015.04.28
  5. グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ

    2015.04.30
  6. モニュメントバレーの刻々と変化する色彩

    2015.04.27
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP