Loading

PHOTO-BLOG

グランドキャニオン・トレッキング③:プラトー・ポイント

1.jpg
2.jpg
プラトーポイントから見下ろす渓谷は、コロラド川に深く落ち込む大地のひび割れです。
10億年分の堆積岩は長い浸食に削られて行きましたが、最深部の花崗岩は硬く、これ以上深く削られて行くことはないのでしょう。
キャンプから約1時間、グランドキャニオンの中段に当たる大草原を歩き、プラトー・ポイントへ向かいます。
草原と言っても、サボテンだらけですので、道以外にはとても足を踏み込めるような場所ではありません。
眼下にコロラド川を見下ろし、前方にはグランドキャニオンの山並みを望み、背後にはサウスリムの大岩壁を見上げます。
3日間のトレッキングでは、最も広い展望を望める場所です。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート... 正午の陽光がまっすぐと洞窟に降り注ぐ時、ほんのわずかな時間だけ、アンテロープキャニオンに光芒が差し込む オレンジ色の砂岩の洞窟はぼんやりと橙色に染まり、天から差し込む光芒はまさに鋭く一筋 幻想的な光線の持続時間は思いのほか短く、太陽の角度により光芒の場所も変化します 手に取れるような光の帯...
モニュメントバレーの刻々と変化する色彩... モニュメントバレーの砂漠を望む高台のホテル、ザ・ビューの別館のキャビンに泊まる。 夕刻に到着したので、テーブルマウンテンの影が徐々に長く東側に伸びていた。 ホテル本館のレストランで夕食を摂りながら、夕焼けにゆっくりと紅く染まっていく山を望む。刻々と色彩の変化するモニュメントバレーの美しさ...
グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ... グランドキャニオンの核心部・コロラド川を往復する3日間のテント泊トレッキングは、12億年の地球の歴史を垣間見る旅となります。 標高2,200mのサウスリムから、標高750mのファントム・ランチへ。標高差1,450mを一日で一気に下ります。 サウスリムに広がる松の林では、4月はまだ日陰に残...
『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作... ジム・ブランデンバーグの傑作「白いオオカミ」 「白い狼」と聞いてすぐにイメージできる人はそういないだろう。 北極の環境に適応した狼の希少種・白いオオカミは、北極点からわずか800キロのカナダ・エルズミア島に生息する。一年の大半が雪で覆われる土地も、近年の温暖化の影響は免れないだろう。すで...
アラスカの原野を歩く「キャンプ・デナリ&カリブー・ロッジ」ツアー報告... 一足先に秋を迎えるアラスカにて、北米最高峰デナリ山麓を歩くツアーに同行してきました。アラスカの原野の2つのロッジに滞在しながら、現地の自然を堪能する「アンディーナトラベル・クラブ」添乗員同行ツアー企画です。 交通手段の大半は、アラスカ鉄道とセスナ機にて移動しました。車で移動するよりも、鉄道...
グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁... 朝一番の光が谷に射しこむと、サウスリムの岸壁がオレンジ色に輝く 昨夜の雨は、上のサウスリムでは雪だったようで、岸壁の上部に雪が張り付いてる。 陽光が谷の中に到達するのは、夜明けの2時間くらい後だろうか。かつて先住民が住んでいた小さなオアシスを後にして、一番上のサウスリムへ登る。何度もグラ...

グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ

グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁

パタゴニア

関連記事

  1. キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

    2018.03.10
  2. モニュメントバレーの刻々と変化する色彩

    2015.04.27
  3. アンテロープ・キャニオン:光芒の作り出すアート

    2015.04.28
  4. グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ

    2015.04.29
  5. 『白いオオカミ ~北極の伝説に生きる~』伝説の写真家の傑作

    2018.06.05
  6. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP