Loading

PHOTO-BLOG

グランドキャニオン・トレッキング③:プラトー・ポイント

1.jpg
2.jpg
プラトーポイントから見下ろす渓谷は、コロラド川に深く落ち込む大地のひび割れです。
10億年分の堆積岩は長い浸食に削られて行きましたが、最深部の花崗岩は硬く、これ以上深く削られて行くことはないのでしょう。
キャンプから約1時間、グランドキャニオンの中段に当たる大草原を歩き、プラトー・ポイントへ向かいます。
草原と言っても、サボテンだらけですので、道以外にはとても足を踏み込めるような場所ではありません。
眼下にコロラド川を見下ろし、前方にはグランドキャニオンの山並みを望み、背後にはサウスリムの大岩壁を見上げます。
3日間のトレッキングでは、最も広い展望を望める場所です。
3.jpg
4.jpg
5.jpg

グランドキャニオン・トレッキング②:円形劇場のキャンプへ

グランドキャニオン④:朝日に輝くサウスリムの岸壁

関連記事

  1. モニュメントバレーの刻々と変化する色彩

    2015.04.27
  2. 【風景写真の基本】定点観測で望むモニュメントバレー

    2020.05.19
  3. グランドキャニオンのキャンプ:ファントム・ランチ

    2015.04.29
  4. フォト・ギャラリー「アメリカ」:新ページのご案内

    2020.05.11
  5. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  6. キャンプ・デナリからの手紙:アラスカ・デナリ国立公園

    2018.03.10
パタゴニア
2021年4月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP
error: Content is protected !!