Loading

PHOTO-BLOG

7/1発-レンソイス・トレッキング 10日間-催行間近


水晶が細かく砕かれ研磨されたことで、独特に白く輝くレンソイス砂漠は、これから短いベストシーズンを迎えます。

雨季が終わり地中から水が染み出し始める6月には、約2万個とも言われる無数の湖が砂漠に出現します。
その湖は、深い碧や藍の色をたたえ、湖ごとにその色は異なります。

まさに“異界”という表現が合うレンソイスの核心部には、テント泊トレッキングで歩かなければ決して見ることができない絶景です。
日帰り観光では、レンソイスの端を「点」で訪れるだけだからです。
トレッキングを通して、レンソイス砂漠の核心部ともいえる無人のエリアを抜けて大西洋へ、「線」で体験するのとは、見ることができる世界は全く異なります。

無数の湖を縫うように歩き、ときにはエメラルド色の湖で水浴びをして、夜は満天の星の砂漠でキャンプをして、2泊3日で大西洋を目指します。

<関連記事>
●ブラジル:「レンソイス縦断トレッキング」の魅力
●ブラジル:レンソイス砂漠を歩く

関連ページ

貿易風とアマゾンが作る奇跡の絶景:レンソイス砂漠... 水晶の白い砂漠「レンソイス」の成り立ち 白いキャンバスに翡翠を散りばめたような世界。 巨大な砂漠をキャンバスに、湖を翡翠に例えたとしたら、それは荒唐無稽な景色だろうか レンソイス砂漠は水晶の粒で成り立つ白い砂漠だ。その地下に膨大な水を蓄える雨期明けの数ヶ月、砂漠から滲み出た水が、砂漠に...
貿易風と砂の造形「風紋」/ブラジル・レンソイス砂漠... レンソイス砂漠の砂丘と風紋 レンソイス砂漠の波打つ砂丘に相似するように現れる“風紋”は、時に息を呑むような美しさで迫ります。 特に美しいのが、朝や夕方の斜光線が射す時間帯です。 波打つ“風紋”が、斜光線により影とともに浮き立つように、視界に現れてきます。 何らかの偉大な規則性を感...
レンソイスの野鳥:プレギサス川の赤い鳥“ショウジョウトキ”... “真紅の鳥”ショウジョウトキは、ブラジル・レンソイス東部を流れるプレギサス川に生息しています。まさに真紅という言葉がぴったりに紅く、陽が当たれば空の青や森の緑とのコントラストで鮮やかです。 川の両岸には世界一樹高の高いマングローブが覆うように茂り、河口から上流へ汽水域は10キロ以上も続きます。...
新プラン「エンジェルフォールとブラジル・レンソイス周遊」... 「ベネズエラの秘境・エンジェルフォール」と「ブラジルの秘境レンソイス」を巡る周遊ツアーを企画しました。 秘境ギアナ高地・エンジェルフォールを巡る 世界最大落差の滝・エンジェルフォールでは、滝を展望する山小屋でハンモック泊をします。夕日と朝日のエンジェルフォールも望めるアドベンチャー要素た...
レンソイス砂漠を作り上げた大西洋の貿易風(ブラジル)... ブラジル・レンソイス砂漠と風の関係性 レンソイスという巨大な砂漠を作り上げたのは、大西洋から吹き付ける貿易風です。 微細な砂を吹き上げ続けて、いったい何十万年が経ったのか 周辺の自然のリズムは、全て風に支配されています。カシューナッツやマングローブの林も、人の暮らしも、全てが風に大きく影響...
ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方... 水晶の白砂漠を歩き、地平線を目指す 1年の中でわずか2ヵ月ほどの期間、レンソイス砂漠は約2万個とも言われる湖で覆われます。 白砂の砂漠は水晶から成ることから、その砂はとても微細に白く輝きます。 この砂地に水が溜まる時、深さや砂地の微妙な成分の匙加減の違いから、青や緑、そして赤まで、一つ...

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア

パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア

関連記事

  1. 写真素材の販売/アマナイメージ

    2019.01.09
  2. オアシスの畔に生きる砂漠の民:ブラジル・レンソイス

    2016.07.18
  3. ブラジル・水晶の白い砂漠「レンソイス」の歩き方

    2017.08.14
  4. レンソイス砂漠に生きる野生動物の営み(ブラジル)

    2016.07.20
  5. レンソイス砂漠:2万個の湖の華麗な色彩変化(ブラジル)

    2015.03.29
  6. 本日完成のアートパネル(額装写真)レンソイスの白砂漠と入道雲

    2017.09.06
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP