Loading

風景写真家・松井章のブログ

アマルガ湖に映り込むパイネ山群/チリ・パタゴニア


湖面に写り込む「パイネ山群」を写真に収めるには、防風の吹き荒れるパタゴニアでは稀な“無風”という好条件に恵まれる必要があります。
パイネ国立公園は、チリ側パタゴニアのシンボルです。

そんな時には、パイネ山群の東麓のアマルガ湖に見事な“逆さパイネ”が写り込むでしょう。
アマルガ湖は比較的に浅い湖なので、無風の時には鏡張になる確率は高いからです。

この湖の名前「アマルガ」はスペイン語で、日本語では「にがい」を意味します。

湖畔に白く見えるのは、粒子の大きな塩の粒なのです。
食べれるような美味しい塩ではなく、湖名である“にがい”という表現通りです。

塩湖なので普通の生物は生息していませんが、プランクトンを捕食するフラミンゴを見ることができます。

チリ側のパタゴニアにあるパイネ国立公園の特色は、山麓も含めたその広大さでしょう。
広大ながらも、展望の良いベストな場所には車道が通っています。

アマルガ湖畔から望むパイネ山群の展望では、トーレス・デル・パイネ峰(写真:右)の針峰を望めます。
クエルノ峰とグランデ峰は、写真では山塊の左半分を占めるアルミランテ・ニエト峰の裏にあります。

パイネ山群は、展望台の位置で山容が全く異なります。

パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

7/1発-レンソイス・トレッキング 10日間-催行間近

関連記事

  1. 初冬のパタゴニアと季節の変化 -フィッツロイ山麓エルチャルテンにて

    2017.08.16
  2. パタゴニア南部氷床:氷河昆虫

    2013.12.18
  3. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  4. パタゴニア・パイネ国立公園の名峰:クエルノ「角」

    2016.12.01
  5. チリ/「南米大陸の幻想風景」写真展」:撮影エリア紹介⑥

    2021.04.15
  6. パタゴニアの秋:フィッツロイで過ごす、荒天の停滞日

    2016.03.29
パタゴニア
2024年5月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP