Loading

風景写真家・松井章のブログ

パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

1.jpg
2.jpg
ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。
広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。
しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。
パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見える草原も牧場(エスタンシア)の敷地であるからだ。
チリ・パタゴニアのパイネ国立公園は、野生動物が保護の対象であるので、多くのグアナコが集まる。
専用車を一日貸し切れば、かなりの確率でグアナコの群れに遇えるだろう。
保護の対象とされていることを知ってか知らずか、グアナコの間合いは狭い。
ラクダ科独特の人なつこい表情を間近で見れるほどに近づける。
野生という厳しい環境で生きているとは思えないほどに、だらしない表情を見せることもあり、グアナコにはいつも癒される。
3.jpg
4.jpg

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

関連記事

  1. パタゴニアの気候変動:ビエドマ氷河の急激な後退と大崩落

    2017.08.08
  2. パタゴニア:プンタアレナスで食べる絶品、パタゴニアの羊

    2016.04.17
  3. 世界で3番目に大きな氷塊:パタゴニア南部氷原

    2019.12.10
  4. 【パタゴニア】パイネ国立公園で迎える、幻想的な日没

    2016.08.15
  5. アートフォト・ギャラリー「1x」選出作品:フィッツロイと雲

    2023.04.28
  6. チリ・サーモンの原点:開拓時代の移植の歴史①

    2014.12.23
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP