Loading

PHOTO-BLOG

パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

1.jpg
2.jpg
ラクダ科のグアナコは、パタゴニアでは簡単に見れる野生動物の一つだ。
広大な草原で目にすることは何度もあるだろう。
しかし、車道から見るグアナコは遠いもので、近づこうにも有刺鉄線で仕切られているために近づけない。
パタゴニアの土地のほとんどは私有地として分断されているために、車道から見える草原も牧場(エスタンシア)の敷地であるからだ。
チリ・パタゴニアのパイネ国立公園は、野生動物が保護の対象であるので、多くのグアナコが集まる。
専用車を一日貸し切れば、かなりの確率でグアナコの群れに遇えるだろう。
保護の対象とされていることを知ってか知らずか、グアナコの間合いは狭い。
ラクダ科独特の人なつこい表情を間近で見れるほどに近づける。
野生という厳しい環境で生きているとは思えないほどに、だらしない表情を見せることもあり、グアナコにはいつも癒される。
3.jpg
4.jpg

関連ページ

北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③... 名前の通り、デンマーク系の移民が立ち上げたヘルシンガー牧場は、景観がどことなく北欧に似ている。それは、宿舎の立地の選び方や防風林の植え方、家具や調度品から、滲み出ているからだと思う。 全体的に落ち着いたヘルシンガー牧場では、盛大に羊の丸焼き(アサード)を振る舞うことはないようだが、食事は上品で...
先住民テウェルチェ族の岩屋「手の洞窟」②... 岩屋に行ってみると、なぜそこに先住民が住みついたのか少し理解できる。 一番重要なのは、風が吹き込まない事だろう。 強風が吹き荒れるパタゴニアだが、岩屋(半洞窟)の周囲では空気が止まっていて静かだ。そのような場所では森も育ち、乾燥したパタゴニアではオアシスのような場所になる。 先住民が暮らし...
チャルテンからさらに北へ:パタゴニアのサンマルティン湖... 南部パタゴニアの基点となるカラファテから北へ約3.5時間。 チャルテン村はフィッツロイ峰の山麓の小さな村です。 ここより北の地域は、まだまだツーリストには未開発の地域です。 チャルテン村から片道5時間の悪路を通り、美しい氷河湖・サンマルティンの畔、コンドル牧場(エスタンシア・コンド...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑥ 氷河後退の痕跡... ウプサラ氷河の展望台は、クリスティーナ牧場の裏山にある。 往路は車で行き、復路はトレイルを歩いて下りるのがお勧めだ。 車で20分ほど斜面を登ると、すぐに樹林帯を抜けて岩盤がむき出しの荒涼とした風景に変わる。 地球の歴史のスパンで考えれば、ついさっきまで、ここは氷河に覆われていたのだ。 展...
パタゴニアの希少動物「ウエムル鹿」と名峰フィッツロイ... パタゴニアの絶滅危惧種:ウエムル鹿 フィッツロイ山麓で使用するプライベート・キャンプはフィッツロイ峰を展望する川原沿いの森に設置されています。 ここに関係者だけが宿泊できるキャンプが作られたのはつい4年ほど前のことです。 一般のトレッカーの入り込まない静かな森です。 2年前は、この森...
ウプサラ氷河とクリスティーナ牧場⑧氷河谷の痕跡-パタゴニア... ウプサラ氷河展望台からクリスティーナ牧場へ、氷河の谷を徒歩で下る。 花崗岩の岩盤がむき出しで、氷河の爪痕が荒々しく残る。 草木一本生えていない岩盤をじっと見ると、小さな貝の化石が無数にあった。 谷を下りて行くと、途中の岩に小さな「落書き」がある。 “ITALIAN EXPEDITION"...

アンデス高原鉄道③鉄道に流れるフォルクローレのしらべ

パタゴニア先住民テウェルチェ族の糧、グアナコ

関連記事

  1. 180°SOUTH

    2011.01.09
  2. 3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ

    2016.10.12
  3. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
  4. メリノウールの毛刈り行程:パタゴニア

    2015.10.06
  5. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  6. 果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

    2014.09.12
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP