Loading

PHOTO-BLOG

大雪原を歩きセロトーレへ:パタゴニア南部氷原④

1.JPG

果てしない雪原を歩く

雲が湧きはじめると、上空の激しい気流のため雲の動きも早く、すぐに天候も変わります。
高度の高い雲の動きは止まっているように見えますが、上空では激しい風に流されてレンズ雲となっています。
パタゴニア独特の雲といえるでしょう。
快晴の下、雪原の上にいながら暑ささえ感じていましたが、陽が遮られると一瞬で気候は変わり、凍てついた冬の様相を帯びて来ます。
一度荒れれば、人も吹き飛ぶような嵐も頻繁にある大陸氷床では、祈るような気持ちで歩を進めるだけです。
延々と続く雪原歩きも、最初こそは興奮して楽しめますが、一向に進んでいるように感じられない広大な雪原で、徐々に疲れが先行していきます。
そんな疲れを感じながらも、前方を見れば、確実に少しづつ、セロトーレに近づいているのが分かります。
最初は先端のみが見えていたセロトーレも、徐々にその針峰を現したときに、ようやくキャンプに到着します。
2.JPG
3.5.JPG
3.JPG
4.JPG
5.JPG
6.JPG
7.JPG
8.JPG
9.JPG
10.JPG

関連ページ

3/18「フィッツロイ山群トレッキング 9日間」のお知らせ... 2017年3月18日出発で、「フィッツロイ山群トレッキングとペリトモレノ氷河 9日間」を企画しています。 今年3月に催行した企画と同じく、日本から往復9日間という最短日数で、フィッツロイ山群を2泊3日のテント泊トレッキングで歩きます。 フィッツロイのベースキャンプにテントやマットなどのキ...
紅葉のパタゴニア:フィッツロイ峰の清流と、南極ブナの森トレッキング... パタゴニア・フィッツロイ山麓が紅葉に染まる秋 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にて、紅葉に紅く染まるブッシュは、ほとんど全てが南極ブナです。 地形に合わせて、高さ20mの森を形成したり、風の強い場所ではハイマツのように小さく育つこともできます。 氷河が溶けた水は鉱物を含み濁っているもの...
「煙を吐く山」と呼ばれたフィッツロイ峰を覆う雲... かつて先住民に「煙を吐く山」という意味で、フィッツロイは“チャルテン”と呼ばれていました。そして、大航海時代に訪れたヨーロッパ人も、フィッツロイを活火山と考える時代が長く続きました。 晴れていたフィッツロイの山頂部に小さく湧いた雲は、いつまでも消えず徐々に大きくなり、フィッツロイを覆っていくこ...
パタゴニア:フィッツロイ峰と天の川を望む野営地... “嵐の大地”と呼ばれるパタゴニアで、雲一つ無い夜空に、満天の星を望めたなら、それはとても幸運なことでしょう。 フィッツロイ峰は、先住民テウエルチェ族に“チャルテン=煙を吐く山”と呼ばれるほどに、雲はまるで噴煙であるかのように、山頂部に張り付くと離れない山であるからです。 秋のある日、...
嵐の予兆はセレトーレから始まる:パタゴニア... フィッツロイ山群で天候が悪化するときには、フィツロイよりも先に、セロトーレが雲に包まれることが多い。 空は概ね晴れているが、分厚い雲がセロトーレだけを不気味に覆っていることがよくある。セロトーレ付近が、台風のような強烈な嵐に見舞われる時の天気だ。 パタゴニア大陸氷床から流れてきた悪天の影響を...
パタゴニア南部氷原のマルコーニ峠を目指して②... 約3日間かけて、谷をつめ、氷河を辿り、源流・パタゴニア大陸氷床へ登る。 マルコーニ氷河は中規模ではありますが、末端を始め、氷河上での大展望は圧巻です。深くえぐるようにできた花崗岩の谷底には、周りの山からの氷瀑が無数に落ちています。 眼下に、歩いてきたマルコーニ氷河を見下ろす。...

果てしない大雪原を歩く:パタゴニア南部氷原③

セロトーレ直下の氷上キャンプ:パタゴニア南部氷原⑤

関連記事

  1. 花の書籍のご案内「野の花づくし -季節の植物図鑑」

    2019.02.20
  2. マルコーニ峠を目指して、氷河を登る

    2015.05.17
  3. パタゴニアとアンデス高原を舞う巨鳥・コンドルの生態

    2018.05.20
  4. 《モノクローム写真》パタゴニアの嵐と名峰フィッツロイ

    2017.11.20
  5. パイネクエルノ峰を直下で望む「Wルート」トレック

    2015.03.21
  6. パタゴニア:秋のウエムル氷河と森

    2015.06.05
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP