Loading

PHOTO-BLOG

前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

1.jpg
ペリト・モレノ氷河は、100年ほどのスパンで見ると後退も前進もほとんどしていない、現代では特異な氷河です。しかし、毎年、数メートル~数十メートルほどは、小さく前進と後退を繰り返します。
動きの大小は、氷河それぞれで、氷河はまるで生き物のように活動しています。
数年に一度、ペリトモレノ氷河は、前進して陸地に接するときがあります。
氷河が対岸に接した時には、アルゼンチン湖を左右に分断することになります。
時に、これで生じる左右のアルゼンチン湖の水位の差に、10メートルもの違いを生みます
堰き止めていた氷河の末端は、後退し始めると接していた部分が崩れ始め、最後はアーチ状の橋のようにえぐられて残ります。
このアーチが崩れる日時は、カラファテ中で話題になるのだとか。
いつか立ち会ってみたいものです
2.JPG
3.JPG

ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの名峰フィッツロイ展望:テント泊トレッキングの魅力

    2018.06.01
  2. 春の中部パタゴニア・アイセン地方に咲き乱れる:サクランボの花

    2015.09.08
  3. 秋が深まるフィッツロイ峰の山麓:パタゴニア

    2015.06.16
  4. アンデス山脈のシンボル:巨鳥コンドルの生態

    2019.12.18
  5. パタゴニアのエスタンシア:ヘルシンガー牧場⑥

    2015.10.17
  6. パイネ国立公園で迎える、静寂の夜明け(パタゴニア)

    2016.05.03
パタゴニア
2020年2月
« 1月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP