Loading

PHOTO-BLOG

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

1.jpg
未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。
湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。
フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。
日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間には、ほぼ無人です。
星空が徐々に白けて行き太陽が出るまでの時間が、地球が最も静かな時間帯なのかもしれません。
誰もいない静寂の中で、セロトーレを望む。人生で幾度もない幸福な時間の一つです。
2.jpg
3.jpg

関連ページ

《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
牙を剥くパタゴニアの暴風:フィッツロイ峰にて... 嵐が訪れると、フィッツロイの天候はそう簡単には変わらない。 フィッツロイもセロトーレも厚い雲に覆われて、姿を現す気配は全くないのだ。 山麓は強風で歩けないほどになり、這う這うの体でチャルテンに撤退することもある。 チャルテン近くの森に入ると、風は、“突然”、というように止む。 強風が吹き...
マルコーニ峠の絶景の宿営地:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコニーニ氷河の上流部を眼下に見下ろす展望台が、今日の野営地だ。 大陸氷床の間近にいることを、肌でざわざわと感じる。 フィッツロイも、この角度から見ると形がかなり異なる。 強風が吹けば身を隠す場所を探すのに一苦労するだろうが、幸運にも風はまったく吹い...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...
フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村... 3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く 少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた 夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた ...

前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

関連記事

  1. アルゼンチンの国民的なスイーツ:ドゥルセ・デ・レチェ

    2017.11.24
  2. パタゴニアの‟ゆるキャラ”?ラクダ科グアナコの表情

    2015.08.11
  3. パタゴニアの風と森:亜南極に順応した「南極ブナ」の繁栄

    2017.07.10
  4. アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」

    2017.07.20
  5. 映画『ダートバッグ:フレッド・ベッキーの伝説』の熱量

    2018.03.28
  6. フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア

    2015.06.18
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP