Loading

PHOTO-BLOG

セロトーレの氷河湖で待つ黎明と朝日:パタゴニア

1.jpg
未明の真っ暗闇の中、トーレ湖のモレーンを登る。
湖の畔にたたずみ、セロトーレが真っ赤になるモルゲンロートを待ちます。
フィッツロイ山群でも特に風が強いセロトーレで、耳が痛くなるような静寂の中で夜明けを待てるのは、めったにない幸運です。
日中は多くのトレッカーが訪れるトレイルも、夜明けの時間には、ほぼ無人です。
星空が徐々に白けて行き太陽が出るまでの時間が、地球が最も静かな時間帯なのかもしれません。
誰もいない静寂の中で、セロトーレを望む。人生で幾度もない幸福な時間の一つです。
2.jpg
3.jpg

前進するペリト・モレノ氷河が作る氷のアーチ

フィッツロイ山麓:コンドル湖のプライベート・ロッジ①

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア・トレッキング:フィッツロイBCへ

    2016.04.04
  2. 秋のパタゴニア・フィッツロイ:南極ブナの森の静かな息吹

    2014.04.23
  3. フィッツロイ峰の山頂が姿を現す一瞬:パタゴニア

    2015.06.17
  4. 青い氷穴・アイスケーブを探して-ビエドマ氷河ハイキング(エルチャルテン村)

    2018.03.21
  5. パタゴニア開拓史:ピオ11氷河の前進と牧場の水没②

    2014.03.12
  6. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
2019年7月
« 6月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP