Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村

1.jpg
2.jpg
3月末のチャルテンは、徐々にゆっくりと紅葉して行く
少し標高を上げると、南極ブナの樹林帯は、真っ赤になっていた
夜が明ける時間も、夏に比べるとだいぶ遅く、夜間の冷えもかなり厳しくなってきた
3.jpg
4.jpg
5.jpg
6.jpg

関連ページ

パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬... 人口よりも羊が多い:羊の国「パタゴニア」 日本の2倍の面積にわたり広がるパタゴニアの草原は人口よりも羊の方が多い、まさに“羊の国”だ。 数十キロの移動の果てに、ガソリンスタンドさえなく、数軒だけの牧場の建物を前に途方に暮れてしまうことは、パタゴニアではいたって普通のことだ。 その「地の...
アルゼンチン・パタゴニア名物:煮込み料理「ギソ」... アルゼンチン名物:煮込み料理「ギソ」とは 真夏でも陽が陰れば凍えるほどに寒いパタゴニアでは、アルゼンチンの家庭料理「ギソ」をどうしても食べたくなる日がある。 「ギソ」は、スペイン料理を起源とするシチューのような煮込み料理です。 お店によって味は全く異なるので、地元の人の意見を聞いてギソ...
フィッツロイ山麓・ピエドラブランカ氷河の急激な後退... パタゴニアの開拓時代を代表する探検家の一人、アゴスティーニ神父の代表作「Andes Patagonicos」には、パタゴニアの山岳写真を中心に、当時の風景・先住民・開拓民の生活など、多くの貴重な写真が載せられています。 アゴスティーニ神父は、詳細な記録を残しただけではなく、秀逸な写真も大量...
パタゴニア・フィッツロイ山麓:秋は秋らしく静かに暮らす... 紅葉のピークは、すぐに過ぎてしまう。 最も赤く黄色く染まる時期に、その場所にいれる事は、なんという幸運なことでしょうか。 たとえば、それが極北アラスカであれば、ブルーベリーやクサモミジの茂るツンドラが真っ赤に染まるのはほんの1,2日でしょう。そのピークを過ぎてしまうと色はくすみ、冬が始まる。...
パタゴニア:正確な天気予報とガイドの経験... 天候が激しく変化するフィッツロイでは、天気予報が当てにならないと思われていますが、実際にはとても精度の良い予報があります。この予報に、地元の山岳ガイドの経験を合わせれば、時間単位で予想して出発も可能となります。 たとえば午前中は雪雲に覆われていた山麓も、午後には一気に快晴に変わり、積もった雪さ...
フィッツロイ峰の山麓で楽しむ、早朝の色彩美:パタゴニア... 夜明けのフィッツロイは、光線の当たり方により、山が黄金色に輝くこともあれば、空も含めてピンク色に染め上げることもある。 東の空の雲の状況と、陽の差し込み角度、フィッツロイの天候など、無数の因子により、色彩も無限の可能性を秘めている ...

フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

フィッツロイ山群の遠望の魅力:パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアに生息する幻の鹿:ウエムル

    2015.03.12
  2. 中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

    2015.08.15
  3. ペリトモレノ氷河:2年ぶりの急激な前進「ルプトゥーラ」

    2018.03.12
  4. パタゴニアの絶景:朝日に輝くフィッツロイ峰を望む

    2018.08.03
  5. フィッツロイ直下のトレス湖で迎える神聖な日の出

    2014.04.29
  6. マルコーニ氷河に轟く雪崩の轟音:パタゴニア氷原

    2015.05.16
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP