Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

1.jpg
2.jpg
南極ブナの樹林帯を抜けると、視界は一気に広がり、フィッツロイが目の前に聳えている
普段とは違う角度なので形は少し異なるが、やはり堂々としたものだ
フィッツロイとセロトーレの両方を同時に望める大展望だ
反対側を望めば、景色は一変して、乾燥したステップ帯に卓状台地が延々と連なる、アルゼンチン・パタゴニアの独特の景色が広がる
いま立っている山が、“湿ったアンデス”と“乾燥したステップ”の境目になるようだ
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代... パタゴニア・フィッツロイ山麓のエルチャルテン村の空港建設計画 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にある小さな村・チャルテンは、建設されてまだ約30年ほどのとても若い村です。 かつては、チリ国境の安全保障の問題から建設された村ですが、いまではフィッツロイ山群に訪れる多くのトレッカーの基点とな...
いよいよ深まる紅葉の色彩:秋のフィッツロイ山麓... 数日に一回降る雪の中で、少しずつ赤さを増して行くフィッツロイの山麓。 この季節は、チャルテン村で雨が降っている場合には、山麓では雪が降っている場合が多いです。 根雪になるほどではなく、日が出ればドンドンと融けて行きます。 唐突な振り方も見事ですが、日が出てからの融け具合もなかなか見事です。...
紅葉のパタゴニア:黄や赤に色づくフィッツロイ山麓... 4月中旬、フィッツロイ山麓の南極ブナの森は、真っ赤に色づきました。 パタゴニアで紅葉するのは、南極ブナの森です。 フィッツロイ山麓は、南極ブナに覆われているため、この森が秋には真っ赤になるのです。 南極ブナの森は、3月下旬から一ヶ月近くかけて、少しづつ赤くなっていきます。 そ...
氷河の成り立ちを辿る壮大なトレッキング:パタゴニア氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷原で3泊、幸運にも晴天に恵まれた。セロトーレ直下の絶景を漫喫した後で、ビエドマ氷河源流部からビエドマ湖を目指す。 ビエドマ氷河の源流域から末端部まで、氷河の歴史を辿ることになる。 ビエドマ氷河の谷へ近づくにつれて、氷原の氷にクレバスが増えてきた。 氷...
パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ... 南部パタゴニアの基点の町・カラファテから、国道40号線を北上して、フィッツロイ山麓のチャルテン村へ。 パタゴニアの天気はある意味では分かりやすく、アンデス山脈から東に離れるほどに、目で分かるほどに乾燥して行きます。 カラファテで晴れていても、アンデスに接するフィッツロイ山麓では天候が全く...
パタゴニア開拓の歩み:フィッツロイ山麓チャルテン村の建設... 牧羊ブームで始まる「パタゴニア開拓史」 たった100年前のパタゴニアは、未開の土地として忘れられたフロンティアであった。 この頃はヨーロッパからの移民が大量にブエノスアイレスに住み着き、今のブエノスアイレスの原型を作り上げた時期だ。 当時のパタゴニアは生産的な価値の無い場所として放...

フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

フィッツロイ峰を展望する展望の丘:チャルテン村

関連記事

  1. レオナ牧場にて、フィッツロイを遠望② エスタンシア

    2015.10.21
  2. 【パタゴニニア】3月8・9・10日は、トレッキング祭の日です。

    2013.03.08
  3. 北欧系らしい落ち着いた雰囲気:ヘルシンガー牧場③

    2015.10.14
  4. パタゴニア旅行:フィッツロイ山麓・チャルテン村オフィスの安心手配

    2017.06.07
  5. パイネ・グランデ峰にかかる雲/チリ・パタゴニア

    2016.05.11
  6. パタゴニアの遊牧民「ガウチョ」の祭りにて

    2018.07.20
プーマオンラインストア
パタゴニア
2019年3月
« 2月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

パタゴニア

最近の記事

ビックカメラ.com

アーカイブ

PAGE TOP