Loading

PHOTO-BLOG

フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

1.jpg
2.jpg
ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。
チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。
もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。
チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在になっている。天候に大きく左右されるパタゴニアでは、天気予報の存在感は日本で私たちが感じているよりも大きいだろう。
前夜の天気予報で、翌日の快晴と無風がほぼ確定であったので、フィッツロイをいつもと違う角度で望むために、小さな山に登ることにした
3.jpg
4.jpg
5.jpg

関連ページ

パタゴニアの秋を過ごす:フィッツロイ山麓の清冽な水... フィッツロイ山麓から流れる川の水は、そのまま飲めるほどに清冽です。 セロ・トーレの湖から直接流れてくる川の水は、氷河から溶け込んだ細かいミネラルで濁っています。成分に問題はないのでしょうが、やはり透明な水が良いものです。 氷河から融けて南極ブナの森の土を通過する事で、水が濾過される事から違い...
マルコーニ峠の氷河谷に点在する迷子石... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) 氷河に磨き上げられた花崗岩は、登山靴でも滑ってしまうほどにツルツルになっている この硬い岩盤が削られたのは、いったい何万年前の出来事なのだろうか そして、これだけの高さまで氷河におおわれていたとしたら、かつての大陸氷床の規模はどれほどであったのか 花崗...
【今日の写真】パタゴニアの“逆さフィッツロイ”... “逆さフィッツロイ”の良いポイントをトレス湖以外に見つけたのは、今年の嬉しい収穫。 もっと広く“逆さフィッツロイ”を撮れる場所もあるようだが、国立公園の特別な許可が必要らしい...
ビエドマ氷河の水源地を辿る:パタゴニア南部氷原⑥... セロトーレを背に、再び氷原へ パタゴニア大陸氷床は、数百の氷河の源として、絶えず四方に氷を押し出しています。偏西風に乗って流されてくる大平洋の湿った空気の影響で、膨大な雪が氷床に降り、厚い一枚の氷を作りだしました。絶妙な氷の需給のバランスが、現在の大陸氷床と氷河の姿です。上空から見れば氷床は無...
《山岳写真》パタゴニア・フィッツロイ峰と星の軌跡... 天に瞬く星空が、パタゴニアの名峰フィッツロイを星明りで照らした。南十字星の「天の南極」を軸に、天の川は刻々と動いている。 星空の軌跡を撮るためにカメラのシャッターを開き長時間露光する。 その間、カメラの脇で大の字に横たわり、星の動きを見つめた。 水溜まりが凍るほどに凍てついた夜、星の光...
秋のパタゴニア:紅葉に染まる南極ブナの森と暴風... 紅葉のパタゴニア パタゴニアの秋は、南極ブナが赤く染まる美しい季節です。 日本の紅葉と異なるのは、その背後に常に暴風を感じることでしょう。 秋のしっとりした趣を楽しむの日本の風景とは異なり、山から吹き下ろす暴風は常に冷たく、空を見上げれば雲が絶えず流されています。空から響くゴォゴォとい...

パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ

フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

パタゴニア
パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニアの主役:草原を駆ける牧童“ガウチョ”と牧羊犬

    2018.03.16
  2. パタゴニア-マゼラン海峡から、プエルトナタレスへ

    2016.04.19
  3. ペリト・モレノ氷河:前進・後退を繰り返す不思議

    2015.04.19
  4. セロトーレ峰を鮮やかに染めるモルゲンロート

    2014.04.11
  5. 早春のパタゴニアの花・岩場に咲くユキノシタ

    2015.08.31
  6. 草原を駆ける牧童・ガウチョの精神

    2015.10.02
2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP