Loading

風景写真家・松井章のブログ

フィッツロイ山麓:チャルテン村の裏山へ①

1.jpg
2.jpg
ある晴れた秋の日に、チャルテンの裏山にハイキングへ向かう。
チャルテンの天気予報は精度が高く、1時間ごとにピンポイントで予報される。
もちろんパタゴニアの天気を事前に当てるにも限界はあるが、その正確さには驚くばかりだ。
チャルテンの住民にとって、この天気予報は毎日の生活に密着した存在になっている。天候に大きく左右されるパタゴニアでは、天気予報の存在感は日本で私たちが感じているよりも大きいだろう。
前夜の天気予報で、翌日の快晴と無風がほぼ確定であったので、フィッツロイをいつもと違う角度で望むために、小さな山に登ることにした
3.jpg
4.jpg
5.jpg

パタゴニア南部氷原:ウエムル峠を越えて、ビエドマ湖へ

フィッツロイとセロトーレを望む展望の丘②

関連記事

  1. 探検家?アゴスティーニ神父

    2010.08.08
  2. 狂おしい“地球の鼓動”②:パタゴニアの暴風

    2019.10.04
  3. アルゼンチン伝統の大草原の料理:アサード

    2015.10.01
  4. パタゴニアの常緑樹コイウエ(ギンド):3種類の南極ブナ③

    2015.09.21
  5. パタゴニア・パイネ国立公園: 黎明の静寂を撮影

    2016.09.13
  6. パタゴニアの氷河谷と「擦痕(さっこん)」

    2022.03.14
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP