Loading

風景写真家・松井章のブログ

フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)


フィッツロイ山群を遠望する展望台で、夜明けを待つ。
天候がめまぐるしく変わるフィッツロイ山群では、夜明けのわずかの時間の中で、主峰のフィッツロイ峰とセロトーレ峰の両方を望むには、何日も通う粘り強さも必要だが、“運”も重要な要素となってくる。
山や氷河に引けを取らない主役となるのが“雲”だ。
パタゴニア独特の風により、雲は変幻自在に形を変える。絶妙な光線がそんな雲に当たった一瞬に、表現し難い美しさに圧倒されることが多々あるのだ。

風紋と砂丘の幻想:白い水晶のレンソイス砂漠と風の贈り物

ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-

関連記事

  1. 深く青い秘密の湖:ヘルシンガー牧場⑤

    2015.10.16
  2. 南米各国で異なるスペイン語:アルゼンチンの訛り

    2019.03.18
  3. パタゴニア的な過ごし方:大草原を歩き、大空を見上げる

    2014.01.12
  4. パタゴニアの大草原に宿泊:エスタンシア(牧場ホテル)とは

    2017.04.30
  5. 180°SOUTH

    2011.01.09
  6. パタゴニアの秋:南極ブナの紅葉とフィッツロイ峰の絶景

    2016.11.16
パタゴニア
2024年4月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930  

最近の記事

  1. 館山城の桜

    2024.04.11

アーカイブ

PAGE TOP