Loading

PHOTO-BLOG

ビエドマ氷河の青い氷穴 -パタゴニア-


ビエドマ氷河の氷穴にて。
アルゼンチン・パタゴニアのフィッツロイ山麓チャルテン村から、車と船を乗り継ぎ、約1時間半ほどで、氷河末端部にアプローチできます。

氷河末端部は、高さ50m・幅2.5kmの巨大な氷壁です。

パタゴニアで最も後退の速度が早い氷河で、上陸地点もこの数十年で氷河の底から露出した巨大な岩です。

氷河後退がさらに進めば、この上陸地点からの氷河へのアプローチもじきに難しくなってくる日は、そう遠くはないのかもしれません。

関連ページ

フィッツロイ山麓・エルチャルテン村の空港建設と新たな時代... パタゴニア・フィッツロイ山麓のエルチャルテン村の空港建設計画 パタゴニアのフィッツロイ峰の山麓にある小さな村・チャルテンは、建設されてまだ約30年ほどのとても若い村です。 かつては、チリ国境の安全保障の問題から建設された村ですが、いまではフィッツロイ山群に訪れる多くのトレッカーの基点とな...
パタゴニアの氷河の源で起こる異変 偏西風がもたらすパタゴニアの降水量のほとんどは、まずパタゴニア南部氷原(大陸氷床)の氷河として蓄えられる 南極、グリーンランドに次ぐ地球で3番目に大きな“パタゴニア大陸氷床”は、数百の氷河の水源地として、パタゴニアの生態系の鍵を握っている 先日、フィッツロイ山麓のビエドマ氷河が、巨大な崩...
「カレンダー2018 パタゴニア&南極」トラベルクラブ特典... 特製カレンダー2018「パタゴニア&南極」 アンディーナトラベル・クラブ会員特典「カレンダー 2018」を作成中です。 来年のカレンダーのテーマは、『パタゴニア&南極』です。 パタゴニア創成から深く関連する南極の自然とともに、「亜南極」の風景写真を集めたカレンダーです。 南極...
天空の氷原を目指して:パタゴニア南部氷原... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) キャンプを出発して、いよいよパタゴニア大陸氷床へ最後の登りだ フィッツロイを背にして、前方の視界はさらに開けて行く 雪の白か空の青だけの世界だ 遠く西の彼方に、屏風のようなマリアーノ・モレノ山群が見える。ここに来なければ見る事のできない山々だ。 大陸氷床...
マルコーニ峠から望むセロトーレの山頂部... パタゴニア南部氷原(大陸氷床) マルコーニ氷河の上部にたどり着き、ようやくセロトーレも山頂部だけ姿を見せるようになった Pier Giorgio峰とDomo Blanco(意味:白いドーム)峰の裏に、まだその先端が見えるだけだが、これから大陸氷床沿いに回り込んで、直下を目指すことになる。 ...
アンディーナトラベルの撮影旅行(フォトツアー)とは... “パタゴニアの山岳写真”をテーマに、「撮影ツアー」のページを作成しました。 トレッキングのツアーでは、写真が目的の人には、どうしても満足の行く撮影ができない事がほとんどです。腰を据えてじっくりと撮影に望むために、撮影には「撮影に特化した日程」で旅行するのがベストです。もちろん、山岳写真には、山...

フィッツロイ山群で迎える夜明け(パタゴニア)

湖面に映るフィッツロイ:紅葉のパタゴニア

パタゴニア

関連記事

  1. パタゴニア:3種類の南極ブナ② 落葉樹「ニレ」

    2015.09.19
  2. カラファテから大草原を抜けて、フィッツロイへ

    2015.06.04
  3. パタゴニアの名峰フィッツロイ:幻想的な朝日や夕日を見るために

    2017.11.15
  4. パイネ国立公園:グアナコと食物連鎖の果て-パタゴニア

    2016.05.14
  5. 中部パタゴニア:セロ・カスティージョから、ヘネラル・カレーラ湖へ

    2015.08.15
  6. パタゴニア:国道40号線を北上、フィッツロイへ

    2016.03.31
2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

パタゴニア

最近の記事

アーカイブ

PAGE TOP